プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
心配してくださっている方もいらっしゃるかもしれないので、一応一言。

私ブーランの学校に関し、インチキ雑誌がインチキ記事を掲載しました。ウソと歪曲だらけのあまりにひどい、バカバカしい記事なので、まともに取り合いたくないのですが、黙っていて認めたと思われては心外極まりないので、厳重に抗議しました。

有名人が学校長をしているがための有名税と割り切っていますが、しかしあの手の雑誌ってホントにひどいんですね。被害にあって初めてわかりました。皆さんも気を付けてくださいねって言っても気をつけようがありませんよね。


さてここからが本題。

今回のはもう、「健康」がらみ音源、というのも憚られるほど、「健康」とのかかわりが薄い作品だ。
これまたビートルズマニアの私ブーランが、ビートルズの様々な曲からの引用をちりばめ、ビートルズファンなら思わずニヤッとしたくなるような作品に仕上げたものだ。
この短い曲の中に、何曲のビートルズナンバーを見つけられるかで、あなたのマニア度が容易に測定できてしまう寸法だ。

なお「健康」でこの作品に関わっているのは私ブーランのみ。
おう、そうだ。
ドラムを担当してくれているのは、1月14日のライブで共演した「つるつるバンド」のドラマーKonakiくんだったよ。とはいえ、彼が卒業したのは8年も前のこと。録音も8年前ということになる。
聴けばわかるが、レコーディングやミックスも、相当即席&アバウトな出来であります。

ちなみにこの曲のリードボーカルは、六本木の某ライブハウスで毎夜ビートルズの曲を演奏している世界的に有名なビートルズトリビュートバンドのジョンレノン役、C・Y氏である。ビートルズっぽくするために、わざわざ彼をうちのスタジオに呼んで歌ってもらったのだ。

というわけで、わが校がISAに変わる以前、ISTと称していた時代の曲、

「ISTのうた」

ほんとに期待しないで聴いてください。

booran/EG・EB・Pf・Chorus  Konaki/Drs  C・Y/Lead Vocal
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
みのりんです。

僕の手許に、世にもレアな1枚のLPがあります。

タンゴ・ヨーロッパ - “乙女の純情”(1983年)

tangoeurope


大学時代の友人から借りたままになっています。その男が大ファンだったんですが、この不世出の女の子スーパー・ファンク・バンドのサウンドには、僕もノックアウトされてしまいました。

彼女たちは、僕らと同じか、ちょっと上の年代です。デビューは大学を卒業(大学生だったのかどうか定かではないが)した頃合いでしょうか。歌詞や楽曲にも、大人の女らしい茶目っ気や余裕がにじみます。演奏は、なにしろリズム・セクションが安定しているので、元気一杯だけど、なかなかにタイト。とくに坂口かおるさんというベーシストのプレイはセンスの固まりで、天性の才が感じられます。

しかし、残念ながら、デビューから1年後にはバンドが解散し、メンバーはソロ活動や他のバンドに四散してしまいました。タンゴ・ヨーロッパは、演奏能力や音楽的センスは抜群だったけど、ジャケット写真からもわかるように、キーボードの人を除いて、必ずしもルックスには恵まれていたとはいえませんでした(スミマセン!)。痛し痒しというか、プロダクションが最適な“売り方”を見出せないまま終わってしまったのでしょうね。

今この人たちは、人生の折り返し点を過ぎた四十路半ばの熟女のはず。どのように暮らしておられるのでしょうか。歴史的な珍盤に針を落としつつ、それぞれの人生を健やかに歩んでおられることを祈らずにはいられません。

友人のS君、長らく借りっぱなしですみません。でも、もう返せなくなっちゃったから、僕がいただいておくね。
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
今度の音源は、「健康」との関わりがさらに薄い!(爆)

この曲は、私ブーランの勤務校を5年前に卒業した連中が卒業制作で作ったCDの収録曲を、学校案内CD収録曲として、再度録りなおしたものだ。

卒業していく作詞・作曲担当のイケメン学生Taichiの曲を、オレやTacovoが加わって演奏、1年後輩の学生たちが録音・ミックスを担当した。

そして、なんとこの作品は、AES(Audio Engineering Society)主催のAES Awardで、最優秀録音賞を受賞という快挙を成し遂げちまったから凄い!
なにしろAES Awardの審査は、学生作品だけでなく、若手プロエンジニアの作品も対象になっているだけに、ダメ元で出したオレも学生たちもびっくり仰天したもんだ。

