プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
jacket25%

日本最大級のインディーズ音楽配信&コミュニティーサイト muzieの、muzieショップでも、「健康」のデビューアルバムがお求めいただけるようになりました。

まだお求めでない方の「ポチッ」をお待ちしています。
どうぞよろしくお願いします!

なお、CD「健康」は、キーマミュージックの通販サイト
または、diskUNION店頭及び通販サイトでもお求めいただけます。

(キーマン吉宗)
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
年末にスタートしたこの企画も、6.「うなじ」で息切れ、
このまま終了かとの憶測も流れたが、
3週間以上ぶりに復活だ。

この曲は、なにせ「第1期 恥知らずポップバンド時代」
の曲だからして、全然ふざけていないのである。

それと、この曲のみ、Ko太郎がお休み。
コーラスやギターで参加してもらおうと思ったが、
私ブーランが録音技師の学生たちと、
仕事の合間にチマチマ入れた奴で「いいや」
ってことになってしまった。

あと、これも言っときたいんだ。

この曲のドラム、ベース、ピアノは、全部同時に、
それぞれのマイクに音がかぶりまくる状態で録った。
したがって、誰か間違えると最初からやり直し、
というマキゾエにはなかなか辛いシチュエーション♥

これは、わが音響芸術専門学校の講師で、
ジャズ録音の大御所、及川公生先生のレコーディングスタイルを
踏襲させていただいてみたのである。
巨匠同様の音、というわけにはいかないが、
バラバラに録るのとは違う、一体感が出ていると思うぞ。

曲は、いわゆる「ラブバラード」に分類されちゃうのかもしれないが、
この当時よりさすがに「好き」とか「愛してる」とかって歌詞は、
日本男児としてあり得なかったので、これは別れの曲である。
それも男の立場で書くと恥ずかしいから、
女の立場で書いた別れの曲。(屈折…)

たしかマキゾエが作った曲に、オレが歌詞を書いて
いきなり練習で歌ったんだったと思う。
26年前くらいの話です、はい(苦笑)。(ぶ)


7.「アスファルトの舗道を」

ブーラン:リードボーカル、歪みギター×2、アコースティックギター、コーラス全パート

マキゾエ:ピアノ、シンセもろもろ

みのりん:ベース

Tacovo:ドラムス、ウィンドチャイム


DATE: CATEGORY:メンバーの日記
昨日の私ブーラン、14日のライブ以来、初の休日を堪能した。
まずは、娘が所属するガールスカウトの新春餅つき大会に参加、
息子と一緒に生まれて初めて、本格的な餅つきを体験した。
そしてつき上がった大量の餅を、雑煮で一杯、
続いて、大根おろし・納豆・黒ゴマ・きなこに加え、
これまた生涯初めて、「生姜醤油」でいただいた。

mochi


ねえ、みんな、生姜醤油にからめて餅食ったことある?
いやあ、うめえのなんのって!
これからはオレ、これに決めた!


続いて夜は、秋田の親せきが毎年送ってくれる
極上「きりたんぽ」だってんだから驚きだ!

kiritanpo


以前、都内や近県で食った時には特にうまいとも思わなかったが、
秋田の味自慢料亭や専門店に発注して送ってもらう
きりたんぽを食って驚いた。

もう、バカウマ!

コク満点の比内地鶏とそのこってりダシが
セリやゴボウのシャキシャキ感と奏でるアンサンブルを
崩れかかったきりたんぽがつなぐ。

その前の晩はやけにネタが充実した手巻き寿司が出たし、
なんか我が家の食卓はここんとこ、思いっきり日本なのである。
そのおかげで体重ちょっぴり象、いや増なんである。(ぶ)
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。

