プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」がらみ音源
今度の音源は、「健康」との関わりがさらに薄い!(爆)

この曲は、私ブーランの勤務校を5年前に卒業した連中が卒業制作で作ったCDの収録曲を、学校案内CD収録曲として、再度録りなおしたものだ。

卒業していく作詞・作曲担当のイケメン学生Taichiの曲を、オレやTacovoが加わって演奏、1年後輩の学生たちが録音・ミックスを担当した。

そして、なんとこの作品は、AES(Audio Engineering Society)主催のAES Awardで、最優秀録音賞を受賞という快挙を成し遂げちまったから凄い!
なにしろAES Awardの審査は、学生作品だけでなく、若手プロエンジニアの作品も対象になっているだけに、ダメ元で出したオレも学生たちもびっくり仰天したもんだ。

この曲を作ったTaichiだが、彼はオレがやってるボーカルゼミのメンバーでもあった。この年は、BEATLESマニアの学生たちが何人もオレのゼミに所属していて、練習した曲の半分以上がBEATLESナンバーだったという仕事とは思えない楽しい年だったが、Taichiの奴、自分の学校生活の仕上げも、BEATLESへのトリビュートともいえるこの「Tacos」で締めくくりやがった。

私booranは、そんなTaichiのマニアぶりに応えようと、この曲のために、我が弟所有のリッケンバッカーのvintageギターを借りてきて、BEATLESサウンドの再現を試みた。テープの逆回転も多用して、学生たちと楽しみながら作りましたよ、はい。

そんなBEATLESバカ満載の曲、

TACOS

↑よかったら聴いてみてください。

Taichi/Lead Vocal・EG booran/EG・Chorus Furusawa-chan/EB Tacovo/Drs Hiroko/Tamb. 
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ワタクシみのりんは、「反り指」の持ち主であります。

メリケンでは「ヒッチハイカーズ・サム」と呼ばれているらしいことを、ついさきほど知りました。

フレミングの「右手の法則」「左手の法則」
というものがあります。

読者のみなさんも物理で習った記憶がおありでしょう。とくにISAの学生諸君は知ってて当然。

フレミングの「右手の法則」は、互いに垂直方向に開いた右手の人差し指を磁界、親指を導体の方向に当てると、そこに生じる起電力の向きが中指で示されるというものです。が、ワタクシの親指は90度近く反り、導体が磁界と反対の方向を指すので、物理の試験でうっかり右手を使うと確実に不正解となってしまうのであります。

akaten


磁界(人差し指)・電流(中指)・電磁力(親指)の方向を示す「左手の法則」もまた然り。

これを
みのりんの「赤点の法則」
といいます。

試験場でフレミングの法則が使えず、赤点になってしまった人は、まことにお気の毒なことでございます。

でも、世の中悲しいことばかりではございません。

涙を拭いておいでなせえ。

「反り指」はエレキ・ベースを弾くために生まれてきた人であることの証(あかし)なのでございます。

このたびワタクシみのりんは、このことを低音医学的に論証することに成功いたしました。詳細は、以下の2つの記事をご参照されたく。

エレベ向きの生体構造

「ますらを」か「たをやめ」か?


「反り指」をヘンタイってゆうなー!

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。