プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑文
ランダムで掘り当てたtiggogawa66さんのブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/tiggogawa66)には、
私の愛する、「昭和の名画」に関する記事が満載で、私ブーラン、少しずつ読み進めさせていただいている。

その中に、「男はつらいよ」に関する記述もいくつかあり、ふと渥美清さんのことを思い出した。


私ブーランは、小4から高2まで、代官山駅前のT急アネックス(別館)というアパートに
住んでいた。
「代官山駅前に住んでいた」というと、なんか凄いおぼっちゃまみたいだが、
当時は「代官山に住んでいます」というと、

ああ、電車のドアが開かない駅ね

というリアクションが必ず帰ってきたものである。
そう、ホームが短くて、トンネル内に残ってしまった車両のドアが開かないために、
降りそこなう客が続出する、
「渋谷と中目黒の間の住宅以外何もない駅」
というのが、1970年代中ごろまでの代官山の位置づけだったのである。


さて渥美さんである。寅さんこと、渥美清さんは、私とおなじT急アパートの本館に住んでいた。

映画の中でこそ腹巻きのテキヤ姿だが、普段の渥美さんは、
純白のスーツを颯爽と着こなし、頭上にもしばしば白い帽子をかぶる伊達男ぶり!
であったと聞くと驚く人も少なくないのではないか。

新聞をとっていない渥美さんは、毎日、代官山駅キオスクのオバチャン(懐かしいなあ)のところまで、
トコトコでかけていって、世間話をちょっとしてから新聞を買うのだが、
そのときの恰好がまた常にスーツである。
本当は、めちゃくちゃダンディーな人なのだ。

寅さんが当たって、すでに大スターだった渥美さんを、私ブーラン、ポカンと眺めるばかりだったが、
この人、ホントに優しい。

当時小学生だった私に、しばしば声をかけてくれた。

「おお、坊や、キャッチボールかい?」
「おお、きょうは壁当てか?」
あるいは無言で頭をピョロっと撫でてくれたり、
通りすがりにヒョコっと手を振ってくれたりしたこともあった。

いつだったか、私が夕暮れ時に帰ったら家に誰もいなくて、部屋を閉め出された形になり、
どうしていいかわからず、本館の管理室に助けを求めに行くと、
ちょうど渥美さんが帰宅し、

「おお、坊や、どうしたの?大丈夫か?」と声をかけてくれたこともあった。

当時私は10歳だったと思うが、こういうときの子供は、それはそれは心細いものだ。
渥美さんの優しさが心に浸みわたって、なんだかわからず「大丈夫です。」と答えたのを
昨日のことに様に覚えている。


だから、私も、このときの渥美さんに習って、子どもがひとりで途方に暮れているときは、
必ず声をかけることにしている。
ただ、こちとら、ただの変なおっさんにしか見えないので、不審者と思われないように
気をつけながらではあるが…。

ということで、今日はちょっとおセンチなブーランでした。(ぶ)
DATE: CATEGORY:歌詞にしたいよしなし事
高級レストランは別として、ファミレスクラスのレストランなら
だいたいテーブルの上になんらか調味料がのってるものだ。
しかしこの、テーブル調味料として何を置くかがあまりにも店によって違うので
それはそれは困るのである。

シオ、コショウは和洋を問わずまあ、あって困らない。
しょうゆはそういう意味からすると早くも一般性が不十分なわけだ。
そば屋なら当然、一味、七味の唐辛子ペアだ。
ふたつ置いてある店もあるが、親たちが子供たちに
「ねえ、一味と七味ってどう違うの?」って聞かれて
七味は七つの味をミックス、なんてわかったような口を聞くと
「七味ってとうがらしの他になにが入ってるの?」
なんて質問をあまりにもオーディナリーに聞かれたりするので
時にありがた迷惑とも言える。

問題は「ソース」だ。
僕は、ソースをどうしても置かなければいけないとは思わない。

まず第一に、しょう油と見た目の差がなさすぎる。
鯛の刺身に間違えてソースを使ってしまった時の悲しさを
想像してごらんよ!!
そしてもう一つの理由。ソースは使われる範疇が実は、
せまい。

揚げ物系、焼きそば系、そんなもんだ。
しょう油の広さを考えるとならべて立つのもおこがましい!!
なんて真顔で怒るようなことじゃないぞワタクシマキゾエ!!

