プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
どうしても、一個だけ追加で思い出したので
これを。



これも、ひらがなで書かなければよかったんだけど、まじめなまじめな
文章の中で「口火を切る」を





ちくびを切る




みなさん、漢字をつかいましょう。



(マキゾエ)
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:ことばアソビ
はい調子にのってマキゾエ、「ことバーター」第2弾ね。
ひと文字入れ替えたらあら大変!‥‥で、今回のは
文章編。

その1。ある人が、「あなたもにっこり!」を見間違えたらさあ大変!


「あなたにもっこり!」


その2。とあるマンガで実際にあった誤植。このマンガ、全くの2枚目少女マンガで
下ねたはおろかギャグすらほぼ入る余地のない作品。
「ベルサイユのばら」ばりのいい男2人の会話で、しょげた顔をしたひとりに
別の男が「おちこんでるのか?」と聞かれて、こう答えていた。


自分でも信じられないぐらい、
おちんこでるんだ



‥‥男たちはどこまでも真顔である。

はい。週末でもあり、今宵はこれまでにしとうございまする。

(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:歌詞にしたいよしなし事
ブーランである。

オレときたら、最近なかなか一発で家を出られない。
必ずといっていいほど、何かを忘れている。

たいていは携帯か鍵だが、財布もしばしば忘れる。ひどいときはネクタイを忘れる。

エレベーターに乗ってから気づくのはまだいい。
最近、車通勤なオレが、渋滞の環八に出てから気づく。
車を乗り捨てて、ダッシュで帰宅だ。

家族も慣れたもので、揃って「お帰りー」と迎えてくれるが、
最近は「ただいまー」と返すのもマンネリすぎて言う気がしないほどだ。

もっと深刻なのは、「自分が何をしているのか忘れる」という例の奴だ。
コレは特に仕事中に多い。
などというと、カミさんが「えっ!?仕事のほうが多いってことは、うち以上なの?」
と心配しそうだが、事実なのだから仕方ない。

オレ的にはしごく真剣に、何か目的を持ってその仕事をしているのだが、
それをやっている最中に、いろんなことを話しかけられ、それに答えたり、
新しい仕事が複数加わると、もうだめだ。

何をやっていたのか、何をやっているのか、何のためにやっているのか、一瞬わからなくなる。

「目的」といえば、どこかの部屋に、真剣にダッシュして行き、
着いてはみたものの、何のためにあれ程真剣にここへ向かって来たのか、
いくら考えても思い出せない。

仕方ないので、職場のスタッフに、「オレは何してたんだっけ?何でここに来たんだ?」
ときいてみる。みんな慣れたもので、
「もう一度席からドバッと立ち上がるところからやってみてはどうですか?」
などとニヤついている。

みんなはどうなんだろうか?
このブログの読者には、オレたちと同年代の人も多いと思うが、
オレのようなもの忘れには襲われていないのだろうか。

みんながどんな「もの忘れ」でカマシテいるのか、ぜひ聞いてみたい。

で、みんなの具体的な「もの忘れ」を羅列することで、歌詞にならんかな。(ぶ)

↓↓↓

なんて以前の記事がきっかけで、曲ができました。
「ケン坊SHOW!」、CDにも入ってますので聴いてください!

DATE: CATEGORY:ことばアソビ
さて、「健康」マキゾエ、勝手に新コーナーを立ち上げた。
このコーナーはどこまでくだらなさをさらけ出せるか、というコーナーにしてみる。

では第1発目、ことバーター

一文字取り替えたらあら大変!のことば集。

某有名女優の結婚相手が「伊知地さん」という人で、
僕の身近に「伊地知くん」という人がいたので、
よく彼は「イチジ違い」とからかわれてたが、
まあ、そういうことである。

では、ことバーター、その1。イチジ違いであら大変、の商品特集!