この曲を作ったTaichiだが、彼はオレがやってるボーカルゼミのメンバーでもあった。この年は、BEATLESマニアの学生たちが何人もオレのゼミに所属していて、練習した曲の半分以上がBEATLESナンバーだったという仕事とは思えない楽しい年だったが、Taichiの奴、自分の学校生活の仕上げも、BEATLESへのトリビュートともいえるこの「Tacos」で締めくくりやがった。

私booranは、そんなTaichiのマニアぶりに応えようと、この曲のために、我が弟所有のリッケンバッカーのvintageギターを借りてきて、BEATLESサウンドの再現を試みた。テープの逆回転も多用して、学生たちと楽しみながら作りましたよ、はい。

そんなBEATLESバカ満載の曲、

TACOS

↑よかったら聴いてみてください。

Taichi/Lead Vocal・EG booran/EG・Chorus Furusawa-chan/EB Tacovo/Drs Hiroko/Tamb. 
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ワタクシみのりんは、「反り指」の持ち主であります。

メリケンでは「ヒッチハイカーズ・サム」と呼ばれているらしいことを、ついさきほど知りました。

フレミングの「右手の法則」「左手の法則」
というものがあります。

読者のみなさんも物理で習った記憶がおありでしょう。とくにISAの学生諸君は知ってて当然。

フレミングの「右手の法則」は、互いに垂直方向に開いた右手の人差し指を磁界、親指を導体の方向に当てると、そこに生じる起電力の向きが中指で示されるというものです。が、ワタクシの親指は90度近く反り、導体が磁界と反対の方向を指すので、物理の試験でうっかり右手を使うと確実に不正解となってしまうのであります。

akaten


磁界(人差し指)・電流(中指)・電磁力(親指)の方向を示す「左手の法則」もまた然り。

これを
みのりんの「赤点の法則」
といいます。

試験場でフレミングの法則が使えず、赤点になってしまった人は、まことにお気の毒なことでございます。

でも、世の中悲しいことばかりではございません。

涙を拭いておいでなせえ。

「反り指」はエレキ・ベースを弾くために生まれてきた人であることの証(あかし)なのでございます。

このたびワタクシみのりんは、このことを低音医学的に論証することに成功いたしました。詳細は、以下の2つの記事をご参照されたく。

エレベ向きの生体構造

「ますらを」か「たをやめ」か?


「反り指」をヘンタイってゆうなー!
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
<ダウンロードの不具合解決しました。>(ぶ&みの)

新たなカテゴリを追加しました。
その名も、

「健康」がらみ音源


「健康」のメンバーがレコーディングに参加するなどした音源を地味にご紹介していこうと思います。とはいえ、すぐにネタ切れになりそうですが・・・。


とりあえず、第一弾は私ブーランのオリジナル曲「Bye Bye」だ。

この曲は、「地方から上京した女子学生が、徐々に疎遠になっていく地元のボーイフレンドへの想いを歌う」ちうシチュエーション設定だ。毎年、全国から集まる勤務校の女子学生たちの中にあるかもしれない日常の心象風景を歌にしてみたわけだ。

まあ、自分で言うのもなんだが、他愛ない曲ですよ、はい。

ただ、この曲には非常に重要な意味がある。

実は、2004年に私ブーランが、「健康」のメンバーに突如招集をかけたのは、ほかでもない、この「Bye Bye」のレコーディングのためだったのだ。アコギを弾き語りしただけの、シンプルなデモテープを、カセットで(!)メンバー達に送りつけて、協力を依頼したのだが、その時点では、私にも他のメンバーにも「健康」再結成の意思はなかった。

しかし、久しぶりに会って一緒に演奏してみると、実に楽しい。
かつて、ライブばっかりの活動に窒息し、一緒にやる気を失ってしまったメンバー達が20年の時を経てそれなりに成長したからか、演奏自体はいかにもリハビリの要りそうな演奏になったが、しかし、「また、バンドやろうぜ!」という気分が、この曲のレコーディングをきっかけに湧きあがり、それが3年半後のアルバム完成につながったわけである。

ただし、重ねてお断りしておくが、この曲は、「健康」のメンバーに私が頼んで参加してもらってはいるが、彼らはスタジオに来るまでどう弾かされるかわかんないような状態で来て、ササッと弾いておしまい、って程度の関わり方しかしておらず、これをもって「健康」ってこんな感じ?と思われると困っちゃうのね。

なにせ、この「Bye Bye」に関しては、「健康」のメンバーは私booranも含めて、フェーダー一本触っていません。純然たる学生録音・ミックス作品を、「健康」メンバーがお手伝いしてくれたって感じです。