何と私ブーラン、ピョンヤンの語学学校に入学した。
学校へ行くために、宿泊先のホテルから一歩外に出ると、
さすがにスウェットシャツでは寒いことが判明。

ホテル前が阪神西宮駅前に酷似していることをいぶかりつつも、
部屋に引き返そうとエレベーターで宿泊階へ戻ると、
エレベーター前に5歳くらいの男の子が立っている。

「○×▽■・・・」

何言ってるか分らないんだが、
「飴をください。」と言っているような気がして、
ポケットをまさぐると、大きめののど飴が二個出てきた。

ふと顔を上げると、いつの間にか男の子がもう一人と、
品のいい、二人のお母さんと思しき朝鮮女性が立っている。

「○×▽■・・・」

女性の言う意味が分からず困っていると、その女性、
流ちょうな日本語で、

「この飴は子供が食べても大丈夫な飴ですか?」と訊く。
結構失礼なこと訊いてくれるじゃないの、と一瞬思ったが、
うん、でも心配だよな、と納得。
なにせ見ず知らずの外人からもらう飴だもんな。

で、相手が日本語分かるんだから、
オレも日本語で答えればいいものを、
自分の喉を指さしながら、
「ハッカ味ののど飴だから辛いけどたぶん大丈夫」ということを
必死にジェスチャー混じりの英語で伝えている。

子供に飴を渡して「カムサムニダ」と、
可愛い声で言われたところで・・・


目覚まし時計が鳴った。


夢とはいえ、わけわからん??????
誰かこの夢の意味を教えてくださいよ、もう。(ぶ)



DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。
昨夜、久々の夫婦水入らずで、ライブを聴きに行った。

本当は私ブーラン、子供たちとお留守番のはずであったが、
当日のベーシストが日野テルマサ氏の息子、賢二氏、
そしてドラムがPONTAさんだと聞いて、
「いくいく、オレも行く!」と無理やりチケットを追加してもらったのである。

ヒノケンのベースは何年か前に、日比谷野音で偶然、
あのジミヘンの「Purple Haze」をブリブリに弾いているのを聴いて、
15mほどブッ飛んだ経験があり、狭いライブハウスでそのプレイを
目の当たりにしたい、と思ったのだ。


いやあ、行ってよかったあ。

楽しかったぁ。

楽しすぎて涙が出てきてしまった。


確かにヒノケンはGreatだった。メチャクチャうまい。
しかし、「健康」には、みのりんがいるので、
ヒノケンのプレイ自体には正直言ってそんなに仰天しなかった。

仰天したのは、失礼ながらたいしてギターうまくないと思っていた桑名さんの
ストラトでのソロだ。
テクニック的に凄いことは特にやっていないのだが、
音色と言い、音の張り出し感といい、なんといってもその演奏の味、
存在感・・・。これは真似できましぇん…て感じだ。
ギター自体は当然、原田喧太氏の方がはるかにうまいわけだが、
どっちが凄いか、という印象では完全に桑名さんの勝ちである。

アルディメオラとクラプトンでどっちがうまいか、と言えば
アルディメオラだが、アルディメオラは下手するとマルデダメオラなわけである。

おっと、誤解しないでくれたまへ、
原田喧太氏はマルデダメオラではありません。良かったのよ、彼も。
でも彼は、ギターよりもボーカルがさらに良かった。
桑名さんはボーカルよりギターが良かった。
巴里のルイヴィトンはバッグより電話ボックスがいいらしい。
(ゴダール「勝手にしやがれ」より)
おかしなもんですな。


さて、実は私ブーランが何より仰天しまくったのは、ほかでもない、
後半ステージの1曲目でゲスト出演した11歳の天才ドラマー「リク」くんだ。

PONTAさんの代りに叩くってだけでもありえないんだが、
さすがに150cm位の痩せた小学生の演奏だから音は軽いものの、
その演奏はホントにマジ、ありえねえ!

