プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
「健康」のデビューCD「健康」。

お気づきの方が少ないようなので言っておきますが・・


まだ売ってます!


っていうか、もう持ってる人しか来ないのか、このブログ・・・(ぶ)
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
frotri_cd3.jpg


きょうは、「健康」CDの発売元キーマミュージックより、オススメCDのご紹介。

10CCやPILOTといった、上質で手の込んだPop Rockバンドをこよなく愛する私ブーランが発見したバンド、Frog&Trippers(ふろとり)のアルバム「プラットホームにて」。

とにかくこのCD、いいのよ。
どの曲も一筋縄ではいかない、ひねくれまくりの展開なんだが、なぜか全体の印象はPopでキュート♥
何度も繰り返し聴きたくなる吸引力抜群のアルバムだ。

「健康」とは全く違ったテイストだが、私ブーラン、ホントはこういうのが大好きなのだ。
是非、だまされたと思って、この手作り感満点のアルバムを聴いてみてほしい

それと、キーマミュージックでは、今後もFrog&Trippersに続く、インディーズバンドの委託販売を手掛けていこうと思う。ホントに気に入った、みなさんに胸を張ってご紹介できるCDだけをご紹介するつもりなので、気長にお待ちください。

皆さん、もし、「このバンド無名だけどいいから聴いてみろ!」っていうのがあったら教えてくださいね。
もしかしたら、キーマ通販サイトでご紹介できるようになるかも。

手作りレーベル「キーマミュージック」。
みなさんもぜひ一緒に育ててください。よろしくね!


なお、あさって27日、Frog&Trippersの主催ライブが行われますので
お時間のある方は覗いてみてください。


「はみだしPOPはみPOP~ひねぽ番外編」

3月27日木曜日
高円寺HIGHhttp://www.koenji-high.com/
OPEN/18:30 START/19:00

4バンド出演。 Frog&Trippersは4番目で21:00からの予定です。
(ぶ)
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
jacket25%

日本最大級のインディーズ音楽配信&コミュニティーサイト muzieの、muzieショップでも、「健康」のデビューアルバムがお求めいただけるようになりました。

まだお求めでない方の「ポチッ」をお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします!

なお、CD「健康」は、キーマミュージックの通販サイト
または、diskUNION店頭及び通販サイトでもお求めいただけます。

(キーマン吉宗)
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
年末にスタートしたこの企画も、6.「うなじ」で息切れ、
このまま終了かとの憶測も流れたが、
3週間以上ぶりに復活だ。

この曲は、なにせ「第1期 恥知らずポップバンド時代」
の曲だからして、全然ふざけていないのである。

それと、この曲のみ、Ko太郎がお休み。
コーラスやギターで参加してもらおうと思ったが、
私ブーランが録音技師の学生たちと、
仕事の合間にチマチマ入れた奴で「いいや」
ってことになってしまった。

あと、これも言っときたいんだ。

この曲のドラム、ベース、ピアノは、全部同時に、
それぞれのマイクに音がかぶりまくる状態で録った。
したがって、誰か間違えると最初からやり直し、
というマキゾエにはなかなか辛いシチュエーション♥

これは、わが音響芸術専門学校の講師で、
ジャズ録音の大御所、及川公生先生のレコーディングスタイルを
踏襲させていただいてみたのである。
巨匠同様の音、というわけにはいかないが、
バラバラに録るのとは違う、一体感が出ていると思うぞ。

曲は、いわゆる「ラブバラード」に分類されちゃうのかもしれないが、
この当時よりさすがに「好き」とか「愛してる」とかって歌詞は、
日本男児としてあり得なかったので、これは別れの曲である。
それも男の立場で書くと恥ずかしいから、
女の立場で書いた別れの曲。(屈折…)

たしかマキゾエが作った曲に、オレが歌詞を書いて
いきなり練習で歌ったんだったと思う。
26年前くらいの話です、はい(苦笑)。(ぶ)


7.「アスファルトの舗道を」

ブーラン:リードボーカル、歪みギター×2、アコースティックギター、コーラス全パート

マキゾエ:ピアノ、シンセもろもろ

みのりん:ベース

Tacovo:ドラムス、ウィンドチャイム


DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
新春第1曲目は「正月早々めでたいな」ってことにしたかったが、若干のペースダウンにより、結局、ある意味さらに正月向けの能天気ナンバー、「うなじ」ってことになった。

さて、この曲、みのりんのブログにもあるように、アルバム収録曲中、もっともタフなメカトラブルに見舞われた曲である。これはもう、「アルバムに入れちゃダメ!」という御託宣が下ったかと思ったが、気がついたらアルバムのど真ん中に居座っていてメンバー一同驚いた。

