プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
みのりんじゃないが、教育関係者は、今が農繁期。

年末から4月中旬まで、怒涛の日々が続く。

いま、私ブーランを悩ませているのは、少子化&大学全入&大不況による労働強化だ。
労働強化といっても、自分で自分の労働を強化しているだけであって、
誰にも文句も愚痴も言えない。

数日前は、昨年7月のライブで共演したFrog&Trippersのライブにお招きいただき、
赤坂グラフィティに行ったが、これも「ふろとり」さんだけ聴いて、職場に戻るはめに。
ライブものんびり聴けない。

まあ、このご時勢、仕事があるだけでありがたいのである、
と自分に言い聞かせて勢いをつけたい。


・・・などと何のこたあない、ブログで愚痴ってるわけだが、
ふと気づけば、最後の記事更新が11月30日じゃあねえか!

2ヶ月ぶりだよ、2ヶ月ぶり。


あのさあ、責任転嫁するようで何なんだが、このFC2ブログ、どうなんだろうね?

こんな状態になったのは、オレを始め、メンバーのサボタージュが原因だが、
どうもFC2ブログが我々に合わない、ということにも原因があるような気がしないでもない。

またヤフーに戻ったほうが良くねえか?

なんて、ここに書いても「健康」メンバー、誰も読まなかったりして・・・(ぶ)


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
反対しても仕方ないのはわかっているブーランである。

でもね。

学校やってると、少なくとも仕事の上では、
円高で得する事より、
残念な思いをすることのほうが圧倒的に多いのよ。


まず、オレが愛する、優秀な韓国の留学生たちが経済的に苦しむ。
本分の学業以外に、バイトに力を入れざるを得なくなる。
法的には、週に20時間以上働いてはいけない留学生が、
それ以上働こう、という気を起こしてしまうことがあれば、
それ自体、大変な不幸だ。
オレも英国留学経験があるからよくわかるが、
外人が、外国語で高等教育を受けて、エリート現地人についていく、ということ自体、
実に大変なのだ。ほんとは、バイトしてる暇などないのだ。

もちろん、新しい留学生候補も、留学に二の足を踏む。
なんせ、学費や生活費が倍近くになっちゃうのだから。
結果として、せっかく盛り上がってきたアジア→日本
留学ルートがまた、か細くなりかねない。

円高で景気が悪くなれば、日本人にしたって、企業がコケ始めるから就職活動がたいへんだ。
オレんとこの学校など、卒業生が行く先は、おもに宣伝費とか、
企業の余剰金で成り立っている産業に属しているから、景気の影響をもろに受けるのだ。
さらに親の家計が苦しくなるわけだから、高校出たら働け、みたいな家庭だって多くなる。

いいことなんてほとんどないのだ。


円安万歳?
韓国で買い物楽しいな♥?


そうですね。それはよいですね。
たくさん買ってください。
それで、韓国が潤うなら、それはとても良いことだ。

だから、オレだってほんとは韓国に行って散在してきたいところだが、
よく考えりゃ、むしろ円安の時に行って散在したほうが、
韓国の方々は喜ぶってもんだ。

ああ、経済って複雑だ。

とにかく、留学生たち、なんとか踏ん張ってくれ。(ぶ)





DATE: CATEGORY:メンバーの日記
すんません。ブーランです。
ブログが。書けんのです。なかなか。

時間的に?

それも大きい。なんせ休憩というものが基本的になしに12時間くらい過ぎる。

精神的に?

それもある。その12時間のあとにブログを書くのが、特に仕事の中に「ブログを書く」という仕事が混じっていたりすると、もうものすごーく気力が湧かない。どうしましょ。

というわけで、海外訪問記は、学校のブログページに「仕事」で書いたものにリンクを張るという、最悪の逃げの一手でしのがせてください。ごめんねごめんね。って謝るほど期待されないんだけど、でもごめんね。(ぶ)



DATE: CATEGORY:メンバーの日記
先日、久々にバンド練習をした。
Ko太郎は残念ながら、仕事で不参加だったが、
CD「健康」収録曲のうち、未だライブで演奏していない唯一のナンバー、
「大きな歌」の練習に取り掛かった。

音響芸術専門学校の声優・アナウンス専門課程で出演者を目指す若人たちへの
応援歌兼練習課題曲としてマキゾエが作った曲が、学生たちにはあまりに難しいということで、
「健康」楽曲としてCDに収録されることになったナンバーだ。