バンド的には明らかにリハ1回って感じのライブだから、
ラフな構成しか決まっていないにも関わらず、
オレが絶対にこのライブでは聴けないと思っていた「Purple Haze」を
ソロの受渡しや押し引きもわきまえて、ちゃんと音楽でコミュニケートしながらぶっ叩いてくれちゃってるのだ。

リクくんはアンコールでも出てきて、Beatlesの「Come Together」を
大幅にアレンジしたっていうより、その場その場のノリでどんどん曲の様相が変わっていくジャジーでブルージーな「Come Together」を、
大ベテラン、超テクニシャン達と同等に渡り合いながら、
しかもPONTAさんを「フロアタム専門担当」に従えつつ
20分近くにわたりぶっ叩きとおしたのである。
最初の方こそ、フロアタムを親の敵のように叩きまくっていたPONTAさんも、
後半は単なる付き人状態で、リクくんの脇でニコニコ突っ立っていた。
怒涛の盛り上がりで「Come Together」は終了。

それとともに、ブルースアレーが興奮のるつぼと化したのは言うまでもない。

まあ、一番興奮していたのはオレと、オレの後方で同じく叫んでいた
ピンキー(今陽子)さんかもしれない。

終演後、ご両親に伴われ、
わがカミさんと談笑する桑名さんのもとへ挨拶にきたリクくんは、
その演奏とは対照的に、実に普通の小学生。
もちろん、桑名オジサンとの会話など成立しない。
それでも、ステージ上ではあんなに親密に
会話が成立しちゃうんだもんな。

音楽って素晴らしいぜ!


とにかく、楽しく、幸せな夜だった。
リクくんのこれからが実に実に実に楽しみである。(ぶ)




DATE: CATEGORY:ライブ報告
KanbanTacovoでございます。

さてさて、Liveから2夜明けましたが、当夜のHotな様子をお伝えする写真たちをアップしたいと思います。

まずは入り口の看板。1F入り口と、B1のライブ会場入り口に出てました。同名のバンドと一緒にやると、いろいろとややこしいってことがよくわかりましたが、我々の方は「健康」(かぎカッコつき)ですのでね。お間違えなきよう。
Entrance
Open時間4時半を過ぎると、お客様が次々とお見えになりました。会場の写真がありませんが、前に4列ほどの椅子席、うしろは立見で入っていただいて、100名近いお客様で、小さな箱は満員の盛況でした。ありがとうございました。Live01

さて、タバスコブラさん、健康さん、つるつるバンドさんに続いて、ほぼタイムテーブルどおり、7時15分ごろ、「健康」のステージがスタート。まず最初の曲は年明け1発目にふさわしく"正月早々めでたいな"。

Live02Live開始以降の写真はうちの娘が撮ってくれたんですが、ステージに向かって前列右端にいたので、アングルが固定されてしまい、左にいたみのりんは、ほとんど写ってませんでした。申し訳ない。

ただ、彼女が一生懸命、Live03Live写真には最も写りにくい宿命のドラマーである父親の姿を狙って、暗い中Flashなしでブレを抑えながらTry&Errorを繰り返してくれたおかげで、こんな珍しい、バックミュージシャンの3ショット(実は背後霊のようにぼくも写ってマス)が撮れました。
Toshiotoko1_Live04
Liveの方は、「近すぎて見えない」などの大人ナンバー、「うなじ」などの体シリーズと、ノリのよい曲を続けた後、前回は短時間Liveのためできなかったバラード、"アスファルトの舗道を"と、続いて"ぼくは年男"。

このバックライトも神々しい十字架ポーズは、Toshiotoko2_Live05我々が25年前からやっている"ぼくは年男"イントロでのパフォーマンスです。そして、今年本当に年男のKo太郎が、客席から登場、ハンドマイクで熱唱だ!

