プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:どうオモウ?
タコボーです。昨日ふと思ったんだけど。

iPod、特にiPod Shuffleとか、ダウンロードサイトが出てきてから、音楽ってどんどん曲単位で聴くようになってきてるじゃん?さらにそれに携帯の着メロやらカウントダウンTVみたいな番組が出てきて、極端に言うとサビだけ聴くようになってきてるじゃん?事実としてCDの売上がどんどん落ちて来ちゃってるってのは、そういうことの現れだよね。

いまだにアルバムで聴くのって、古いのかなぁ?世代の問題じゃない?音楽がどのくらい好きかって話?「ホントの音楽ファン」は、今でもアルバムで聴くのかなぁ。何が「ホント」なのかはよくわからんけど。

でもアルバムで聴くってことは、そのミュージシャンにすごく興味を持って、もっと知りたい、聴きたいって思って、それで聴くってことで、それってやっぱ音楽が好きな人にしか起こらない現象だよね。

さらに昔は、渋谷陽一みたいな評論家がいて、そう言う人が書いたモノとかを一生懸命読んで、そのバンドの成り立ちとかどんなキャラの人たちなんだろうみたいなところを、けっこう追っかけてたよね。最近はそういうことって自分自身もサボっちゃってるけど。

アルバムの「解説」ってもんに、ここんとこお目にかからないけど、今でも洋楽の日本版って、解説がついてるの?単に自分が輸入盤しか買わなくなったから?だけどCDになって物理的に大きさが小さくなっちゃったから、解説入れるのも一定のボリュームを確保しようと思ったら、冊子にしなきゃならなくなって、コストアップ要因になってるんだろうね。

今でもリットーミュージックみたいな会社があって、サンレコとかギターマガジン、キーボードマガジンなんて出してるけど、あれも部数減ってるのかな。そもそも最近、名を馳せた評論家ってあまりいないよね。

アルバムで聴いたとしても、結局シングルカットされた曲でほっとしたりしてるんだけど、時には意外な、世間ではあまりヒットしてなかったり、シングルカットされてない曲が、すごいいい曲だったりすると、嬉しいよね。残念ながらあんまりないことだけど。

作り手も、アルバム全体としてのテーマ性とかまとまりを求めるよりも、いかに売れるシングルを、キャッチーなサビを作るかになってるのかな。いや、そんなことはないよね。そこがアイドル歌謡曲と、ポップスやロックとの違いだよね。そんな違いはもうあまりなくなってきてる?

まぁでもぼくはずっとアルバムで聴き続けるんだろうなぁ。

キャッチー云々は関係なしに、健康のレコーディングした曲はどれも同じように楽しんで作ったしね。これからもそうありたいものですね。もちろん曲単位でのプロモーションも、ネットを使ったりってのは、それはそれで考えなきゃいけないことですけどね。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。