練習ではまず、キーボードとギターのパート割り振りを決めた。
CDのギターは私ブーランが弾いているが、ライブで歌いながらというのは、
できないことはないが、なかなか難しい。
一応、練習ではトライしてみたが、やはりギターを弾くと、まだまだ歌が不安定になる。
ほかに二人もギタリストがいるんだから、オレ、別に弾かなくていいんじゃないか?
ってことで、次回からは、ハンドマイクで歌に専念することとする。

そしてキーボードは…さすがマキゾエ♡
難しい方のパートをABに割り振り、5thとか9thとか、
とにかく複雑な和音の連続攻撃で、
必死の形相のABちゃんを笑顔で追いつめる。

それとマキゾエが張り切って、CDとは違うアレンジに直した譜面を、練習の16時間前に完成させてくれちゃうから、たいへんだ。
練習もそれを見ながらのヨタヨタ演奏になる。
まあ、去年レコーディングした曲なわけだから、そのうちなんとかなるでしょう。


また、「大きな歌」以外の曲に関しては、バンドとして音を出すのが、
前回のライブ以来なので、とりあえずは7月のライブでやりそうな曲を演奏してみる。

うむ。
ま、このあたりは大丈夫そうだ。
だんだんとGrooveも出てくるでしょう。
問題は、オレの歌詞健忘症だけですな。(ぶ)




DATE: CATEGORY:メンバーの日記
私ブーラン、昨夜、凍てつく雨をついて四谷OUTBREAKの下見を兼ね、つるつるバンドのライブに行ってきた。

さすがに雨ということもあり、集客はいまいち。
が、例によって、バカバンドの面目躍如。つるつるの連中は、いよかん投げたり、花見シーズンだからとステージにゴザ敷いたり、ギターをおもちゃの光線銃先端部の回転ロータリーで弾いたりと、客が少ないことなど頓着せず、ハイテンションのやりたい放題であった。

ま、そんなことはいいんだが、問題は、狭いんだよ、OUTBREAKのステージが。
1月のLive Freakより微妙に狭い。

あそこに、7人おしくらまんじゅうすんのか・・・。
え?下見しないでライブ決めたのかって?


はい。



てわけで、みなさん。

7月6日(日)のライブ、今まで以上に

密度の濃いライブ

になります。・・・って話が先すぎるだろが。(ぶ)



DATE: CATEGORY:メンバーの日記
私ブーラン、年度末のバタバタを20時に無理やり切上げ、数か月前に新装開店したばかりのライブハウス「高円寺HIGH」へ、先日ご紹介したFrog & Trippersを聴きに行ってきた。

手の込んだCD音源を、たった4人のメンバーではなかなか再現できないんじゃないか、と穿った予測を立てていたオレではあったが、その演奏を聴いて自らの浅はかさを深く悔いることとなった。

もちろん、4人でやっているので、CDと同じ音が出てくるわけではないのだが、CDのテイストは見事に表現されているではないか!

ていうか、この人たち単純に上手い!

まあ、それもそのはず。
メンバーの大半が、演奏で飯を食っているプロだ。
まあ「健康」にも若干名そういう人たちがいるが。

ちなみにリーダーのヌマオタダシ氏とはQEEMA MUSICの委託販売を始めるにあたり、メールでのやり取りは何度もしていたものの、お会いするのは初めて。もちろん他のメンバーとも初対面だ。
しかし、ライブ後の打ち上げでは、音楽談義、地元談義(杉並区関連話題)で盛り上がり、楽しく過ごさせていただいた。

くどいようだが、Frog & Trippers(ふろとり)、オススメである。(ぶ)

DATE: CATEGORY:メンバーの日記
私ブーラン、昨日は所属する野球チームの練習に赴いた。

そして、約1年半ぶりに、バッティング・ピッチャーを務めた。
4人に対して約60球。
7分程度の力で、ではあるが、ようやくバッター相手に投げられた感慨は大きい。

なにしろ、「ドアを開ける」とか「棚から物を取る」とかいう日常的な動作が、痛みなしではできなかったんだから、良く治ったものだ。

とにかく、悪い姿勢で1日10時間以上PCで原稿書きっつうのを3,4か月続けるようなことは、みなさんも是非避けていただきたい。まず間違いなく五十肩に襲われます。ホントに辛いのよ。気を付けてね。(ぶ)
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
080314_2001~0001


ブーランである。
いま、まさに、スタジオで「つるつるバンド」の曲、「ひとつのこと」をレコーディング中だ。
当校の学校案内添付CDに彼らの曲を収録しようということなのだが、正直言って、若干後悔しているオレなのである。

