プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
ひさびさのマキゾエです。
以前タコ坊が

「夜のしじま」の「しじま」って何?

と、疑問をぶつけていたが、そういえばよく意味もわからず
でもふつうに使っている言葉のなんと多いことか。

たとえばタイトルにも書いた

「かたじけない」

だが、一体何がないというのか? 「かたじけ」?

「さりげ」とか「やるせ」とか「そこはかと」とか、
そういうものが「ある」状態、ってイメージできませんね。
「せつ」とか「きた」とか「つれ」とか、短いのは後ろの「ない」とくっついて
一つの言葉、と言われればそういうことなのかな、と思うけど、
「そこはかと」って言われると、それはなにか別の意味の言葉だろう、と
思うほうが自然なのでは?

だれか知ってる人いますかね?

同じようでも、「勿体」とか「所在」とか「面目」は、なんか意味があるような気が。

あと、「いさぎよい」「こころよい」は、漢字でも「潔い」「快い」ってなるから
ああ、一つの言葉なんだなもともと、って思う。でも最近、

「お!いさぎのいい謝罪会見だね」

とか

「こころいい風が吹いてきた」

みたいな使い方してる人、ふつうにいるようですがこれは気になりますね。

「あなたさすが!いさぎよいですね」
「いさぎなんか全然よくないですよ!」

う~ん、わかっていってるのかこの人は?「いさぎ」ってなんだよ!ってね。

「こころよい風だ」
「でも気温がこころわるい」

こころわるいって試しに漢字で書いてみろって。

などとつらつら、語ってみました‥‥



マキゾエ

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
あらまあらま。

このブログ、しばらく見ない間にずいぶん、スキマだらけの
更新だわね。申し訳ない。

さて、前回のキャバクラネーミングがことのほか笑ってもらえたようなので、
今回は「ホテル」ネーミング考を。

前回は九州地区のキャバクラに脱帽でしたが、
ずばり。

ホテルの名前は、関西にはかないまへん

東京近郊のホテルと来たら、キャバクラ店とかと同じく
意味のわかったようなわからないようなフランス語とかが多くて気取っちゃってさ。

その点、関西はわやでっせ。

有名なところでは

やんちゃな子猫

ふたり共和国

妙に文学的、でもちゃんとコンセプトワークができているわい。

南南西の風、風力3

‥‥これ、ほんまにホテルの名前かいな?

もしもしピエロ

おひるねラッコ

な、なるほど!そういうメタファーでっか。

ハーフムーンが笑ってる

プロヴァンスの街に

こうなってくると、一見さんが通りかかってもどんな店やわかりまへんな。

ビバリーヒルズの白い家

桜宮のどこがビバリーヒルズやねん!

生玉 ホテル ラブ

「生玉」にはそうとう驚いたが、実はこれ、地名だったんですよ。

とにかくこういうネーミングにも遊び心いっぱい、つまりは恋路も遊び心いっぱい!
笑いのとれないオトコは持てない街ならではの、
素晴らしくクリエイティブな名前たちでした。

(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
マキゾエです。

ずいぶんと長い間、ブログ書き込みとご無沙汰でした。
ゲキムゲキム、ごこうのすりきれ、でした。

しばらくぶりだととっさに何を書いていいかわからないんで、
ここは「ことばアソビ」的小噺をひとつ。


え~、かつて仕事で日本全国いなか町漁師町をうろうろしておりまして。
仕事にかこつけてはおいしいサカナ料理を食べ回っておったわけです。

殿方4人の出張、ご飯を食べれば、時には夜の町へ繰り出したくもなりますわな。
その時の私は今みたいなおとなじゃござんせんから、スナックだクラブだなんて
ものにそれほど行きたいなんて思いはなかったんですよ、でも
先輩たちに「無粋者」呼ばわりされるのがいやで、付き合ってでかけておりましたわ。

でもそうして夜の町を見ておりますとね、
いや何に感心するって、

あの手の夜の店たちのネーミング

ですわ。

「スナック・ソアラ(当時はブームだったクルマです)」
「クラブ・ピンクレディ(当時でもさすがに解散後でした)」
みたいな、もろ固有名詞系。

「愛子と、場(合言葉?)」
「愛・美・喜(逢引き?)」
と、謎の語呂合わせ。

みんな苦労してはるんやわ、って心から畏敬の念にかられたもんです。
そんでもその中で、もっとも印象に残っているのが、九州方面のとある
キャバクラのネーミングです。
ずばり、

