プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」な機材
ts-24


ブーランである。

昨夜、例によって新人教職員たちと原稿書きにいそしんでいると、彼女たちの同級生で、
スタジオメンテナンスエンジニアのK川が訪ねてきた。

なんのことはない、
「古いコンソール(英国Soundcraft社製TS-24)を来週捨てちゃうよ、
持ってくなら今のうちだよ、まさか持ってかないとはいわねーよな」、
と脅して下見に来させたのであるが、なんと、「持ってく方向で検討します。」という。
こっちは半ばシャレで言っているのだが、奇特な男である。

このK川、歴代「健康」録音技師同様、かつて研究科を卒業した男で、並大抵でない機材オタクである。
機材オタクがメンテナンスエンジニアをやっているのだから、幸せだ。
しかも親は医者で、千葉の自宅にはヨットまであるらしい。
本人はたいした給料をもらっているとも思えないが、不思議とあくせくしたところがない。
「捨てる機材を拾いに来る奴」というと、なんか卑しい感じを想像する人もあろうが、
廃棄機材を物色する後ろ姿にも、そこはかとなく品の良さを醸し出してくれるから、
育ちのいい奴にはかなわない。

ところでアメリカでは、でかい家に住むミュージシャンやプロデューサーが、TS-24のような
20年近く前のヴィンテージ卓を「音が太くてよい」などと言って、自宅スタジオに設置、
ありがたがって使っているケースがしばしばあるが、さすがにこの卓、新しい=いいもの、
という価値観がまかり通りがちな日本のスタジオでは、まずお目にかからなくなった。

振り返ればこのTS-24、本格的なレコーディング用インラインコンソールとして、
私がはじめて回路やオペレーション方法を学んだ、大変お世話になった機材なのである。
現在の「健康」の活動も、私とこの卓との出会いがなかったら、実現していたかどうか分からない、
といったら言い過ぎだろうか。

しかし時代の流れとは残酷なものだ。
うちの学校では最近まで映像ミックス用MA卓として使用されていたこの卓も、
とにかくスペースを食うのと、世の中のデジタル化&ProTools全盛によるコンソールレス化
の波には逆らえず、あえなく廃棄処分とあいなったのである。

ありがとうTS-24.そしてさようなら、TS-24(涙)...となるはずであった。

しかーーーし。

K川の英断により、TS-24は千葉南部の潮風薫る豪邸に、新たな活躍の場を得ることになった。
本人は現在アパート暮らしだから、まさかアパートには設置すまい。
いや待てよ。あいつのことだから、TS-24の下で寝るつもりなのかもしれない。

(ぶ)
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:「健康」なことば
マキゾエ、神戸に仕事でやってきた。
さむい。関東方面も寒かったがこっちはさらに寒いぞ。
そういうわけでマンガ喫茶に入って暖をとっている。
神戸と来たらこの間空港までできちゃって、今日は違うけど
この間さっそく利用してみた。
できたてだけあって見物客がすごく多くて、特に屋上の展望台が
混んでいた。
この神戸空港、ご存知のようにポートアイランドの沖に浮かぶ海上空港で、
ターミナルビルの沖側に滑走路があるんだけど、
屋上展望台ではみんな、この滑走路側の金網にへばりつくようにして
1時間に1~2便程度の離着陸を心待ちにしているのだ。
よそものの僕は「ちょっとまてよ!」って思ったよ。
だってみんな、回れ右して陸側を見て御覧なさいよ。
六甲の山のすそ野に神戸の町並みが広がって、こっちの景色の方がずいぶんいいよ。
特に薄暮を迎えて、街にあかりがともってきたらもう、そりゃきれいだよ。
神戸に住んでる人だって、こんな海側から街を見ることなんてめったにないはずなのになあ。
この香港にも引けをとらないランドスケープより無理やり飛んでる感じのスカイマークの
ボーイング737の方がみたいなんて!



まあ、とにかく今日の神戸は寒くて。
眉間にしわがよって「くぉ~べ~」と前川清するわが健康のコータロ+Sの顔がよく似合いそう
であるよ。



きょうはまたずいぶん寒いが、羽化の季節になってきた。
蝶も羽化、蛾も羽化、ついでに街行く女性もコートのさなぎから
羽化である。
だいたい3月って男の方が羽化が遅い。女性の方が寒がりな人は多いのに、
季節を先取りするのはいつも女性である。



というわけできょうは2回目の登場「うなじ」から、つなぎ部分のこんな歌詞。




♪ うなじに心を奪われて



♪ さなぎの気持ちが わからない



♪ あんまりさなぎを なめるなよ



♪ うかうかしてると 羽化するぞ




関係ないけど、蝶の中には、あんまり寒いと飛べないので
日光浴してから飛ぶっていう種類があるっていう。
今日の神戸じゃ日光浴しようにも日も十分でてないし、
羽化しちゃった蝶も女性もちょっと失敗だったって感じかな。



