プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:どうオモウ?
間髪いれずマキゾエです。
前の記事の「ムジナ」について、Wikipediaはこんなふうに書いてました。

(記事書いてから調べるところが、マキゾエでありますが)

*  *  *

ムジナ(貉、狢)とは、主にアナグマのことを指すが、地方によってはタヌキやハクビシン
を指したり、これらの種をはっきり区別することなくまとめて指している場合もある。
この混乱は、「マミ」のような地方名を交えて、非常に複雑な様相を呈しており、栃木県の
一部のように、アナグマを「タヌキ」、タヌキを「ムジナ」と呼ぶ地域さえある。
ハクビシンは帰化動物とされているが、アナグマやタヌキと混同されて、独立した種としては
認識されていなかっただけで、実際には日本の在来種だという説もある。 日本の民話では、
ムジナはキツネやタヌキと並び、人をばかす半妖怪として描かれることが多い。 小泉八雲の
『怪談』に収められた、のっぺらぼうの目撃譚「むじな」も、よく知られている。

ことわざの「同じ穴のムジナ」は、あるものとは一見違っているようにみえて、実は同類で
あるということのたとえ。普通は悪い意味。ムジナが、迷信で人間を化かすとされる狸と同じ
穴で生活する習性をもつことに由来すると思われる。

*  *  *

う~ん、isshyさん鋭い!が、やはり「正しくはアナグマ」とは断言できない感じですね。
さらに、こんな事件まで!


*  *  *

「タヌキ・ムジナ事件」

被告人は1924年2月29日、村田銃と猟犬を連れて狩りに向かい、その日のうちにムジナ2匹
洞窟の中に追い込んで大石をもって洞窟唯一の出入口である洞穴を塞いだが、被告人は
さらに奥地に向かうために直ちにむじなを仕留めずに一旦その場を立ち去った。その後
3月3日に改めて洞穴を開いて捕らえられていたムジナを猟犬と村田銃を用いて狩った。

だが、警察はこの行為が3月1日以後にタヌキを捕獲する事を禁じた狩猟法に違反するとして
被告人を逮捕したのである。下級審では、動物学においてタヌキとムジナは同一とされて
いる事、実際の捕獲日を3月1日以後であると判断したことにより被告人を有罪とした。だが、
被告人は彼らの住む地域では昔からタヌキとムジナは別の生物であると考えられてきたこと
(つまり狩猟法の規制の対象外であると考えていたこと)、2月29日の段階でムジナを逃げ
出せないように確保しているのでこの日が捕獲日にあたると主張して大審院まで争ったの
である。

大審院判決では、タヌキとムジナの動物学的な同一性は認めながらも、その事実は広く
(当時の)国民一般に定着した認識ではなく、逆にタヌキとムジナを別種の生物とする認識
は被告人だけに留まるものではないために「事実の錯誤」として違法性阻却が妥当であるこ
と、またこれをタヌキだとしても、タヌキの占有のために実際の行動を開始した2月29日の
段階において被告人による先占が成立しており、同日をもって捕獲日と認定する(つまり狩
猟法がタヌキを捕獲を認めている期限内の行為)のが適切であるとして被告人を無罪とした。

*  *  *

‥‥これは、すごい事件ですね~~ 有名な事件、なんでしょか?

世の中まだまだ、知らないことばっかりです。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。