プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑文

「健康」のメンバーのうち、ブログを書く可能性のある連中には知らせたが(ちなみに返事はないが)、
Yahoo!で休眠状態だったブログを再開した。

実は、こちらのFC2でブログを始める前、我々「健康」はYahoo!でブログってたのである。

で、前回も書いたが、どうにもこのFC2、あっちに慣れちまったオレには使いにくい。

自分のブログをやっているタコ坊みのりんにしても
使いにくいのは同じなようで、まあ、今度はこちらが放置されることになりそうだ。


といっても、今後、コンスタントに記事を更新していく自信は・・・ない。


ここ数日頑張ってみたが、三日坊主に終わるかもしれない。


でも、ここで続けるよりは書けるなような気がする。

というわけで、Yahoo!の方も、のぞいてみてやってください。(ぶ)
       ↓
http://blogs.yahoo.co.jp/boorankenko
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:雑文
makizoe-american

通勤途上の某駅に貼られているポスターです。

いやもう、すごいインパクト。だって、これ……

マキゾエにそっくりじゃん!!!

顔形がどうの、とかの問題ではなく、その醸し出す空気感が

マキゾエそのもの!!!

マキゾエが1950年代のアメリカに転生したら、このオッサンになる。まちがいない。

(みのりん)


DATE: CATEGORY:雑文
とりあえず無事帰ってきました
ありがた迷惑な旅行記は、また時間のあるときにまとめて書きますよん。(ぶ)

DATE: CATEGORY:雑文
先週金曜日、私ブーランの働く学校で、ゼミ発表会があった。

7月6日のライブにも出演させていただいた、
ボーカルゼミ、別名「御成門音響クワイヤ」の連中とのラストステージである。

これから卒業制作や就職活動でますます忙しくなる14人の学生たち、
みんな、のびのびといい歌を聞かせてくれた。
オレはピアノを3回くらい間違えて足を引っ張ったが、
まあ、みんな許してくれるだろう。

楽しい1年をありがとね。
最近、仕事の上ではいろいろ、オレなりにストレス溜めたりすることも多いんだけど、
ゼミでみんなと歌ってる時だけは、ホッとできたっていうか、
とにかくみんなに「歌心」や「団結」がだんだん育ってくるのが楽しかったし嬉しかったなあ。

打ち上げでは、みんな1次会で帰りがたく、
オレも帰宅を許されるわけもなく、そのままカラオケへ。
1時間、飲み物も注文せず、ほとんどマイクも使わず、全員でハモったが、
こんな変なカラオケ初めてだけど、楽しかったぜ。

毎年味わうこのちょっと寂しい感じ。
なんだか今年はひとしおだ。




さて、
そんな感慨に浸るのも束の間、
明日からは、欧州研修旅行の引率で、10日間の出張だ。

今回の訪問地は、英国(ロンドン)、ベルギー(ブリュッセル)、オランダ(アムステルダム)。
今回は見学地のアポ取りとか準備に費やせる時間が少なく、一抹の不安もあるが、
なんとか事件・事故のないように祈りたいし、気を引き締めていきたい。

それと、

パスポートを忘れないようにしたい。

個人的には、まだ観ていないアンドリュー・ロイド・ウェバーのミュージカル、
「Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat」と、
アムステルダムのコンセルトヘボーでのクラシックコンサートが楽しみだ。

では、またもしばらく、ブログは放置状態になりそうですが、行ってまいりま~す!(ぶ)











DATE: CATEGORY:雑文
ソウル至福ナイトの最後を飾ってくれるのは、
アジアでもなんでもない、フランスワインだったりするから、
この記事もわけがわからない。

まあいいじゃん。

趣味がワイン、といっても過言ではないかもしれない私ブーラン。
無論、普段は1本1000円以下の安ワイン専門だが、
若い頃は、ワイン文化の奥深さに痛く感動し、
ワインの本をずいぶん読んだし、小遣いのかなりをワイン研究に費やした。

そんなオレの趣味を知るジョンフン氏、昨年もソウルの名所、南山(ナムサン)タワー近くの、
超オシャレなワインバーに私を連れて行ってくれたのだが、
今年も再度、韓国説明会の打ち上げを、そのワインバーで行うことになったのだ。

驚くほど本格的かつ多彩な品揃えの中から私が選んだ赤ワインは、
「ドメーニュ・ド・シェバリエ2004」。

domaine du chevalier

フランス・ボルドーはGrave(グラーブ)にある名門シャトーの逸品だ。
2004年が作柄の良くない年なので、手ごろな価格であるし、
不作年のブドウなら、そろそろ飲み頃を迎えている、との予想だ。

