プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:レコーディング報告
日本女子ソフトボールチームの金メダル獲得に、
宇津木妙子が絶叫し、日本中が歓喜に沸きかえる中、
我々「健康」は、おごそかに、Tacovoの新曲「URAHARA(仮称)」のリズム録りを行った。

CA3A0110.jpg

レコーディングを担当したのは、新人「健康」録音技師の研究生Y田と、その後輩K本だ。

改めて言うまでもなく、「健康」のレコーディングセッションは、
将来有望なエンジニアの卵に実地訓練の場を与えることを、その大きな目的の一つとしている。今回のリズム録りでも、その目的は、十分に果たされたと言えよう。

まず、我々は、流行りのProToolsではなく、あえてMackie SDR24/96という、
ハードディスクMTRをリズム録りに使用している。
よって録音技師たちは、音感や集中力を要求される「パンチイン・パンチアウト」を
頻繁に行うことになる。

Tacovo(スタジオから)「じゃあ、2回目のブレイクのあとからドラム、パンチインしてくれる?」

ブーラン(ミキシングルーム内)「そこは四分休符で入ればいいんだから楽勝だよな。」

みのりん(ミキシングルーム内)「そうそう、サルでもできるぜ。」

ブーラン「できなかったら、サル以下ってことだな。」

ここぞとばかりにK本に愛のプレッシャー♥をかける。

みのりんなど、

「じゃあ、ギターソロが終わる手前で俺のベース、パンチインしてくれ。その前がベースは休みだから、失敗しようがないだろ?これができないなんてのは、もうミジンコ以下だな。」

と、教育的なことこの上ない。

緊張感やプレッシャーのかからないトレーニングなど、現場に出ればクソの役にも立たないのである。
夜中まで叱られながらも自主的に我々のレコーディングに参加しようという彼らに明るい未来をプレゼントするのも、我々の使命であろう。

可哀そうに、K本は「ヒーヒー」言いながらオペレートしていたが、見よ!!!
サルミジンコだと言われながら、幾度となくパンチイン・アウトを重ねるうちに、終わるころには、八分休符のパンチインなどもできるようになってきたぜ。
若者の成長を目の当たりにできるのは、気持ちがよい。

CA3A0109.jpg

ところで、肝心の演奏だが、Tacovoのドラムは自分の曲だけあって、
テイク1からなかなか出来が良い。

ぶ「これなら今日は早く帰れるんじゃねえか?」

みの「ははは。それはどうかな。」

みのりんの予感は当然のように的中する。
テイクを重ねるごとに、

「ぐぉー!」

「だー!」

「あ”ーーーーーーーっ!!!」

「健康」名物Tacovoの絶叫が繰り返されるようになる。

気づいてみれば、3時間が経過。
ドラムを録り終えた時点で22時を回ってしまった。

続いては、みのりんのベースをオーバーダビングする。
ドラムと一緒に録音した仮のベースを消して、新たに演奏し直すのだ。

みのりんが夏休みを徹して練習してきたという、十六分音符三連やら三十二分音符やらの超速スラップが炸裂し、こちらの作業は、録音技師を鍛えまくりつつ小1時間で終了した。

久々にスタジオを出るのはテッペン(0時)近くになったが、
いいリズムトラックが録れたぞ♥
来週は、ピアノやギターを録りましょうぞ。(ぶ)

スポンサーサイト

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。