プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
3曲目はマキゾエの自信作「ケン坊SHOW!」だ。

この曲は、ABちゃんの、「健康」サポート参戦を決定づけた作品としても記憶されるべき1曲である。

「ケン坊SHOW!」は、旧Yahoo「健康」ブログ時代に、
私ブーランの「最近物忘れがひどい」との記事に対して
書き込まれた、実にクリエーティブなコメント群をもとに、
マキゾエが詞と曲を書きおこしてきたものだ。

しかし、詞に関しては、スタジオでも新たなアイディアが
各メンバーから、それこそ湯水のようにあふれだし、
特に前半の歌詞は、かなり書き換えられた。

そのとき、さすがプロのクリエーター!というアイディアを
メンバー同様に次々に出してくれたのがABである。

そして、自分の書いてきたものがどんどん変えられていってしまうのを
心の底から楽しみつつ、自分でも率先してどんどん変えてしまう、
マキゾエという男の「こだわりのなさ」、というより、「懐の深さ」も、
あんまり褒めたくはないが、なるほど「健康」のリーダーかくあるべし
といったものを感じさせてくれるではないか。

また、この曲には、私ブーランやKo太郎の家族も、ちょっとだが、
非常に重要な役割で出演しているし、後期の録音技師を務めあげ、
今はマスタリングスタジオで、プロエンジニアとしての人生を歩み始めた
D井くんも、若手ビジネスマンとして味のある演技を見せてくれている。

ホント、オレたちっていろんな人に支えられてるのねってことだな。


3.「ケン坊SHOW !」

マキゾエ:ケン坊、シンセ(いろいろ)

Ko太郎:お父さん、カータン、コーラス(一番上)

ブーラン:ベテラン社員ほか後半の忘れっぽい人たち、ギター、コーラス(下)

みのりん:ベース

Tacovo:ドラムス

なっちゃん:なっちゃん

MIKO:おかあさん

D井:若手社員


この曲、ライブでは、考え抜かれた振り付け付きで鑑賞いただける。
振りをやっていると、ギターが演奏できないわけだが、
メンバー達にどっちを取るべきか一応聞いてみたところ、
全員迷わず「振付の方がお前のクソギターより百倍は大事だ、このボケウシ」
という、これはもうオレとしてもこれ以上賛成できないくらい
まっとうなお返事だったので、安心して振り付け中心でやっちまうからねん。(ぶ)

スポンサーサイト
コメント

自分ではクソギターとおっしゃるが

「ぶーらんってギター実は上手いんだよね、だから奴の指グセをコピーするのって大変なんだよね」と主審が深夜・駒沢の路上で泣いてましたぞ

そうなのです!

ABちゃん、本当そうなんだよ。
本人はいつもご謙遜モードではあるのだが、あのCDを聴いたって腕前はわかるよね。

指癖と若干つっこみ系のタイム感が主審(はレイドバック系でややタメ系なんで)と違うのでそこを調整したりフレーズを覚えて自分の指癖として登録するのに時間が掛かるのね。

ぶーらんの何気なくやってるバッキングとかも結構自分の引き出しには無いものが多かったりするんで勉強になるよん。

さて、話は「ケン坊症」に戻るが、これは傑作だね。Ko太郎さんの勢いのあるお父さん、謎のベテラン社員をはじめ登場人物のみなさんもいい演技してるよね。(笑) しかし圧巻は後半まさかの・・忘れちゃった・・攻撃が出るとは・・(笑)

フォローは嬉しいが

キミたちのフォローは嬉しいんだが、オレのギターは「できる範囲でやってる」にすぎないので、ボロが出ず、ヘタに聴こえないだけだよ。なにそろ高校時代、1年上の先輩にはオレやKo太郎の師匠とも言えるY藤氏、ABのバンドにいたI崎氏、高S氏と滅法ギターの巧い3人がいて、現在のオレでも、当時の彼らに全然かなわない。つまり、オレのギターは高校生以下ってわけですよ、ははは。それにオレは主審みたいに凄いソロ弾けないよ。(ぶ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。