(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:「健康」な機材
ついに私ブーランがこのコーナーにデビューする日が来た。

が、そもそも私の場合、みのりんがあきれ返るほど機材には無頓着である。
ギターはエレキとエレアコ各1本しか持っていないし、使っているエフェクターも大半が
四半世紀前のものだ。
かといって、「弘法筆を選ばず」という身の程知らずな暴言を吐くほど厚顔無恥でないつもりの
ワタクシである。とにかくひたすらめんどくさがりで、無頓着なんだから困ったものである。

ついでにいうと、私が乗っている車も既に満12歳の春を迎えている。
ちゃんと走るものを数年おきに買い換えたい、という欲求がまったくと言っていいほど湧いてこない。
洋服にしてもカミさんが呆れて「そろそろシャツ買いなさい」「スーツ買いなさい」と言い出すまで、
買いたい、買わなければいけない、という発想が湧かない。

思えば、昔観た「街の灯」というチャップリンの映画に感動し、「本質と虚飾」というテーマについて
考えさせられたのが影響しているのだろうか、「ブランドもの大好き」という人たちには、
失礼ながら共感というものを全く覚えることのできない私である。

またまた言い訳が長くなってしまった。

機材に対して無頓着である理由を、「生き方の問題」にすりかえてしまうあたり、
じゅうぶんに厚顔無恥なんじゃないか、と、呆れるのを通り越して我ながら実にすがすがしい。

tonelab-1


さて、そんなめんどくさがりの私に、ピッタリの機材を見つけて愛用しているので、
みなさんにもご紹介しよう。
ビートルズが使用していたギターアンプのメーカーとしてあまりにも有名なVOX社が
制作したアンプシミュレーター兼エフェクター、Tone Lab(無理やり訳すと「音質研究所」)である。

見よ、新鋭機材にしては、やたらとレトロな味わいに包まれたこのボディーを。
右上には、しっかり真空管が装填され、デジタル特有の音の硬さを、真空管ならではの
ナチュラルな歪み感でなじませてくれるのが嬉しい。

そして、何よりマニアの心をくすぐるのは、左下の二つのダイアル、すなわち、
「キャビネット選択ダイアル」と「アンプ選択ダイアル」である。
このダイアルでは、ビートルズが使ったVOX社製AC30をはじめ、Fender、Marshallなど
主要ギターアンプメーカーの製品を、キャビネット(スピーカー)とアンプそれぞれ別々に
選択し、組み合わせられるようになっている。

つまり、AC15TBのアンプで増幅した信号を、Fender Twin Reverbのスピーカーで鳴らす、
という、現実的にはありえないような組み合わせで音作りができるのだ。
私の場合は、オーソドックスにVOXのアンプとキャビネットを組み合わせているが、
往年の名機の姿を思い浮かべながら、カチャカチャとダイアルを換えてみるのは、なかなか
楽しいものである。

また、様々なパラメーターを組み合わせて自分が作った音は、バンクにその設定を覚えさせて
おけるので、スイッチひとつで瞬時に「モーハレ」「ウナジ」Modeに入れる。
めんどくさがりクンの私にはうってつけである。

しかーーーーーーーーーーし。
唯一、残念なことがある。

私がこのTone Labを衝動買いした渋谷KEY楽器には、私の所有しているタイプしかなかったので
知らなかったのだが、後日「六本木アビーロード」で、世界一のビートルズコピーバンドである
「パロッツ」のジョージ役、バンビーノの足元を見ると・・・・・・

tonelab-se


ガーーン!!!
なんと、フットペダルつきの豪華版Tone Labを使用しているではないか!
「なんだ、お前、ステージ上のAC30と、その前に立ってるマイクはダミーだったのかよ!」と
憤ったわけでは、無論ない。
どうせ、一万円かそこらの差額である。私もバンビーノの持ってる奴が欲しかったのだ。
だって、ライブのとき、ペダルがないと、音色切り替えられないじゃん。
「そっちの方がいいよー」とゴネてもあとの祭りであった。

かくなるうえは、ステージ上に裸足で上がり、右足親指でバンク切り替えボタンを押す技を
習得しなければなるまい。

「健康」ライブへの道のりは、果てしなく長く、そして険しい。(ぶ)
DATE: CATEGORY:「健康」なことば
ひょんなことがきっかけで、昔の記憶がフラッシュバックのように蘇ることがある。

