プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
ブーランである。

数日前、親子で「健康」CDを満喫してくださっている「のりままさん」より、「健康」HPのBBSに、
「どれが誰の声だか分かんないじゃないのよ、このボケウシ!」
との苦情を頂戴した。

これはもう、苦情というより、
そんなことが気になるところまで我々のCDを聴きこんで下さっている
ということであるからして、もうメンバー一同、
輪になって右回りに、しかも左足からスキップしたいくらい
ゴキゲンご意見なのである。

そこで、スペースの都合上CDブックレットには入れられなかった、
(というより、我々自身は重要だとの思いがまったくなかった)
「それぞれの曲で、だれが何をやってるか」情報をみのりんのブログに習って1曲ずつ小出しにお伝えしたいと思う。

そう!
CDを持っていないと全く面白くない記事であるからして、
まだCDをお持ちでない方は・・・。

なに?みなまで言うな?わかってる?

了解でーす。じゃ、よろしくね。

さて、当然、以下の情報、CDブックレットに書かれている情報は省かせていただきますです。
また、あくまでも私ブーランの記憶と理解の及ぶ範囲の情報につき、間違ってることも十二分にありうるわけで、そんときは他のメンバーが修正してくれな。


1.「手」

ブーラン:Lead Vocal、歪んだギター×2(おんなじ演奏を2回別トラックに録音して左右に振りきって定位させてます。この録音技法を「ダブルトラッキング」と言います。音の厚みを出すと同時に、演奏能力の低さを隠蔽するのに有効な私ブーランの常套手段です)

Ko太郎:サビのハモリ(裏返りまくりの高音)、アドリブ語りパート(「味噌」の方)

マキゾエ:ピアノ、シンセ(クラビ、白玉パウォーン、エレピ、オケヒット)、サビのハモリ(主旋律の3度下)、アドリブ語りパート(「ウッソ」の方)

みのりん:ベース、カッティングギター(オレよりうまいので迷わず採用)

Tacovo
:ドラムス


そう、以上お読みになってお分かりと思うが、あのマキゾエとKo太郎による語り、全くのアドリブなのである。
何テイクも録音したが、毎テイク、セリフの内容もタイミングも変わっちゃうのだから良い意味で呆れたもんである。

「健康」レコーディングでは、メンバーすら予想できない「掛け算効果」が味わえる。そんなハプニング的なノリを音に残そうと、この「手」のボーカル部分は、ソロパートもハモリの部分も、完全な一発録りだ。つまり、マイク(ノイマンU-87Ai)を3本立てて、その前で曲頭から全員で一気に歌う。

失敗したら最初からやり直し。

今時、こんな録り方してるのはオレたちだけだぜ、ざまあみろ。
って別に威張ることではないな。

結果として、ボーカルパートは相当ラフな仕上がりになっており、細かいこと言えば、ここはフラット気味、あそこはシャープ気味とか気になるところだらけだが、それを丁寧に直すのは明らかに違うぜってことで、こんな感じになりました。

てわけでこのコーナー、苦情も喜んで受け付けますんで、どうぞよろしくね~!(ぶ)



スポンサーサイト
コメント

おっと

これは出だしから意外だったなぁ。

おい・・・のマキゾエさんはわかったが、
これは・・はブーランだとばっかり思ってたよ。ディレイのかかった「うっそ」は?
しかも、あれが全部アドリブだったとは・・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。