ま、そんな不完全な作品ではありますが、夜中まで必死で頑張ってくれた当時の学生たちとの素敵な思い出が詰まった曲なので、紹介させていただきます。
というわけで、お暇だったら↓クリックして聴いてみてください。

              Bye Bye
(booran/作詞・作曲・EG・AG・Chorus マキゾエ/pf・Synthe みのりん/EB Tacovo/Drs Ko太郎/EG solo Hiroko Saito/Lead Vocal・Chorus Yoshie Saito/Chorus)
Mixed by 音響芸術専門学校32期生有志一同(千手観音ミックス)
DATE: CATEGORY:雑文
昨日、音源付きの記事をアップしたのですが、読者の方からのコメントでダウンロードに不具合が発生していることがわかり、管理者の方でも調べてみたところ不具合を確認しましたので、原因が判明するまで安全のため、記事を非公開とさせていただきます。

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

(キーマン吉宗)
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
「東京マラソン」、テレビで見ただけだが、天気に恵まれ盛り上がったようでなによりである。

私ブーラン、ランナーたちの頑張りをテレビで見て、よし!という気分で所属するPTA野球クラブの練習に臨んだんである。
つまり私の野球シーズンが今年も始まったわけだが、極度の肩こりを原因とする五十肩により、昨シーズンを丸々棒に振った私、ようやく普通にキャッチボールができるようになって、ちょっと張り切りすぎた。

練習の途中から左足関節の筋に仄かな違和感を覚え始めたもののそのままプレー続行。練習が終わってみると、左足の付け根にも痛みが…。
現在、足を引きづりながらの、「とほほ歩行」しかできない。

しかも、1年間、まともに送球できず肩の筋力が落ちているのだろう、スピードは出ないし、自分が投げたつもりの距離に届かずボールがお辞儀する。強烈なショートゴロに、体が反応できない、というか、ボールとの距離感がどうもつかめない。

こうやって衰えていくのね…。

マラソンにも出てないのにねえ。とほほ。(ぶ)
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
今朝はなぜか久しぶりに江戸っ子モード全開のブーランである。
先日、娘が週に一回通っているリトミックのオープンクラスに行ってみてぶったまげた。

まあ、これは行くたんびにたまげてるんだが、今回は、娘が小学生になって、トレーニング内容も、ぐっと専門性が高くなってきており、その進歩の度合にいつも以上にぶっとんだわけである。


何が驚いたって、まず、

めちゃめちゃなメロディーを先生が弾いて、「はい!」と掛け声をかけると、「♪ホーーム」と言いながら、そのメロディーの主音を全員が歌っているではないか。つまり、曲の一部を聴けば、その曲のキーコードがGだとか、A♭だとかを感覚的に当てることができるのだ。しらなかったよMy daughterそんなことができたのね、もう♥

とはいえ、まあ、さすがにこれはオレにだってできるってもんだ。そもそも楽譜が苦手なオレの場合、「感覚的な勝負」に持ち込んでいただければ、そこそこ戦えるってなもんだ。

と、この時点で、すでに娘をライバル視せざるをえないところに追い込まれているのに気づくオレ。

さらに、次の段階になってくると、抵抗する気にもならなくなってくる。

つまりだ。

またまた適当なメロディーを適当なキーでペロロンと先生が弾くわけだな。で、「ドをちょうだーい」と先生がおっしゃるてえと、小1、小2のおこちゃまどもが、一斉にクールファイブよろしく右手を差し出しながら、「♪ドー」と歌うではないか!

あっけにとられていると、すかさず先生がマイクで解説。

「これは絶対音感とは違います。すべての音を音階で感じる絶対音感ではなく、ドならドが分かれば、あとはそれとの相対的な距離感を正確に捕まえることの方が大切なのです。」

ううむ、まったく先生のおっしゃる通りだー!
I cannot agree more(これ以上賛成できまっしぇーん)だー!

ん?…だが待てよ。

「絶対音感じゃない」って言いながら、「ド」は絶対的に覚えてんじゃねえか!


オレなんざあ、ギターの5弦のA(ラ)の音な、あれ、チューナー使わないで当たる確率、大甘に見積もって約3割な。今まで、何千回聞いたか分らないあの開放弦の音すら外すことの方が多いわけよ。それを7年ちょいしか生きてない奴が「ドー」って当てるか、普通?嬉しいより悔しい。

驚かされたのはそれだけではない。

なんと、

3/4拍子と6/8拍子を区別しているじゃねえか、こいつら!

「たーた、たーた、たたー」などと言いながら、アクセントの違いを口とステップで表現しわけながら、小1どもがステージ上を歩きまわっているのだ!