ウコンの力


全国共通おこめ券




‥‥なにが問題か。「ウコン」の場合、カタカナで書いたこと、「おこめ」の場合、
ひらがなで書いたことだろう。しかも「ウコン」の場合、後に
「力」という言葉を補った。やってはいけないことをしてしまった。
おんなじような商品でも、フツーは
フランス語で書かれているためにやり玉にあげられない名前もある。
しかもそれがワインであるがためにお咎めなしなのだ。ずるい。


マコン・ヴィラージュ


はい。きょうはこの辺にしときます。
DATE: CATEGORY:どうオモウ?
Shinbashi


新橋といえば鉄道発祥の地である。
新しくなった汐留エリアの一角に「鉄道発祥の地」みたいな
記念碑もあったりする。

むかし鉄道開設当時の忘れ物で案外多かったのが「靴」だと聞いて
面白いので絵を描いてみた。

このように、客車に乗るところで
玄関よろしくきれいに揃えて置いてあったそうである(きっと)。

中には、この絵とは逆向きに、かかとを車両側にして
つまりとってもきちんと置いてあるのもあって、
それはつまり、彼らは横浜までいって、車両から降りずに
ふたたび新橋まで帰ってきたってことなのか、
それとも横浜用の靴や草履が予め用意してあったのか(なんでや)、
みなさん、どう思います?

今の新橋駅のホームにこんなふうに靴を揃えておいたりしたら
まあ‥‥たいがいはみんな、違うことを想像するんでしょね‥‥
夢のない時代です。

(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:歌詞にしたいよしなし事
ブーランだ。
どうもメンバーみんな忙しいみたいで、このブログもやや活気に乏しい。

肝心のレコーディングもなかなかみんなの日程が合わず、
次回は11月24日と、前回から2ヶ月もあいてしまった。

次回のレコーディングでは、このブログで皆さんからご意見を頂戴した
「もの忘れ」をテーマにした曲を録音する。
これができれば、「メタボリ」「老眼」「もの忘れ」の老人化現象3部作が
完成するわけだ。

めでたい。(のか?)


ところで今朝、ふと、なんの脈絡もなく、「マジソンバッグ」という言葉が脳裏に浮かんだ。
これも神のお告げかと思い、ネットで調べるとちゃんと新品の写真が載っている。
http://www.bag.or.jp/EXPO/KABAN/madison1.html
持ってる奴はいまだに持ってるんだなあ、と感心した。

私も何を隠そう、このマジソンバッグ、中学生のときに愛用していた。
ちょっと突っ張った女子たち(主審には何人かの顔が浮かぶことだろう)が、
このバッグをペッタンコにつぶしていたのがえらくカッコよく見えた。
そこで私も真似してつぶしてみたものの、
「オレはそういうキャラクターではないな」ということで、
つぶれすぎないよう加減。
その結果、非常に中途半端な膨らみ具合になったのを覚えている。

思えば、ツッパリ系女子たちが、
学校に持ってくる教科書や文房具を厳しく選別し、その分量を極限まで絞り込むのはもちろん、
針金やたこ糸を用いた加工処理の手間をもいとわず、
学生カバン&マジソンバッグの薄型化に真摯に取り組んでいたのに対し、
私は「マジソンバッグ」をファッション・アイテムと割り切ることすらできなかった。

つぶれた薄型バッグのカッコよさに憧れつつも、私は、
「マジソンバッグ」にカバンとしての機能を全うすることを強いた。

その結果、私のマジソンバッグは、個性に乏しい中肉中背となったわけだが、
きっと私の「マジソンバッグ」も内心は、
「で、アンタ、オレにどうしろって言いたいのよ?
アンタの指示があいまいだと、オレどう動いていいか分かんないんスけど!」
と憤っていたことだろう・・・・


しかしなんですなあ。
「マジソンバッグ」というタイトルの曲じゃあ、
青春回顧的なまじめで普通のいい歌になってしまうかな・・・。
やだなそんなの。

やっぱやめるか。(ぶ)

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。