プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
回を重ねるごとに、「健康」色がどんどん薄れていくこのコーナー。
今度はほとんどもうフォークソングである。

作詞・作曲・リードボーカルは、やはり私ブーランの教え子で5年前に当校を卒業したShinichiroだ。

こいつもわがボーカルゼミのメンバーだったが、ゼミに参加した頃は、音程もろくに取れないうえ、ハモリというものが一切できない男だった。自分のパートを歌っていても、ほかの人が歌いだすと、いつの間にかそのパートにつられて人のパートを歌っているようなやつだったのに、1年間の鍛錬により、こんなに歌えるようになったのだ。


そんなShinちゃん成長の証 「いつだってそうさ」

聴いてください。

Shinichiro/作詞・作曲・リードボーカル・AGtr・カズー・手拍子 booran/AGtr・Chorus・手拍子 Furusawa-chan/EB Mitsuru/Organ Kurosu/Chorus・手拍子 Tacovo/Drs

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
心配してくださっている方もいらっしゃるかもしれないので、一応一言。

私ブーランの学校に関し、インチキ雑誌がインチキ記事を掲載しました。ウソと歪曲だらけのあまりにひどい、バカバカしい記事なので、まともに取り合いたくないのですが、黙っていて認めたと思われては心外極まりないので、厳重に抗議しました。

有名人が学校長をしているがための有名税と割り切っていますが、しかしあの手の雑誌ってホントにひどいんですね。被害にあって初めてわかりました。皆さんも気を付けてくださいねって言っても気をつけようがありませんよね。


さてここからが本題。

今回のはもう、「健康」がらみ音源、というのも憚られるほど、「健康」とのかかわりが薄い作品だ。
これまたビートルズマニアの私ブーランが、ビートルズの様々な曲からの引用をちりばめ、ビートルズファンなら思わずニヤッとしたくなるような作品に仕上げたものだ。
この短い曲の中に、何曲のビートルズナンバーを見つけられるかで、あなたのマニア度が容易に測定できてしまう寸法だ。

なお「健康」でこの作品に関わっているのは私ブーランのみ。
おう、そうだ。
ドラムを担当してくれているのは、1月14日のライブで共演した「つるつるバンド」のドラマーKonakiくんだったよ。とはいえ、彼が卒業したのは8年も前のこと。録音も8年前ということになる。
聴けばわかるが、レコーディングやミックスも、相当即席&アバウトな出来であります。

ちなみにこの曲のリードボーカルは、六本木の某ライブハウスで毎夜ビートルズの曲を演奏している世界的に有名なビートルズトリビュートバンドのジョンレノン役、C・Y氏である。ビートルズっぽくするために、わざわざ彼をうちのスタジオに呼んで歌ってもらったのだ。

というわけで、わが校がISAに変わる以前、ISTと称していた時代の曲、

「ISTのうた」

ほんとに期待しないで聴いてください。

booran/EG・EB・Pf・Chorus  Konaki/Drs  C・Y/Lead Vocal
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
今度の音源は、「健康」との関わりがさらに薄い!(爆)

この曲は、私ブーランの勤務校を5年前に卒業した連中が卒業制作で作ったCDの収録曲を、学校案内CD収録曲として、再度録りなおしたものだ。

卒業していく作詞・作曲担当のイケメン学生Taichiの曲を、オレやTacovoが加わって演奏、1年後輩の学生たちが録音・ミックスを担当した。

そして、なんとこの作品は、AES(Audio Engineering Society)主催のAES Awardで、最優秀録音賞を受賞という快挙を成し遂げちまったから凄い!
なにしろAES Awardの審査は、学生作品だけでなく、若手プロエンジニアの作品も対象になっているだけに、ダメ元で出したオレも学生たちもびっくり仰天したもんだ。

この曲を作ったTaichiだが、彼はオレがやってるボーカルゼミのメンバーでもあった。この年は、BEATLESマニアの学生たちが何人もオレのゼミに所属していて、練習した曲の半分以上がBEATLESナンバーだったという仕事とは思えない楽しい年だったが、Taichiの奴、自分の学校生活の仕上げも、BEATLESへのトリビュートともいえるこの「Tacos」で締めくくりやがった。

私booranは、そんなTaichiのマニアぶりに応えようと、この曲のために、我が弟所有のリッケンバッカーのvintageギターを借りてきて、BEATLESサウンドの再現を試みた。テープの逆回転も多用して、学生たちと楽しみながら作りましたよ、はい。

そんなBEATLESバカ満載の曲、

TACOS

↑よかったら聴いてみてください。

Taichi/Lead Vocal・EG booran/EG・Chorus Furusawa-chan/EB Tacovo/Drs Hiroko/Tamb. 
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
<ダウンロードの不具合解決しました。>(ぶ&みの)

新たなカテゴリを追加しました。
その名も、

「健康」がらみ音源


「健康」のメンバーがレコーディングに参加するなどした音源を地味にご紹介していこうと思います。とはいえ、すぐにネタ切れになりそうですが・・・。


とりあえず、第一弾は私ブーランのオリジナル曲「Bye Bye」だ。

この曲は、「地方から上京した女子学生が、徐々に疎遠になっていく地元のボーイフレンドへの想いを歌う」ちうシチュエーション設定だ。毎年、全国から集まる勤務校の女子学生たちの中にあるかもしれない日常の心象風景を歌にしてみたわけだ。

まあ、自分で言うのもなんだが、他愛ない曲ですよ、はい。

ただ、この曲には非常に重要な意味がある。

実は、2004年に私ブーランが、「健康」のメンバーに突如招集をかけたのは、ほかでもない、この「Bye Bye」のレコーディングのためだったのだ。アコギを弾き語りしただけの、シンプルなデモテープを、カセットで(!)メンバー達に送りつけて、協力を依頼したのだが、その時点では、私にも他のメンバーにも「健康」再結成の意思はなかった。

しかし、久しぶりに会って一緒に演奏してみると、実に楽しい。
かつて、ライブばっかりの活動に窒息し、一緒にやる気を失ってしまったメンバー達が20年の時を経てそれなりに成長したからか、演奏自体はいかにもリハビリの要りそうな演奏になったが、しかし、「また、バンドやろうぜ!」という気分が、この曲のレコーディングをきっかけに湧きあがり、それが3年半後のアルバム完成につながったわけである。

ただし、重ねてお断りしておくが、この曲は、「健康」のメンバーに私が頼んで参加してもらってはいるが、彼らはスタジオに来るまでどう弾かされるかわかんないような状態で来て、ササッと弾いておしまい、って程度の関わり方しかしておらず、これをもって「健康」ってこんな感じ?と思われると困っちゃうのね。

なにせ、この「Bye Bye」に関しては、「健康」のメンバーは私booranも含めて、フェーダー一本触っていません。純然たる学生録音・ミックス作品を、「健康」メンバーがお手伝いしてくれたって感じです。

ま、そんな不完全な作品ではありますが、夜中まで必死で頑張ってくれた当時の学生たちとの素敵な思い出が詰まった曲なので、紹介させていただきます。
というわけで、お暇だったら↓クリックして聴いてみてください。

              Bye Bye
(booran/作詞・作曲・EG・AG・Chorus マキゾエ/pf・Synthe みのりん/EB Tacovo/Drs Ko太郎/EG solo Hiroko Saito/Lead Vocal・Chorus Yoshie Saito/Chorus)
Mixed by 音響芸術専門学校32期生有志一同(千手観音ミックス)

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。