"年男"が終わると、残りは3曲、まずは"ケン坊Show!"。ここではなんと、CDのレコーディングの時「だいじょうぶ!」とNacchan_Live06元気な声で参加してくれたKo太郎の実の娘、なっちゃんが登場!人見知りさんだと聞いていたんだけど、堂々のパフォーマンスを見せてくれました(写真は少し顔をぼかしています。ご了承ください)。

そして"たいへんだ!~賞味期限改ざんバージョン~"に続いてラストは"手"。Live07今回の"手"は、メンバー紹介バージョンで、「み~は みのりんの み~だぜ~」と各人を紹介した後、各自4小節のソロを回していくという趣向。この紹介順が覚えられない"ケン坊"メンバーたちは、順番に頭文字をとった「み・ま・しゅ・あ・こ・ぶ・た」と言う呪文を、何度も何度も唱えましたとさ。

AB_Live08最後の3枚の写真は、このメンバー紹介の時のもの。ところがABちゃんのソロはなんと音が出ず。マキゾエが彼のキーボードの電源を踏んづけて切ってしまったためらしい。なんてかわいそうなんだ。あんまりかわいそうなんで、この時の彼の珍しいワンショットが撮れたのを載せておきます。Kotaro_Live09

そして、「音頭を唄わせたらこの男の右に出るものはいない」と言われたKo太郎のパフォーマンスは"東京音頭"。和太鼓に模したフロアタムの響きに、全員で手拍子だ。

ぼくのソロは、Tcv_Live10かなりテクニック的には苦しくはありましたが、娘が撮ってくれた、これがこの日のベストショットでしょう。娘よ、よく粘った。ありがとね。

最後はアンコールに、レコーディングを手伝ってくれた音響芸術専門学校の若きエンジニアたちに感謝の気持ちをこめて、"I Love Music"という、「健康」が録音のお手伝いをした同校のテーマ曲をやらせていただきました。

そして終了はたぶん8時25分ごろ。ふぅ。お疲れ様でした。
今回来れなかった皆さん、これ読んで、観てみたくなったでしょ??
次回3月30日はぜひ来てくださいね~。

DATE: CATEGORY:ライブ報告
ブーランです。
昨夜(1月14日)は、多数のお客様にご来場いただき、
誠にありがとうございました。

お陰さまで、温かい雰囲気の中、
我々「健康」メンバー一同、楽しく演奏することができました。

お客様、おひとりおひとりに大感謝です!
また、共演のタバスコブラ健康(「」なしの方ね)、つるつるバンド
のみなさんもありがとう!また機会があったらぜひ一緒にやりましょう!

詳報は追って時間のあるときにさせていただきますが、
とりあえず、昨夜のセットリストのみご報告します。(ぶ)


1. 正月早々めでたいな
2. ベジタリアンの煩悩
3. 近すぎて見えない
4. U・KA・TSU
5. うなじ
6. 足
7. アスファルトの舗道を
8. 僕は年男
9. ケン坊SHOW!
10.たいへんだ!
11.手(メンバー紹介バージョン)
アンコール. I Love Music






DATE: CATEGORY:ライブ出演情報
1月14日のライブの出演者や時間の詳細が決定しましたのでお知らせします。また、チケットのご予約受け付けも、本日より開始させていただきます。

<イベント名>
正月早々めでたいな~「健康」なライブ

<場所>
新宿ライブフリーク
東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿ビルB1F
Tel  03-3351-7542
(新宿2丁目牛丼屋「らんぷ亭」の地下。新宿PitInnと同フロア)

<日時>
1月14日(月・成人の日) 16:30開場 17:00開演 20:30頃終演予定

<出演バンドと出演予定時間>
17:00 タバスコブラ(若さあふれる爆音ロック!)

17:40 健康(バンド名なんていくらでもあるのに、よりによって「健康」と同じバンド名を選んでしまった奇特な若人3人組。これも何かのご縁ということでお招きしました。今回はDUOでの出演です。)

18:20 つるつるバンド(ネーミングに「健康」と同じ香りを感じさせてくれますね。川崎を本拠地としつつ、ストレートなロックをオリジナルで聴かせてくれるバンドです。)

19:15 「健康」
(今回はたっぷり1時間以上のライブをお届けします!)