数日前、新聞を流し読みしていると、「東海なにがし」という名前の方の記事が載っていた。
その記事の内容は、最近のことほどすぐ忘れる私ブーラン、すでにまったく覚えていないのだが、
「東海」の文字を見た瞬間に、私の脳裏には、高2のある日の放課後風景が、
鮮やかに蘇ったのである・・・・

その日私は、青高の事務室脇のベンチにクラスメート数人と腰掛け、外苑祭に出品する8mm映画の
企画を練っていた。その際、現在は「健康」のお祭り男として知られるKo太郎が、
自信に満ち溢れた口調でこう言ったのである。
「ほら、あのトウカイ・リンタロウみたいな感じでさあ・・・」

私のみならず、全員の頭上に?マークが浮かび、春の風に吹かれてユラユラと揺れた。
一瞬の静寂を経ての2秒後、われわれは完全に窒息した。
そしてその後の笑いすぎ酸欠&腹痛状態から抜け出すまでに、a good10分を要したのである。

賢明な皆さんはお気づきだろう。
その瞬間こそKo太郎が、モーニング着用での直立不動唱法であまりにも有名な昭和の大歌手、
東海林太郎大先生の名を、トウカイ・リンタロウと読み続けていた、という驚くべき事実を、
恥ずかしげもなく白日の下にさらした瞬間だったのである。

え?そう読むんじゃないんですかって?
きみきみ、若ぶっちゃいけないよ。知ってるくせに。
ね、ホントは知ってんだろ?「ショウジ・タロウ」って読むことぐらい。

このエピソードは、早速我々の映画「青春との遭遇」に、私の演ずる転校生の役名として
取り入れられた。
こうして書いてしまえば実に他愛ない出来事なのだが、私にとっては実に懐かしい思い出ではある。

そういえば、最近、「健康」のレコーディングがなかなか行えないせいか、
窒息スレスレまで笑うということがなくなっているような気がする。
これはいけない。腹筋が鍛えられないではないか。

しかーし、心配はご無用だ。
なにしろ月曜夜には、「近すぎて見えない」の再ミックスが控えている。
その前にバイオリンとピアノのオーディションテープ録音が入っているが、Vnの○カちゃんは
ぶっ飛びスーパーカー並みの天才(我ながらレトロな表現で素敵だ!)だからサクッと終わるだろう。
「健康」セッションさえ始まってしまえば、爆笑窒息モードに入ることなど、
私にとって、いともたやすい事である。


さて、最後となったが、晩年に至っても、分厚い老眼鏡をかけつつ
頑ななまでに直立不動唱法を貫きながら、その実直な歌いぶりに似合わぬ波乱の私生活を送った
という東海林太郎の生き様に、畏敬の念を込めて、この歌を捧げよう。


「近すぎて見えない」 Copyright (c) Kenko 2006

♪ 近すぎて見えない。
♪ ああ 愛が 青春が かすむ


私の青春時代の思い出は、霞むどころか、年齢を重ねるとともにますますその輝きを増しているが、
問題は5分前の記憶が、かなり不鮮明になりつつあることである。
「近すぎて見えない」のは、今や視力の問題だけでなく、記憶の問題でもある。(ぶ)


P.S.
ところでみなさんには、妙にはっきり覚えている昔の爆笑記憶があるだろうか?
是非とも、爆笑のおすそ分けをいただきたいものである。
あと、実は、私にはもうひとつ忘れられない大爆笑記憶があるのだが、これはあまりにも面白すぎて、
その面白さを余すところなく文章化する自信が持てないでいる。
いつかは書いてみたいと思っているが・・・

DATE: CATEGORY:「健康」なことば
週末です。マキゾエです。やっと、ちょっとのんびりブログできます。
すでにおにぎりによって答えをばらされてしまった「からだシリーズ7作目=ひらがな7文字」の
からだの場所。正解は「げじげじまゆげ」である。しかしオフィシャルにそれを記事にしていなかった!「からだシリーズ」はどの曲もとっても短い。後年作り直した「足」と引き延ばした「うなじ」以外は。そしてこの「げじげじまゆげ」も、短い。

♪ げじげじまゆげ
♪ げじげじまゆげ

♪ 帽子をかぶると ささる ささる

‥‥

Copyright (c) Kenko 2006

こんな調子で続く。よく考えたら、げじげじまゆげは「剛毛まゆげ」とは源が違うので、
げじげじまゆげだから帽子にささるってわけじゃないんだけど、
ニュアンスはわかってもらえたと思う。
疑問はさらにある。そもそも「げじげじまゆげ」というが、その状態のまゆげは
げじげじなんかよりずいぶん大きく、ちょっとピンと来ないビジュアル比較だ。
にもかかわらず、初めて「げじげじまゆげ」と聞いた人でも、
それがどういう形状を形容したかはたやすくわかるのだ。おそるべしげじげじまゆげ。