歌詞に意味らしい意味はないわけだが、実はそれこそが重要で、「音楽が何かを表現する手段であってはならない。それそのものが目的でなければ!」という我々「健康」のあと付け音楽哲学には、「手」、「足」ともども、バッチリはまる曲である。

とにかく手前勝手に言わせていただくことをお許しいただけば、演奏していて一番「ハッチャケられる」曲であることは確かだ。

それと、これを言い忘れちゃいけないんだが、CDはもちろん、特にライブでは、みのりんのスーパーベースソロにご注目いただきたい。これを目撃(聴くだけじゃダメ。見なくちゃ!)するだけでも、「健康」のライブにおいでいただく意味は十分にあると思いますのよ。(ハードル上げまくり。ニヒヒ。)


6.「うなじ」

ブーラン:リードボーカル1、歪みギター×2

Ko太郎:リードボーカル2

マキゾエ:コーラス?(うなじ絶叫)、ピアノ、シンセ

みのりん:ベース、ベースソロ

Tacovo:ドラムス


12月のライブではラストナンバーとしてお届けしたこの曲、1月14日はどの辺で出てくるか。演奏されることだけは確かだから、CDをお持ちの方は、しっかり予習しておいてほしい。

なにしろ14日は、患者さんにも「う~な~じ~!」と絶叫していただくつもりなのだ♥

え?意味が分かんない?

ダメだ、意味なんか考えちゃ!はっきり聞くが、意味考えてなんかいいことあったか?

え?あったの?あっそう。でも、10回中2回か3回くらいでしょ。

あとは単なる考え過ぎだったり、考えてるうちに何を考えてるか忘れちゃったんじゃない?いつのまにか、考えること自体が目的化しちまって、結局考えただけで何の解決にもならずに終わりってことにならなかったか?な?だいたい、オレ自身、今何の話してるのかわかんなくなっちゃってるわけなのだからな。

まあ、とにかく悪いこたあ言わねえ。考えるヒマあったら叫ぶんだ。
いろんなところに張り付いてる鍵をまとめてぶっ壊して。

「う~な~じ~!」



だめ?(ぶ)




DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
5曲目は、学生時代からの楽曲、「たいへんだ!」である。
これはもう、まさにKo太郎のためにある曲と言ってよいだろう。

B♭という、Ko太郎には明らかに高すぎるキーで、
強引に歌うことで、Ko太郎のお祭りボイスが、
さらなるインパクトを放つナンバーだ。


5.「たいへんだ!」

Ko太郎:リードボーカル

ブーラン
:歪みギター(ダブルトラッキング)、リズムギター、コーラス(上)、間奏バックのぼそぼそコーラス(両方)

マキゾエ:シンセ(マリンバソロ含めてもろもろ)、コーラス(下)

みのりん:ベース

Tacovo:ドラムス



CDでは「歴史バージョン」の歌詞でお届けしているが、
この曲、本来はその時々の「たいへんなこと」を歌詞にする
というのが趣旨。

当然、1月14日のライブでも、我々「健康」目線でそのとき
「これは大変だ」と思うことを歌詞にしてお届けする予定である。
当然、まだ歌詞は決めていない。
なにしろ1月14日まであと、16日もあるのだ。
16日もあったら、その間にどんな大変なことが起こるか、
皆目見当がつかないではないか。


とにかく、築地の魚よりフレッシュな「たいへんだ!」をぜひ、お楽しみに!(ぶ)

DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
4曲目は、全く意味というものはない「からだシリーズ」第2作、
「足」だ。

この曲は、マキゾエが20年近く前にでっちあげた、
いい加減(良い加減)な原曲の「‘足’連呼部分」のみを残して、
Ko太郎が勝手に大改編。
Earth Wind & FireやMichael Jacksonの「Thriller」のプロデューサーとして一世を風靡したQuincy Jonesの「愛のコリーダ」まで本歌取りしちまって、異様かつ能天気な、Ko太郎らしい曲に生まれ変わらせた。

しかも、Ko太郎がこの曲のリードボーカリストに指名したのは、
なんと、みのりんであった!
第2期「健康」における「金太郎ブギ」(by minorin)以来の大抜擢である。

とてもじゃないが、オレではこの怪しさは微塵も出ない。
互いのキャラを知り尽くすが故の見事な人選と言えよう。
また、この曲では、たまたま歌録りを見学に訪れていた
我々の高校時代からの友人「おにぎり」が、Tacovoのおもいつきにより、
その変らぬ美声(????)を披露している。



4.「足」

みのりん:リードボーカル、ベース

Ko太郎:歪みギター(ダブルトラッキング使用)、コーラス(4部の一番上)、セリフ、「あし!」の声

マキゾエ:ピアノ、シンセ(ブラス、ストリングス)、「あし!」の声

ブーラン:コーラス(上から2&3番目)、「あし!」の声

Tacovo:ドラムス、「あし!」の声

おにぎり:「うにょうにょ」「にょきにょき」「あし!」の声


ちなみにこの曲、ライブではさすがにキーが低すぎて、
みのりんが、せっかく怪しさ満開で歌ってもほかの楽器にマスキングされて
聞こえない公算が高いため、1音半高く転調される。

え?それじゃあ、怪しさが出ないって?

