プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」なことば
桜の季節もあっという間に過ぎ去り‥‥なんて季節の挨拶は
川の下流に暮らす者の決めつけも甚だしい。

御殿場に行くがよい。

標高5~600メートルと、決して日本の中で高地とまではいいにくいこの
静岡東端の街は、いま桜の真っ盛りである。
御殿場にある「秩父宮記念公園」はこの週末が花見のクライマックス。
もともとことのほか長引いた東京での桜を見た後の私でも
まだ見られたのか!と感動ひとしおだった。

噂では、甲州・塩山あたりは桃が咲き乱れ、まさに文字通り桃源郷状態とか。
富士桜の見頃はまだまだとか。
日本の花からの祝福は、当分終わらないと言うわけだ。

あ、いけない、すっかりおとうさんな文章を書きつづってしまった。
この季節、花粉はありがたくないが、花はやっぱりよいよい。

さて、今回のテーマ曲。タイトルは「すみの江」という。
正確にいうと、曲ができたのは健康結成直前、その前身ともいうべき総勢9人の
「青山009」なるバンドの最初で最後のコンサートで初披露した曲。

メンバーの多くが成人式を迎える頃、タコボーの考えた、結果的には
健康史上、最小規模の短い歌詞を見て、「よし、この短い歌詞に
やたらと長い曲をつけよう」と、たったそれだけの理由で
なんと12分もの長い曲になってしまった。

12分といえば、1.7ミリのパスタでもアルデンテを通り越す時間であるから、
全く若い頃の僕らはアーリオーリオ得ない!である。
しかもこの歌詞が、なんともセレブレートなのがすごい。
短い歌詞のしかも一部をご紹介する。




この時に 身を任せよう


今はただ 待つだけだから


海を越え 東の空に


祝福が 燃え上がるのを



このころはプロフィールで紹介しているところの「第1期」にあたり、
頑張って恋愛がらみの作詞などしていた時期、だからして
この「祝福」を待つのは当然カップルであり、場所は海岸であるのだ。
すみの江っていうのは今で言う大阪市住之江区、昔は風光明媚な浜辺と
言われたあのすみの江、とはいえメンバー全員、当時大阪のオの字も
知らぬような状態で、百人一首の

「すみの江の 岸による波 よるさえや 夢のかよい路 人目よくらむ」

から、さぞきれいな砂浜だろうと勝手に想像して作ったという、なんだか真面目なんだか
いい加減なんだかわからない動機で作られたやに記憶する。
しかもこのマキゾエ、全パート譜を書いた!
まさにセレブレートものの努力作!シュクフク~!

(マキゾエ)

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:「健康」な機材
ts-24-bye


これから花見にでかけるブーランである。

なんと、なななんと、K川の奴、「やっぱりウチには入りませーん」と
いとしのTS-24の引取りをドタキャンしやがった。

その結果、悲しいかな、Soundcraft TS-24は廃棄処分と相成った。

写真は、産廃業者のトラックのテッペンに積み込まれた、TS-24の
変わり果てた姿である。
積み込み可能なように、モジュールが抜き取られているので、
写っているのはコンソールの枠組みだけだ。

本当にお世話になりました。
今の私があるのも、キミのおかげが結構あると感謝してるよ。

ありがとうTS-24。

さようならTS-24。(ぶ)
DATE: CATEGORY:「健康」な機材
lespaul


ブーランなのね。

私のメインギターというかエレキはこれっかないんだが、
ナチュラルウッドのレスポールカスタムである。
たしか高2のときから使っているので、1977年か76年製と思われる。

50年代から60年代初頭に活躍した名ギタリストの名がついたこのギターは、
見た目では分からないが、とにかく重い。
いつものように適当に言っちゃうと、通常のレスポール・スタンダードより、
2キロ近く重いのではないか。
ストラップで立位奏法を続けるのがつらいだけでなく、座って弾いていても、
膝にのしかかる重みが並大抵ではない。

しかし、密度の高い堅い木を使っているだけあって、芯のある太い音が出る。
「健康」のレコーディングでも、Morning Halationのカッティング以外のエレキパートはすべて
この1本で通している。(つうか、これ1本しかないんだった。)

このギター、実は長年、弟に貸しっぱなしになっていた。
弟はレコード会社にいるので、このレスポールをもっぱら、
自分の担当するミュージシャンのレコーディングやツアーに使用していたのだ。
有名なところでは、TULIPやLOVE PSYCHEDELICOのレコーディングで使用されている。

特に後者では、アメリカツアーのメインギターとして活躍したらしい。
主人の私がさび付いている間に、レスポールくんだけはしっかり武者修行を積んでいたのである。
感心なことだ。

楽器に負けないように頑張りたいのだが、もうずーーーっとレスポールくんに触っていない。
ごめんね、レスポールくん。(ぶ)

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。