プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

02 | 2006/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」なことば
ラブソングをお作りになっては?とのコメントを2,3頂戴している。
こいつがなかなか難しい。

10代までは、この「恋愛」というテーマ、私自身にとっても小さからぬテーマだったような気が
するので、それこそ無理やりひねり出さなくても、自然に歌詞とメロディーが浮かんできた。
しかし、4回目の年男に向かって、加速度を増して驀進中の今となっては、主人公の年齢・性別は
もちろん、生い立ち・家族構成・経済環境等を想定したうえで、そんな彼、彼女に起こった
事件・出来事、そして場面や季節を考え、と、いわゆる5W1Hの基本を踏まえたシナリオ作法的な
工程を経ないと書けなくなってしまった。

悲しいことである。
なにしろ、ほかの「健康」連中もそうだと思うが、いまさら歌詞で主張したいことなどないのだ。
「このほとばしる想いを歌に乗せて届けたい!」とかそういうの全然ないのである。

じゃ、あなたには言いたい事がほんとにないんですか?とか聞かないでほしい。
そりゃあ、ありますよ、たくさん。
長嶋さんのことは「さん」付けで呼ぶか「ミスター」と呼べ!とか
喫茶店やレストランで絵画が曲がって懸かってたら許さん!とか
マンションの住民同士、廊下や商店街で会ったら挨拶しようぜ!とかもうたくさんあるのだ。

でも、そういう言いたいことを歌詞に乗せて歌っちまっては、音楽が「手段」になってしまう。
それは罰当たりだ。

こうやって、何の気兼ねもなく、いいたいこと言い合ってバンドやれるだけでこんなに幸せなのに、
さらに、いいたいことを歌詞に乗せて伝える、なんてことをしたら神様が許してくれるはずがない。

とはいえ、そうやって色々なシチュエーションを思い描きつつつつ、行為する、
いや恋する男や女の心情を歌にするのは、それはそれで楽しい作業である。
私ブーラン、ここ2年ほど、1年1曲だけながら、ウチの入学案内添付CD用にラブソングを書いたが、
演奏は「健康」メンバーにお願いし、リードボーカルは教え子の女子達にとらせた。
2曲のうち1曲は、マキゾエに曲を書いてもらって、そのメロディーメーカーとしての才能を
再認識できたし、ラブソングもいいものね、なんて思ったりした。

しかし、「健康」用にラブソングを書く、というと話は別である。
本気で書けないものを自分で歌ってしまっていいのか、と悩んでしまう。

なにしろ、最後の「健康」ラブソングが制作されたのは22,3年前のこと。
ラブソングを歌うことに何の葛藤も感じなかった20歳そこそこの頃の話である。
曲は「アスファルトの舗道を」というタイトルで、マキゾエの美しいメロディーに、失恋しても
男の面影を追い求める女の気持ちを乗せた曲だ。

♪ あなたのいない部屋に響く懐かしいメロディー
♪ そっと瞳ふせたらそこに 飲みかけのアールグレイ
♪ 窓に映す私の姿に 微笑み投げたら
♪ あふれ落ちる涙 止まらない 'cause now I know why you said goodbye to me

Copyright (c) Kenko 2006

まったく英語まで使っちまっていい気なモンである。
アールグレイなんて紅茶を、ガキのくせに知っていた自分がいまさらながら腹立たしい。
20年以上前の若気の至りですらこんなに恥ずかしいのに、またラブソングを書いてみようかな、
とかちょっとでも思っている自分の自己矛盾ぶりが怖くもある今日この頃である。(ぶ)

スポンサーサイト

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。