へん、笑わせちゃいけねえぜ。
だれが歌うと思ってんだ?
みのりんだぜ!
心配一切ご無用!

キーアップで、ノリノリROCKになって、しかも怪しさ満開の「足」、
1月14日のライブでは、一つのクライマックスを形成すること確実である。(ぶ)
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
3曲目はマキゾエの自信作「ケン坊SHOW!」だ。

この曲は、ABちゃんの、「健康」サポート参戦を決定づけた作品としても記憶されるべき1曲である。

「ケン坊SHOW!」は、旧Yahoo「健康」ブログ時代に、
私ブーランの「最近物忘れがひどい」との記事に対して
書き込まれた、実にクリエーティブなコメント群をもとに、
マキゾエが詞と曲を書きおこしてきたものだ。

しかし、詞に関しては、スタジオでも新たなアイディアが
各メンバーから、それこそ湯水のようにあふれだし、
特に前半の歌詞は、かなり書き換えられた。

そのとき、さすがプロのクリエーター!というアイディアを
メンバー同様に次々に出してくれたのがABである。

そして、自分の書いてきたものがどんどん変えられていってしまうのを
心の底から楽しみつつ、自分でも率先してどんどん変えてしまう、
マキゾエという男の「こだわりのなさ」、というより、「懐の深さ」も、
あんまり褒めたくはないが、なるほど「健康」のリーダーかくあるべし
といったものを感じさせてくれるではないか。

また、この曲には、私ブーランやKo太郎の家族も、ちょっとだが、
非常に重要な役割で出演しているし、後期の録音技師を務めあげ、
今はマスタリングスタジオで、プロエンジニアとしての人生を歩み始めた
D井くんも、若手ビジネスマンとして味のある演技を見せてくれている。

ホント、オレたちっていろんな人に支えられてるのねってことだな。


3.「ケン坊SHOW !」

マキゾエ:ケン坊、シンセ(いろいろ)

Ko太郎:お父さん、カータン、コーラス(一番上)

ブーラン:ベテラン社員ほか後半の忘れっぽい人たち、ギター、コーラス(下)

みのりん:ベース

Tacovo:ドラムス

なっちゃん:なっちゃん

MIKO:おかあさん

D井:若手社員


この曲、ライブでは、考え抜かれた振り付け付きで鑑賞いただける。
振りをやっていると、ギターが演奏できないわけだが、
メンバー達にどっちを取るべきか一応聞いてみたところ、
全員迷わず「振付の方がお前のクソギターより百倍は大事だ、このボケウシ」
という、これはもうオレとしてもこれ以上賛成できないくらい
まっとうなお返事だったので、安心して振り付け中心でやっちまうからねん。(ぶ)

DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
このコーナーも2曲目。
「健康」メンバーにひたひたと押し寄せる
「老眼症状の進行」がテーマだ。
もうこればっかりは(ばっかりじゃないな)、万人に等しく訪れるものであって、どうにも抗いようがないんだからして、
ジタバタするよりネタにさせていただいちゃうわけである。

さて、ジャケットやブックレットには記載されていないが、
実はCD「健康」、スッテプ入力による打ち込みを一切行っていない。
MIDIは使っているが、MIDIデータの入力はマキゾエと、
一部Tacovo(この曲のタブラ)による手弾きだ。
また、みのりんのベースも、その異様なフレーズや
あまりの超絶技法から「打ち込み」と思われがちだが、
そんなこと、みのりんの性格が許すはずもない。
ぜーんぶ、手弾きなのである。

また、レコーディング時は、今や当たり前のProTools等の
DAWを使ったレコーディングはせず、演奏失敗部分の入れ替えも、
音響芸術専門学校の「健康」録音技師たちによる
渾身の「パンチイン&パンチアウト」に頼っている。
しかも、使用トラック数は限定24トラック
1曲に100トラック近くとりあえず放り込み、あとで削っていくという
現在のPOPS制作手法の正反対だ。