「幕府」

いや、最初はさほど感動はなかったんです。意味がよくわからないし、
ネーミングの由来が思い浮かばない。
ところが看板をよく見て、あっと驚きですわ。
下に小さな字で「ショルダーコピー」がついてまして。

いい国つくろう、キャバクラ幕府

はあ~、これがいいたいばっかりに、このネーミングにした店長の
ミヤビな心に、花丸ですわ~~
それからというもの、こちらもいざとなったらすぐ駆けつけるように
なりましたわ、その手の店に。やっぱり、

いざ、キャバクラ

ですわな~~~


ありがとうございました~~~。

(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
疾きこと、は、もちろん



「はやきこと」と読みます。



「うずきこと」でも、



「びょうきこと」でもない。





其 疾 如 風



(そのはやきこと、かぜのごとし)




こういうことですね。



それにしても、こんなくだらないことに



いろいろ反応していただき



ほんと、ありがとうございます。



ではすっかり調子に乗らせていただきます。





さあさ、さあ



今宵も夜更け。



歴史の世界にいざないましょう。





今夜はかの有名なあの、あの事件。



645年の出来事。







大化の、替芯。





この時代、すでにシャープペンシルがあったかどうかは



不明である。





(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
さて、わたくしマキゾエ。




先日、当ブログで




真剣、しらが染め。




などと書き記した反省を十二分に活かし、




きょうも、歴史の中から名言名句を探してみることとした。






本日のお言葉は、



現在のNHK大河ドラマでも取り上げられている



言わずと知れた名将、



武田信玄にまつわる名句から。





そして、信玄から時代を下ること1400年あまり、



現代の若き女性A子が、



この歴史的名句をなんともタイムリーに引用した。





このA子、愛するカレがいるのだが、



そのカレに対する唯一の不満、



これを吐露した名句。






疾きこと、カレの如し。





‥‥余談だが、昔の種子島銃は、一度発射すると次の発射までに



相当な時間を要したという。




週明けの朝から、大変失礼いたした。





(この文章の登場人物は、一部フィクションです)






(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
‥‥3連休。



マキゾエである。






いろんなこと思いついては



すぐ忘れてしまうので、






うっかり思いついた「ことばのカケラ」、






このブログを一種、



メモ帳がわりにして





書き留めておくことにする。



みなさん、くだらなくてごめんなさい。





+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+





真剣、




‥‥




しらが染め!




+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+




以上。



(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
わが家、マキゾエ家にも1名ほど中学生がいるのだが、
中学生と話していると、ほんとうに楽しい。
頭の中が、百花繚乱のお花畑になるようだ。



今宵は、そんな中学生のお言葉から。



その中学校には通常の学科のほかに、「社会科選択研究」のような授業がある。
その課題のひとつに、実際に企業の研究所を訪ね、あるテーマについてブレストし
チームでディスカッション、そしてプレゼンテーションするという
なんとも前向きなものがあった。



今年、その企業が中学生に課した課題は、



超えろ!


というテーマだった。抽象的だが前向き、自由だが手は抜けない、なかなかよく考えられたテーマだな、
と感心した。そしてこの百花繚乱どもは、この課題にどう答えるのかがぜん興味がわいた。



そして彼らの1チームが考えた答え。
これは、まさに僕の想像をはるかに「超えた」ものだった。



研究のテーマは、



ほしのあき


だった。これはどういうことか?何が「超えた」のか?サイズか?



違うのだ。



彼らが超えたのは、サイズでも奇のてらい方でもない。
漢字の読み方だったのだ。
「超えろ!」‥‥を、







チョー、エロ!





と読んだのだった。



(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
オフィスで街で電車内で、きょうも見つけたおもろい種族。
あたくしマキゾエ、月曜の午前中というオフィスタイム真っ只中で見つけた種族の
ご報告です。



本日の種族は、あっは~族。



話は飛ぶが、京都の有名な言葉で「ぶぶ漬けでも召し上がります?」というのがあって
世の中には存在しない「ぶぶ漬け」を「ご用意しましょか?」と聞くことで
「召し上がるか?そんなものないけどあんたはないもんまで用意させる気か」
→早い話が「そろそろ帰らんかいな無粋モノ!」みたいな意味なのですが
(京都の人に聞いても、実際ホンキで会話の中にこのフレーズを口にしている人は
見たことがないそうですが)