そういうわけで本日のお題はこういうことです。


お題


ソースはレストランや食堂のテーブル調味料として置かれるベキ?いらないベキ?




(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:どうオモウ?
しょうもない話といえばワタクシ、マキゾエである。

ワタクシごとではあるが、ていうかいつもワタクシごとなんだが、
ワタクシの携帯のアドレス帳がいよいよ満杯寸前である。

古くて電池もたなくてiアプリとかも使えなくて写真もダメダメ、
唯一の取り柄といえば、ちょっと他よりもアドレス帳の容量が
大きくて、700件までは入ることだったのに、
いよいよそれもメリットとは呼べなくなる時が来た。

しかし、ふと振り返って考えるに
携帯なんてしょぼくても500件ぐらいは覚えられるのにもかかわらず、

それより遥かに大きな、家の有線電話はせいぜい100件しか
覚えられないのはどういうわけなんだ??

どういうわけなんだ??
大きい方がいっぱい覚えられるはず、なんて考えるのは
ワタクシが文系だからか?

と、しょーもないことに疑問を感じているうちに
今夜もふけていく、私も老けていく。


(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:雑文
otamajakushi


今朝も、家族ネタでつなぐブーランである。
朝食を採っていると、小1の娘Aが叫んだ。

お茶にオタマジャクシが入ってるんだって!!!


なんのこたあねえ。
素人起用で(私の中では)話題の人材派遣会社「クリエイト」のCMで、
「お茶に茶柱が立ってる」とか言ったのを聞き違えたらしい。

すかさずオレが、

そのオタマジャクシ、誰にも言わずに飲み干すと、いいことあるんだよ。

と教えてあげたのは言うまでもない。
Aったら、可愛いんだから、もう。(ぶ)


<マキゾエ画伯のイラスト希望>

↑↑↑

こんなんでどうでしょかね? (マキゾエ)
DATE: CATEGORY:歌詞にしたいよしなし事
WideTV


あんまりいいたくないのだが、このマキゾエの家のテレビは、古い。
液晶でもプラズマでもない。血デジでもない。
「うす型」なのは髪の毛だけだ。ほっとけ。

で、時折ホテルに泊まったりするとふつうにうす型の16:9のテレビに
出会う。そしてそのたび思うのだが‥‥



お題


普通のアナログ放送を見るのに「ワイド状態」のまま見るベキ?標準なベキ?



たとえば挿絵は昨夜の巨人横浜戦の抜粋だが、顔が横長に見えるのは気にならないのか?

どうでしょう?

(マキゾエ)
DATE: CATEGORY:雑文
ブーランである。
息子Jが中学生となった我が家。
素敵なことに、カミさんが毎朝お弁当を作ってくれる。
まるで新婚の頃みたいだ♥

しかし・・・・
今週は息子の期末試験週間。
学校が昼までだから、当然、息子の弁当は不要だ。

ということで当然きょうは、
オレの弁当もない。



まあ、カミさんの息子に対する深い愛情を示すエピソードとも言えるので、
私ブーラン、息子もいる前で、一応カミさんに言ってみた。



「やっぱりオレのはオマケってことだよね。」



いつもそうだが、それに対して笑いながら打ち返してくるカミさんの反論が論理的でグーの音も出ない。


あなたが家を出るのはJより30分早いのよ。
それに間に合うように作ってるんだから、オマケなわけないでしょ?



おお、たしかに!
そうかそうかオマケじゃなかったんだよかったよかったタンタ・グラッチェありがとう。(ぶ)
DATE: CATEGORY:歌詞にしたいよしなし事
しかしあれだな、外来語誕生までのプロセスというのはほんと、
おそらくうれしくなるほどいい加減だろうと思われる。

きょうは「音引きの根拠」を探ってみようではないか!

英語なら[ei]と発音される言葉のカタカナ語。
これは得てして「エイ」とならずに「エー」と表記されることが多い。
前述の「メール」もそうだし、

「レール」
「ケーキ」
「セーブ」


これらを「レイル」「ケイク」「セイブ」などと発音に忠実に綴ると
いまや、むしろ違和感。
しかし面白いのはここからで、これにも根拠のない「例外」があるのだ、日本語には。

「メイク」
「フェイス」
「テイク・ワン」
「カー・チェイス」


強いて根拠を見つけるとすれば、なんとなくかっこ良くいいたい言葉は
「エイ」と綴る、ということか。

なんか根拠はあるのだろうか‥‥


(マキゾエ)

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。