さらに、ミックスも敢えて楽なコンピュータミックスを封印。
人海戦術による「千手観音ミックス作戦」のみで押し通している。

つまり・・・

全曲手弾き&手動ミックス

という、1970年代当時の家内制手工業的制作手法を
頑なに守り通して完成させたのだ。
CD「健康」には、それによる「手作りの温かみ」が宿っていると、
手前味噌ながら信じている私ブーランである。

そしてこの「近すぎて見えない」は、前述の千手観音ミックスの
クライマックスの1曲と言える作品だ。



2.「近すぎて見えない」

ブーラン:リードボーカル&セリフ(2nd)、歪みギター、アコースティックギター

Ko太郎:コーラス(主旋律の1オクターブ下)&セリフ(3rd)

マキゾエ:ピアノ、シンセ(ブラス)、セリフ(1st)

みのりん:ベース

Tacovo:ドラムス、パーカッション


この曲のギターは、LRに振り分けられているので、
「手」と同様のダブルトラッキングと思われるかもしれないが、
たしかこれは、1回だけ弾いたギターに15ms(0.015秒)くらいの
ショートディレイをかけて左右に振ったものだ。

ただ単純に同じ演奏を左右に振っても、2本に聞こえないから
ショートディレイをかけて時間差を作ってやるのだ。

ただ、人間の耳は、同じ音量だと、先に音が聞こえたほうが
音量が大きく感じてしまう(ハース効果)ので、
あとから出てくるチャンネルのギターの音量を少し大きめにして
ミックスしてあげなきゃいけない。

この曲ではちゃんとそれが出来てるみたいです。よかったよかった。(ぶ)


DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
ブーランである。

数日前、親子で「健康」CDを満喫してくださっている「のりままさん」より、「健康」HPのBBSに、
「どれが誰の声だか分かんないじゃないのよ、このボケウシ!」
との苦情を頂戴した。

これはもう、苦情というより、
そんなことが気になるところまで我々のCDを聴きこんで下さっている
ということであるからして、もうメンバー一同、
輪になって右回りに、しかも左足からスキップしたいくらい
ゴキゲンご意見なのである。

そこで、スペースの都合上CDブックレットには入れられなかった、
(というより、我々自身は重要だとの思いがまったくなかった)
「それぞれの曲で、だれが何をやってるか」情報をみのりんのブログに習って1曲ずつ小出しにお伝えしたいと思う。

そう!
CDを持っていないと全く面白くない記事であるからして、
まだCDをお持ちでない方は・・・。

なに?みなまで言うな?わかってる?

了解でーす。じゃ、よろしくね。

さて、当然、以下の情報、CDブックレットに書かれている情報は省かせていただきますです。
また、あくまでも私ブーランの記憶と理解の及ぶ範囲の情報につき、間違ってることも十二分にありうるわけで、そんときは他のメンバーが修正してくれな。


1.「手」

ブーラン:Lead Vocal、歪んだギター×2(おんなじ演奏を2回別トラックに録音して左右に振りきって定位させてます。この録音技法を「ダブルトラッキング」と言います。音の厚みを出すと同時に、演奏能力の低さを隠蔽するのに有効な私ブーランの常套手段です)

Ko太郎:サビのハモリ(裏返りまくりの高音)、アドリブ語りパート(「味噌」の方)

マキゾエ:ピアノ、シンセ(クラビ、白玉パウォーン、エレピ、オケヒット)、サビのハモリ(主旋律の3度下)、アドリブ語りパート(「ウッソ」の方)

みのりん:ベース、カッティングギター(オレよりうまいので迷わず採用)

Tacovo
:ドラムス


そう、以上お読みになってお分かりと思うが、あのマキゾエとKo太郎による語り、全くのアドリブなのである。
何テイクも録音したが、毎テイク、セリフの内容もタイミングも変わっちゃうのだから良い意味で呆れたもんである。

「健康」レコーディングでは、メンバーすら予想できない「掛け算効果」が味わえる。そんなハプニング的なノリを音に残そうと、この「手」のボーカル部分は、ソロパートもハモリの部分も、完全な一発録りだ。つまり、マイク(ノイマンU-87Ai)を3本立てて、その前で曲頭から全員で一気に歌う。

失敗したら最初からやり直し。

今時、こんな録り方してるのはオレたちだけだぜ、ざまあみろ。
って別に威張ることではないな。

結果として、ボーカルパートは相当ラフな仕上がりになっており、細かいこと言えば、ここはフラット気味、あそこはシャープ気味とか気になるところだらけだが、それを丁寧に直すのは明らかに違うぜってことで、こんな感じになりました。

てわけでこのコーナー、苦情も喜んで受け付けますんで、どうぞよろしくね~!(ぶ)




copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。