プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑文
ランダムで掘り当てたtiggogawa66さんのブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/tiggogawa66)には、
私の愛する、「昭和の名画」に関する記事が満載で、私ブーラン、少しずつ読み進めさせていただいている。

その中に、「男はつらいよ」に関する記述もいくつかあり、ふと渥美清さんのことを思い出した。


私ブーランは、小4から高2まで、代官山駅前のT急アネックス(別館)というアパートに
住んでいた。
「代官山駅前に住んでいた」というと、なんか凄いおぼっちゃまみたいだが、
当時は「代官山に住んでいます」というと、

ああ、電車のドアが開かない駅ね

というリアクションが必ず帰ってきたものである。
そう、ホームが短くて、トンネル内に残ってしまった車両のドアが開かないために、
降りそこなう客が続出する、
「渋谷と中目黒の間の住宅以外何もない駅」
というのが、1970年代中ごろまでの代官山の位置づけだったのである。


さて渥美さんである。寅さんこと、渥美清さんは、私とおなじT急アパートの本館に住んでいた。

映画の中でこそ腹巻きのテキヤ姿だが、普段の渥美さんは、
純白のスーツを颯爽と着こなし、頭上にもしばしば白い帽子をかぶる伊達男ぶり!
であったと聞くと驚く人も少なくないのではないか。

新聞をとっていない渥美さんは、毎日、代官山駅キオスクのオバチャン(懐かしいなあ)のところまで、
トコトコでかけていって、世間話をちょっとしてから新聞を買うのだが、
そのときの恰好がまた常にスーツである。
本当は、めちゃくちゃダンディーな人なのだ。

寅さんが当たって、すでに大スターだった渥美さんを、私ブーラン、ポカンと眺めるばかりだったが、
この人、ホントに優しい。

当時小学生だった私に、しばしば声をかけてくれた。

「おお、坊や、キャッチボールかい?」
「おお、きょうは壁当てか?」
あるいは無言で頭をピョロっと撫でてくれたり、
通りすがりにヒョコっと手を振ってくれたりしたこともあった。

いつだったか、私が夕暮れ時に帰ったら家に誰もいなくて、部屋を閉め出された形になり、
どうしていいかわからず、本館の管理室に助けを求めに行くと、
ちょうど渥美さんが帰宅し、

「おお、坊や、どうしたの?大丈夫か?」と声をかけてくれたこともあった。

当時私は10歳だったと思うが、こういうときの子供は、それはそれは心細いものだ。
渥美さんの優しさが心に浸みわたって、なんだかわからず「大丈夫です。」と答えたのを
昨日のことに様に覚えている。


だから、私も、このときの渥美さんに習って、子どもがひとりで途方に暮れているときは、
必ず声をかけることにしている。
ただ、こちとら、ただの変なおっさんにしか見えないので、不審者と思われないように
気をつけながらではあるが…。

ということで、今日はちょっとおセンチなブーランでした。(ぶ)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。