そう、同じメロディーでも、アクセントの付け方が3/4拍子と6/8拍子では全然違う。頭では分かっているが、瞬時に表現しろ、と言われても、オレなんざあ、考えこんじまって出来ねえわけだからな。


そうこうするうちに、娘の出番は無事終了。
ステージを降りた娘の隣りで、小学校高学年の模擬授業をなかば放心状態で眺めていると、なんと、前触れもなく、恐怖の「お父さん参加コーナー」が始まりやがった。

仮にも、音楽活動を展開し、CDまで出しているオレが、万が一にものこのこ出てって、ステージ上で馬脚を現すようなことがあってはならない。「さあ、お父さんたちもステージへどうぞぉ。リトミックを体験してみてくだぁい♥」という呼びかけにも、当然のようにスルーを決め込んでいたオレであった。

だが…。

考えが甘かった。


「さあ、あなたもパパと一緒にステージにあがってらっしゃーい♥」

との声に横を見れば、その声を発しているのは、ほかでもない、わが愛妻ではないか!!!


・・・1分後、娘の手を引き、ほかの勇敢なお父さんたちとステージに佇むオレ…。
しかも、娘はたちまちオレの手を振りほどき、ほかの友達とキャッキャとはしゃぎはじめてしまう。

「健康」ではあんなにリラックスして楽しめる同じステージの上なのに、娘に放置された途端、なぜか額に脂汗をにじませるオレ。

と、すかさず先生が、一つ目の課題をお見舞いしてくれるではないか。


「はい、こんな感じのメロディーを弾きます。メロディーに合わせて1、2、3と言いましょう。1、2、3、1、2、3。はーい簡単ですねえ。」

そりゃそうだ。そのくらいならオレだってできる。バカにすんなっつうの。


「じゃ、次に、1の時は膝を叩きましょう。2の時は手をたたく。3の時は万歳しましょう。はーい、どうぞ。」

この課題も軽くクリア―。当たり前だ。これでもミュージシャンだからな。
しかし、この後、様相は一変する。


「じゃ、今度はメロディーを聴きながら、音が抜けた部分の動作はしないでください。」

と先生が言ったかと思うと、適当にピアノを弾きながら、ところどころ無音にする。2が抜けた、とか3が抜けた、とか、おっと今度は1と3が抜けやがった、とかはわかるものの、気がつくと、膝をたたいたり、万歳したりしている間抜けなオレ。

照明の熱気にもあてられ、呆然とステージを降りたオレに、娘からとどめの一言。

「パパ、全然できてなかったね。」


…リトミック万歳。(ぶ)

DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。
この3連休は、なんと、一日も仕事をしなかった。
にもかかわらず、マンションの大規模修繕の話し合い、娘の発表会(しかも1日2本。オヤジより売れてる!)、息子とのキャッチボール、実家の荷物運びの手伝いといろいろ詰まっており、まあある意味、充実していたのかもしれない。

と同時に、今の時期にあんまり楽をしていると、きたるべき、年度末のまとめ&新学期準備&学校案内作成&学校説明会出張etc連打による地獄の砲火に焼かれることになるから油断大敵だ。


なのに、我々「健康」は水面下で、実にヤバイ相談をしている。



PVを作ろうかな、なんて話が浮き沈みしているのだ。



実に危険だ。



でもあえて皆さんに訊きたい。

どの曲のPV一番見たい?(ぶ)





DATE: CATEGORY:ライブ出演情報
ブーランより、気の早いライブのお知らせです。
今、伝えても、皆さん、確実に忘れると思います。
だから、当然、また今後も折を見てお伝えしますが、

2008年7月6日(日)

四谷Outbreak にて、


またまた、

「健康」企画ライブを行います!


3月30日が流れちゃったんだから4月あたりにあるんだろう、
と期待されてた方がどれだけいらっしゃるかは疑問なれど、
ははは、いやあ、メンバー全員のスケジュールとライブハウスのスケジュールを合わせんの大変なんだからもう!

ってことで、とりあえず今後しばらくは、停滞中のレコーディングを再開し、バンド練習に打ち込む予定の「健康」です。

ちなみに7月6日については、まだ今日、
Outbreakさんと日程調整ができた段階なので、
共演者や時間詳細は一切未定です。

ただ、今回は、共演バンドにも思いっきりこだわって、
さらにお楽しみいただけるイベントにしたいと意気込んでおります。
さあさ皆さん、笑いながら、携帯のカレンダーに今すぐメモってちょーだいね!(ぶ)

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。