このあっは~族、性格はこの古来の京都人に似てます。似てます。



そんなに好きでない、本来なら事務的に相対したい人から、
あんまりやりたくない、仕事なのでしょうがなくやってあげるような類のことを頼まれて、
でも、そんな人にも精一杯の愛想をもって接しようとして
「はい!」と返事せず「は~い」と伸ばして返事しようとして、
だけどだけど、ほんとはやりたくないんだってことが無意識のうちに
「は~い」の手前に「あ、」を挿入してしまった結果、




あ、は~~い



という、なんとも文脈を無視した心のこもらない言葉を生み出すのです!
つまりこの「あっは~族」、どこか醒めていて、いわゆるギャルっぽい八方美人みたいな
オンナを軽蔑していて、それでいて決して争い事を好まず、
実は要領がよくて仕事もまずまずできる種族。
会社では欠かせない人たちなのだが、どこか最後の最後までは
親しく付き合えない感じがします。
ひっくり返せば、ちょっと孤独な人たちなのかもしれません。



「あ、」をつけないか、あるいは「は~い」を「はい」にすれば
だいぶ印象が変わるんですけどね‥‥




(マキゾエ)

DATE: CATEGORY:ことばアソビ
今夜はマキゾエ、上から目線で書く。



迷えるコヒツジよ、人は大きく二つの族に分類される。



「もうし」族と「もしい」族


である。



おおコヒツジよ、訳がわからないであろう。
わからなければ、さあさ、かかってきた電話に出るがよい。
受話器を耳に当てながら、あなたはどちらかというと



「もしもし~」と最後の「し」をのばすのか、それとも



「もしも~し」と二回目の「も」をのばすのか。



「し」をのばすもの、これ「もしい族」なり。
「も」をのばすもの、これ「もうし族」なり。



「もしい」族は集団を愛する。話をするとき、相手に近づく。決して相手を警戒しない。
へりくだっている。裏をかえせばお調子ものである。
「もうし」族は孤独を愛する。周囲を支配しようとし、ついつい命令口調になる。
他人に警戒心を抱いている。容易にだまされない。



「もしい」族は呼び込みのおにいちゃんとすぐ友達になる。
ぼったくろうと思っているおにいちゃんとの間で値引き交渉を成立させる。
「もうし」族のおにいちゃんがとってもとっても肩が凝っていても
彼は決して「マサジいかがですか、おにいさんゴセンエンぽっきりきもちいい」
のおねえちゃんに耳を貸すことはない。



「もしい」族の話し方はキャバ嬢に向いている。
「もうし」族の話し方は警察署長だ。



鬼ごっこで例えるなら、鬼は「もうし」族であろう。
一方、「もしい」族は理由なく、逃げる。



さあ、あなたはどちらかといえば、どっち?
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
何を持って「おやじギャグ」と称するか。
これはなかなか難しい命題だが、どうも経験値の中で少しわかるのは、



おやじ自身が自分のギャグを「おやじギャグ」とは決めがたい、ということと、



おやじが言えばそれは「おやじギャグ」という単純なものではない、ということぐらいか。



‥‥そういう哲学はともかく、今回は「おやじギャグ」というよりは
レトロギャグ、とでも言おうか、
固有名詞を盛り込んだ言葉たちを見つけてみようではないか。




壁に耳あり、庄司花江



昭和の頃はふつうに語られていた言葉、いまや庄司花江を知る人が少なくなった。いわんや、




壁に耳あり、東海林太郎



「これ、トウカイリンタロウじゃないよ!」なんていう会話すら最近交わされなくなった。
あ、ショウジタロウですよ、念のため。
‥‥若い方のために、もう少し難易度を下げることにしよう。




ラッキーしまくらちよこ!


よっこい、しょういち!



‥‥これらは「ようし、ギャグかましてやろう」とか身構えなくても
昭和の方はふつうに口について出る言葉。「よっこい、しょういち」の語尾に
「よっこい、しょういちさん、死んじゃった、マル。」と付けるのも雅やかである。
そして、今でもギョーカイ系の昭和ガイたちはしばしば使うもの。
「あさっての15時は空いてるかね?」とか聞かれた時の返事として、




あ、すみません、その時間ちょっと、別件バウワー、入ってまして。



ポイントは、聞く方も聞かれる方も、ほぼ真顔でかわしている、ということだ。



ということで、おやじギャグ第2弾、おたのしみいただけただろうか?
くだらない言葉ばっかりで、アイム・ソーリー、安倍ソーリー。



(マキゾエ)

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。