それに、このワインは、私ブーランが新婚当時、
カミさんと自由が丘のフレンチレストラン「プティ・マルシェ」に行ったとき、
マダムに選んでもらってその華やかさと多層的な味わいに感動した思い出のワインでもある。

飲んでみて、みんなにっこり。
バッチリ飲み頃だ。
天候不順年のワインだから、力強さは無いが、
「ドメーニュ・ド・シェバリエ」らしい、バラのような華やかさはちゃーんとある。

というわけで、久しぶりにうまいワイン飲んだ嬉しさで、写真デカクしちゃいました。
うざいでしょ?ふふふ。(ぶ)


DATE: CATEGORY:雑文
誰も読みたくない、うまいもん自慢を私ブーランがくどくどと書き連ねる
「アジアうまいもん自慢」も第4弾だ。

至福のホルモンナイトから一夜明け、ソウル会場での学校説明会。
来場者は6000人以上、朝から夕方まで眼の回るような忙しさで、
満足にメシを食う時間も無い。

ちなみに今回もジョンフン氏夫妻に加え、当校の卒業生で、
長年韓国でPAエンジニアをしてきた肝っ玉母さん(と言っても独身)キムユニョン女史が
ボランティアでヘルプしてくれたが、ほんとにオレ、幸せだよな。
卒業生たちが一所懸命に学校の広報を手伝ってくれてるんだから、
これ以上説得力のある説明は無いってくらいの充実の説明会だ。
また来年も、きっと優秀でやる気に満ち溢れた留学生達が入ってくれることだろう。

さて、説明会に先立ち、ジョンフン氏より、
「先生、今夜行くレストランを予約しておきました。」
という有りがたいニュースが伝えられた。
なんでも、カニ料理だという。

しかし、行ってみて驚いた。(また驚いてんのかよ、こいつ、と思われたっていいもんね)
カニは豪華なコース料理のほんの一部であって、
実際はこれ、「海の幸コース」だぜ。

sashimi.jpg

まず上の写真は、団子状に堆(うずたか)く詰まれた大根の千切りのうえに、
美しく盛り付けられた白身魚の刺身だ。コリコリしててうまいのなんの。
その後、ゆでたカニ、品のいい焼き魚(メロ)、海老のてんぷらなど、
日本でもおなじみのメニューが、韓国風に若干趣向を変えて供される。
どれもうまい。

そしてとどめが、魚介類のキムチ豆乳鍋(たぶん)。
nabe.jpg

もう腹いっぱいで絶対食えないと思ったが、
気付けばしっかり完食している私ブーランであった。

ああ、もう満足だ。ジョンくん、すまん、ごちそうさまでした。
さあ、腹いっぱいだしホテルに帰って寝よう。。。。
とは、ならないんですねえ、これが。ははは。
というわけで、さらに、ソウル至福の夜は続くのであった。(ぶ)



DATE: CATEGORY:雑文
きょうは、昨日のホルモンの続きなんで、ま、手短に行こう。

ジョンフン氏と二人で、デチョン(大腸)5人前を平らげた私ブーラン。
しかも、そのうち3人前以上を一人でたいらげて正常な判断能力を著しく欠いていたオレは、
ジョンフン氏の「先生、シメにご飯を頼みましょう」との提案を、
あごを激しく上下させながら受け入れた。

はっきり言ってすでに満腹だったオレは、日本でも「石焼きビビンバ」でおなじみの
あの器を持って現れたオモニの姿を、ただ呆然と眺めるしかなかった。

ishiyakitamago.jpg

器の中を見ると、薄緑色の小さなタマゴが無数に乗っている。
どうも日本では寿司ネタで知られる「とびっこ」らしい。
寿司で食うときは、赤っぽい色してるけど、緑なのね、と思いつつ、
そのどんぶり飯を一口食って驚いた。(また驚いてる)

思ったよりソルティー。
しっかりした味付けで実にうまい。
日本の間の抜けた石焼きビビンバが金輪際食いたくなくなるほどうまい。

しかし、ジョンフン氏も罪よのう。
ははは。
だんだんオレが日本で食える韓国料理、少なくなってきちゃったよ。(ぶ)




DATE: CATEGORY:雑文
第2弾は、はや韓国。

今年も先日、韓国スーパーマスタリングエンジニア、ジョンフン氏の案内で、
うまいもんを食ってしまったブーランである。

いやあ、今回のこいつは驚いた。
もともと日本の焼肉屋でも、ホルモンとかミノとか、
内臓系の肉に目がないオレ。
しかし、そんなオレだからこそ、今回のホルモンにはぶっ飛んだぜ。