<チケット>
前売り・予約 2000円  当日 2500円

チケットの予約をご希望の方は、以下のメールアドレスへお名前(本名でなくても構いません)、人数と「1月14日チケット希望」の旨をお書きになって、1月13日(日)までにお送りください。入り口でお名前をお伝えいただけば、前売り料金にてご入場できるよう手配させていただきます。

【ご予約】 
info@qeemamusic.com

(キーマン吉宗)
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
新春第1曲目は「正月早々めでたいな」ってことにしたかったが、若干のペースダウンにより、結局、ある意味さらに正月向けの能天気ナンバー、「うなじ」ってことになった。

さて、この曲、みのりんのブログにもあるように、アルバム収録曲中、もっともタフなメカトラブルに見舞われた曲である。これはもう、「アルバムに入れちゃダメ!」という御託宣が下ったかと思ったが、気がついたらアルバムのど真ん中に居座っていてメンバー一同驚いた。

歌詞に意味らしい意味はないわけだが、実はそれこそが重要で、「音楽が何かを表現する手段であってはならない。それそのものが目的でなければ!」という我々「健康」のあと付け音楽哲学には、「手」、「足」ともども、バッチリはまる曲である。

とにかく手前勝手に言わせていただくことをお許しいただけば、演奏していて一番「ハッチャケられる」曲であることは確かだ。

それと、これを言い忘れちゃいけないんだが、CDはもちろん、特にライブでは、みのりんのスーパーベースソロにご注目いただきたい。これを目撃(聴くだけじゃダメ。見なくちゃ!)するだけでも、「健康」のライブにおいでいただく意味は十分にあると思いますのよ。(ハードル上げまくり。ニヒヒ。)


6.「うなじ」

ブーラン:リードボーカル1、歪みギター×2

Ko太郎:リードボーカル2

マキゾエ:コーラス?(うなじ絶叫)、ピアノ、シンセ

みのりん:ベース、ベースソロ

Tacovo:ドラムス


12月のライブではラストナンバーとしてお届けしたこの曲、1月14日はどの辺で出てくるか。演奏されることだけは確かだから、CDをお持ちの方は、しっかり予習しておいてほしい。

なにしろ14日は、患者さんにも「う~な~じ~!」と絶叫していただくつもりなのだ♥

え?意味が分かんない?

ダメだ、意味なんか考えちゃ!はっきり聞くが、意味考えてなんかいいことあったか?

え?あったの?あっそう。でも、10回中2回か3回くらいでしょ。

あとは単なる考え過ぎだったり、考えてるうちに何を考えてるか忘れちゃったんじゃない?いつのまにか、考えること自体が目的化しちまって、結局考えただけで何の解決にもならずに終わりってことにならなかったか?な?だいたい、オレ自身、今何の話してるのかわかんなくなっちゃってるわけなのだからな。

まあ、とにかく悪いこたあ言わねえ。考えるヒマあったら叫ぶんだ。
いろんなところに張り付いてる鍵をまとめてぶっ壊して。

「う~な~じ~!」



だめ?(ぶ)




DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ご挨拶が遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
みなさん、お元気ですか?ブーランです。

個人的にはいろいろ考えること、
思うこと多きこの年末年始でしたが、
とにかく、

仕事も家庭も「健康」も、真剣に、しかも、バランスよくやるしかねえぜ!

っていう力入れて語るほどでもない、
シンプルな結論に達した私です。

まだ正月明け、うちのメンバーたちとは会っていませんが、
きっとみんな似たような想いなんじゃないかな。
たくさん考えれば考えるほど、
やっぱりオレ達の生き方はそれしかない!
って思うんです。

まずは1月14日のライブ、心をこめてやりたいと思います。

今年もやるぞ!(ぶ)


copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。