「つるつるバンド」といえば、1月14日の新宿でのライブでご覧になった方々はお気づきのように、曲はポップなロックンロールだが、曲なんかははっきり言ってどうでもよく、彼らの頭の中を支配しているのは、「笑えるか笑えないか」の一点のみである。

実は、レコーディングの時ぐらい、ちゃんとやるのかな、と思ったのだが、オレが甘かった。

まず、機材搬入時に度肝を抜かれた。

なんと、こいつら、「業務用生ビール供給マシン」を搬入しやがったのだ。
当然、中身も満載だ。

それと写真のダルマ。
ステージにも毎回置いてるらしい。
その年最後のライブでは、ステージ上で眼を入れて客に投げるのだそうだ。

アホか、こいつら。

ドラムのKONAKIは、当校の卒業生で、「パフィー」とか、結構売れ線アーティストも担当しているレコーディングエンジニアだが、メンバーがコード間違ったくらいではNGを出さない。

ミスタッチやリズムの乱れも問題にしない。

「面白い」「ノリノリ」のどちらかの要素があれば、全部OKだ。

ううむ、これ、CDに収録していいのかなあ。

「またね」を神経質に録り直した後の、対照的なセッション。
さすがに学生も唖然としている。
KONAKIの奴、何時に返してくれるんだろうか。
オレ、明日入試なんだぞ。(ぶ)
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
みのりんです。

僕の手許に、世にもレアな1枚のLPがあります。

タンゴ・ヨーロッパ - “乙女の純情”(1983年)

tangoeurope


大学時代の友人から借りたままになっています。その男が大ファンだったんですが、この不世出の女の子スーパー・ファンク・バンドのサウンドには、僕もノックアウトされてしまいました。

彼女たちは、僕らと同じか、ちょっと上の年代です。デビューは大学を卒業(大学生だったのかどうか定かではないが)した頃合いでしょうか。歌詞や楽曲にも、大人の女らしい茶目っ気や余裕がにじみます。演奏は、なにしろリズム・セクションが安定しているので、元気一杯だけど、なかなかにタイト。とくに坂口かおるさんというベーシストのプレイはセンスの固まりで、天性の才が感じられます。

しかし、残念ながら、デビューから1年後にはバンドが解散し、メンバーはソロ活動や他のバンドに四散してしまいました。タンゴ・ヨーロッパは、演奏能力や音楽的センスは抜群だったけど、ジャケット写真からもわかるように、キーボードの人を除いて、必ずしもルックスには恵まれていたとはいえませんでした(スミマセン!)。痛し痒しというか、プロダクションが最適な“売り方”を見出せないまま終わってしまったのでしょうね。

今この人たちは、人生の折り返し点を過ぎた四十路半ばの熟女のはず。どのように暮らしておられるのでしょうか。歴史的な珍盤に針を落としつつ、それぞれの人生を健やかに歩んでおられることを祈らずにはいられません。

友人のS君、長らく借りっぱなしですみません。でも、もう返せなくなっちゃったから、僕がいただいておくね。
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ワタクシみのりんは、「反り指」の持ち主であります。

メリケンでは「ヒッチハイカーズ・サム」と呼ばれているらしいことを、ついさきほど知りました。

フレミングの「右手の法則」「左手の法則」
というものがあります。

読者のみなさんも物理で習った記憶がおありでしょう。とくにISAの学生諸君は知ってて当然。

フレミングの「右手の法則」は、互いに垂直方向に開いた右手の人差し指を磁界、親指を導体の方向に当てると、そこに生じる起電力の向きが中指で示されるというものです。が、ワタクシの親指は90度近く反り、導体が磁界と反対の方向を指すので、物理の試験でうっかり右手を使うと確実に不正解となってしまうのであります。

akaten


磁界(人差し指)・電流(中指)・電磁力(親指)の方向を示す「左手の法則」もまた然り。

これを
みのりんの「赤点の法則」
といいます。

試験場でフレミングの法則が使えず、赤点になってしまった人は、まことにお気の毒なことでございます。

でも、世の中悲しいことばかりではございません。

涙を拭いておいでなせえ。

「反り指」はエレキ・ベースを弾くために生まれてきた人であることの証(あかし)なのでございます。

このたびワタクシみのりんは、このことを低音医学的に論証することに成功いたしました。詳細は、以下の2つの記事をご参照されたく。

エレベ向きの生体構造

「ますらを」か「たをやめ」か?


「反り指」をヘンタイってゆうなー!

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。