実はこの日、朝からプサンでの説明会があり、
終了後に5時間以上かけてのロングドライブをしてくれたジョンフン氏である。
いまや、韓国音楽業界の顔役の一人となり、
所属のマスタリングスタジオSonic Koreaの部長兼エースエンジニアを務める忙しい彼が、
毎年、私の学校の仕事を卒業生としてフォローし続けてくれていることに、
感謝しきれないほど感謝している私ブーラン。
ジョンフン氏の「先生、今夜はホルモン焼きを食べましょう」
との誘いを、断るわけないのである。
hormon1

明るく品のあるオモニが焼いてくれたホルモンを一切れ口に入れて驚いた。

やわらかい!
コリコリ感はあるものの、実にやわらかいし、うまみがある。

オモニによれば、昨夜訪れた日本人の二人組はホルモンを6人前食ったそうだ。

「6人前は食いすぎだろう」と笑った我々であったが、実は我々、結局4人前注文し、
あんまりオレがうまい、うまい、マシッソヨを連発するもんだから、
オモニが1人前サービスしてくれて、合計5人前食っちまったのである。
コレステロールを心配するオレがこれではいかんのだが、うますぎるのだから仕方ない。

特にそのうまさが凄まじいのが、下の写真、デチョン(大腸)だ。
hormon2

これ、ソーセージみたいでしょ?
もうねえ、やわらかくて上品な脂がジュワーっと染み出てきてたまらん!!!

店がソウルで最も洗練された金持ち地域「カンナム」の大通りに面しているのと、
韓国でも牛のホルモンは豚のそれよりはるかに高価とあって、
価格的には日本のちょっと高級な焼き肉店並みだが、
「これを食わずしてホルモンを語っちゃいけねえ」ってくらいにうまいぞ。

ああ、また食いたくなってきちまった。(ぶ)









DATE: CATEGORY:雑文
滅多にブログを書かないサボりんぼブーランである。

「健康」のレコーディングも遅々として進まぬ昨今、
書くことも書く時間もないんだから仕方なかろう。。。

と思ったら、あったよあったよ、書くことが。
時間も今日は休日で、まあ書こうと思えばあるじゃないか。

ってことで、出張で行ってきた台湾と韓国で食ったウマイもんを自慢することにしたぜ。

まず第1回の今日は台湾だ。
台湾南部の都市、高雄(カオシュン)。
宿泊先のホテルの近くに夜市があったので行ってきたぞ。

夜市っていうのは、つまり年中無休の縁日だ。
goya.jpg


夜市を歩いてまず目に留まったのは、白いゴーヤ。
こんなのあんなら「健康」のCDジャケットに使ってみたらよかったなあ。


そして、実際に食ってみたのは、大門の中華料理店「味芳斎」で食いなれた牛肉麺。
夜市に面した、扇風機のまわる暑い店で、クーシンサイとイモの葉の炒めものと一緒に食う。

nyuromen.jpg
コクがあってウマい!
しかも安い!
上記3点合計で、600円くらい。

うれしくなって一緒にビールを飲みたくなるが、ここで私ブーラン驚いた。
なんと!ビールがないっちゅうじゃないですかあ!!!

あとでわかったが、台湾の夜市では、酒を飲める店がほとんどないのだ。
しかも、台湾人のみなさんは、外で酒を飲む習慣自体があまりないという。
台湾の方々は親日的だし、物価も安いし、飯もうまいし、ほんとにいいとこなんだが、
なかなか飲めない。

γGTP王者の私ブーランにとって、これはつらいのよ。とほほ。(ぶ)






DATE: CATEGORY:雑文
赤塚不二夫大先生の葬儀におけるタモリ氏の弔辞が話題になっている。
たぶん方々のブログでも取り上げられていると思うが、
私ブーランも、少なからず感動した。

「白紙の弔辞」というギャグも、切れはいまいちながら、
筒井康隆+赤塚不二夫+山下洋輔らといった知的ナンセンス軍団と
密接な関係を結んでいたころのタモリをちょっと思い出させてくれてうれしかった。

しかし、一つ残念なことがある。

やはり弔辞の最後は、
「それではお別れに、赤塚不二夫先生へのお別れに一句」
ということで、ハナモゲラ短歌を決めてほしかった。

できればさらに、出棺は、タモリが赤塚不二夫らと編み出した
「ソバヤ」のヤケクソ大合唱で送り出していただきたかった。

・・・さすがに無理か。

仕方ないので、ひとりで唱えさせていただきます。
ソバヤソバーヤ!(ぶ)



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。