若い頃会社の独身寮で暮らしていたことがある。ここの風呂場は半地下になっていて、
中からみた天窓がそとからみると地面すれすれに見えるというから、
当然地中動物や地を這う動物にとってはパラダイスとして映る。
そのため、ケムシ・ヤモリ・ゲジゲジ・ムカデが壁の高いところにペタアン!と
貼りついているのをよく目にした。ああして地を這う動物が一同に会すると、
なんといってもムカデは就中圧巻だ。サイズ。色つや。動き。どれをとっても
キング・オブ・地上すれすれカテゴリー。
それにひきかえ「げじげじ」は大きくもなく、マイルドなグロさ加減。
ただ、げじげじが「むかで」よりも勝っているところは、なんと言っても
語感‥‥「げじげじ」でした。

ゲジゲジ。都会でも雨が降ってあがると登場します。でも七色でもなんでもない。
動きも鈍い。
DATE: CATEGORY:「健康」なことば
ラブソングをお作りになっては?とのコメントを2,3頂戴している。
こいつがなかなか難しい。

10代までは、この「恋愛」というテーマ、私自身にとっても小さからぬテーマだったような気が
するので、それこそ無理やりひねり出さなくても、自然に歌詞とメロディーが浮かんできた。
しかし、4回目の年男に向かって、加速度を増して驀進中の今となっては、主人公の年齢・性別は
もちろん、生い立ち・家族構成・経済環境等を想定したうえで、そんな彼、彼女に起こった
事件・出来事、そして場面や季節を考え、と、いわゆる5W1Hの基本を踏まえたシナリオ作法的な
工程を経ないと書けなくなってしまった。

悲しいことである。
なにしろ、ほかの「健康」連中もそうだと思うが、いまさら歌詞で主張したいことなどないのだ。
「このほとばしる想いを歌に乗せて届けたい!」とかそういうの全然ないのである。

じゃ、あなたには言いたい事がほんとにないんですか?とか聞かないでほしい。
そりゃあ、ありますよ、たくさん。
長嶋さんのことは「さん」付けで呼ぶか「ミスター」と呼べ!とか
喫茶店やレストランで絵画が曲がって懸かってたら許さん!とか
マンションの住民同士、廊下や商店街で会ったら挨拶しようぜ!とかもうたくさんあるのだ。

でも、そういう言いたいことを歌詞に乗せて歌っちまっては、音楽が「手段」になってしまう。
それは罰当たりだ。

こうやって、何の気兼ねもなく、いいたいこと言い合ってバンドやれるだけでこんなに幸せなのに、
さらに、いいたいことを歌詞に乗せて伝える、なんてことをしたら神様が許してくれるはずがない。

とはいえ、そうやって色々なシチュエーションを思い描きつつつつ、行為する、
いや恋する男や女の心情を歌にするのは、それはそれで楽しい作業である。
私ブーラン、ここ2年ほど、1年1曲だけながら、ウチの入学案内添付CD用にラブソングを書いたが、
演奏は「健康」メンバーにお願いし、リードボーカルは教え子の女子達にとらせた。
2曲のうち1曲は、マキゾエに曲を書いてもらって、そのメロディーメーカーとしての才能を
再認識できたし、ラブソングもいいものね、なんて思ったりした。

しかし、「健康」用にラブソングを書く、というと話は別である。
本気で書けないものを自分で歌ってしまっていいのか、と悩んでしまう。

なにしろ、最後の「健康」ラブソングが制作されたのは22,3年前のこと。
ラブソングを歌うことに何の葛藤も感じなかった20歳そこそこの頃の話である。
曲は「アスファルトの舗道を」というタイトルで、マキゾエの美しいメロディーに、失恋しても
男の面影を追い求める女の気持ちを乗せた曲だ。

♪ あなたのいない部屋に響く懐かしいメロディー
♪ そっと瞳ふせたらそこに 飲みかけのアールグレイ
♪ 窓に映す私の姿に 微笑み投げたら
♪ あふれ落ちる涙 止まらない 'cause now I know why you said goodbye to me

Copyright (c) Kenko 2006

まったく英語まで使っちまっていい気なモンである。
アールグレイなんて紅茶を、ガキのくせに知っていた自分がいまさらながら腹立たしい。
20年以上前の若気の至りですらこんなに恥ずかしいのに、またラブソングを書いてみようかな、
とかちょっとでも思っている自分の自己矛盾ぶりが怖くもある今日この頃である。(ぶ)


copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。