プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。
昨夜、久々の夫婦水入らずで、ライブを聴きに行った。

本当は私ブーラン、子供たちとお留守番のはずであったが、
当日のベーシストが日野テルマサ氏の息子、賢二氏、
そしてドラムがPONTAさんだと聞いて、
「いくいく、オレも行く!」と無理やりチケットを追加してもらったのである。

ヒノケンのベースは何年か前に、日比谷野音で偶然、
あのジミヘンの「Purple Haze」をブリブリに弾いているのを聴いて、
15mほどブッ飛んだ経験があり、狭いライブハウスでそのプレイを
目の当たりにしたい、と思ったのだ。


いやあ、行ってよかったあ。

楽しかったぁ。

楽しすぎて涙が出てきてしまった。


確かにヒノケンはGreatだった。メチャクチャうまい。
しかし、「健康」には、みのりんがいるので、
ヒノケンのプレイ自体には正直言ってそんなに仰天しなかった。

仰天したのは、失礼ながらたいしてギターうまくないと思っていた桑名さんの
ストラトでのソロだ。
テクニック的に凄いことは特にやっていないのだが、
音色と言い、音の張り出し感といい、なんといってもその演奏の味、
存在感・・・。これは真似できましぇん…て感じだ。
ギター自体は当然、原田喧太氏の方がはるかにうまいわけだが、
どっちが凄いか、という印象では完全に桑名さんの勝ちである。

アルディメオラとクラプトンでどっちがうまいか、と言えば
アルディメオラだが、アルディメオラは下手するとマルデダメオラなわけである。

おっと、誤解しないでくれたまへ、
原田喧太氏はマルデダメオラではありません。良かったのよ、彼も。
でも彼は、ギターよりもボーカルがさらに良かった。
桑名さんはボーカルよりギターが良かった。
巴里のルイヴィトンはバッグより電話ボックスがいいらしい。
(ゴダール「勝手にしやがれ」より)
おかしなもんですな。


さて、実は私ブーランが何より仰天しまくったのは、ほかでもない、
後半ステージの1曲目でゲスト出演した11歳の天才ドラマー「リク」くんだ。

PONTAさんの代りに叩くってだけでもありえないんだが、
さすがに150cm位の痩せた小学生の演奏だから音は軽いものの、
その演奏はホントにマジ、ありえねえ!

バンド的には明らかにリハ1回って感じのライブだから、
ラフな構成しか決まっていないにも関わらず、
オレが絶対にこのライブでは聴けないと思っていた「Purple Haze」を
ソロの受渡しや押し引きもわきまえて、ちゃんと音楽でコミュニケートしながらぶっ叩いてくれちゃってるのだ。

リクくんはアンコールでも出てきて、Beatlesの「Come Together」を
大幅にアレンジしたっていうより、その場その場のノリでどんどん曲の様相が変わっていくジャジーでブルージーな「Come Together」を、
大ベテラン、超テクニシャン達と同等に渡り合いながら、
しかもPONTAさんを「フロアタム専門担当」に従えつつ
20分近くにわたりぶっ叩きとおしたのである。
最初の方こそ、フロアタムを親の敵のように叩きまくっていたPONTAさんも、
後半は単なる付き人状態で、リクくんの脇でニコニコ突っ立っていた。
怒涛の盛り上がりで「Come Together」は終了。

それとともに、ブルースアレーが興奮のるつぼと化したのは言うまでもない。

まあ、一番興奮していたのはオレと、オレの後方で同じく叫んでいた
ピンキー(今陽子)さんかもしれない。

終演後、ご両親に伴われ、
わがカミさんと談笑する桑名さんのもとへ挨拶にきたリクくんは、
その演奏とは対照的に、実に普通の小学生。
もちろん、桑名オジサンとの会話など成立しない。
それでも、ステージ上ではあんなに親密に
会話が成立しちゃうんだもんな。

音楽って素晴らしいぜ!


とにかく、楽しく、幸せな夜だった。
リクくんのこれからが実に実に実に楽しみである。(ぶ)




スポンサーサイト
コメント

いいなぁ

そのリズム隊は、去年ぼくも同じBluesAlleyで、TinaPonというバンドで観ました。日野賢二さんは確かにすごかった。

そのうえ桑名さんにリク君か。いいなぁ。
奥様は桑名さんとお知り合いなんだっけ?

いいだろう

いや、ホント、おいしかったぜ、あの取り合わせは。なぜかうちのカミさん、あの年代からオレたち世代くらいのミュージシャンの知り合い、結構多いみたいだね。(ぶ)

そうなんだ

そうなんだ。なんかそういう仕事してたんだっけ?

BluesAlleyはハコもいいよね。まず音が、PAがいいのと、ライブハウスであれだけ食べ物に気合入れて、ちゃんとした物出すところってないじゃん?

しかも文面から察するにかなりかぶりつきの席だったようだね。ぼくが行ったときも前から2人目か3人目の席で、Pontaをフィーチャしたバンドだったので、ドラムがステージの前のほうにセットされていて、4,5mくらいの距離で観れてすっごい幸せだったのを憶えている。
http://tacovo.typepad.jp/kotomono/2007/08/tinapon_live_d20d.html

なんかひところの(今はなき)六本木PitInnみたいなステータスになりつつあるんじゃない?

いつかあそこでやりたいなぁ。我々も。個人的な貸切とかじゃなくて、ちゃんとバンドとして呼ばれて。

すごっ!

読んでいるだけでグルーブっていうんでしょうか、熱気が伝わったような感じでちょっと興奮しました。
あ、私もアルディメオラのころマルデダメオラとか言ってました~。

ひゃ~、PONTAさんを...

PONTAさんを”「フロアタム専門担当」に従え”るなんて、ありえない!
すげぇですね、リク君。
なんか、ライブに行きたくなってきました。この間うちの健康さんのライブにも行けなかったし。

>ぎょらんさん

言ってたんだ、マルデダメオラ(爆)。それ、思いっきり年バレですぜ。(ぶ)

>m_jci さん

でしょ?たぶんPONTAさんも、ジミヘンの曲叩いてるの聴いてて「ただもんじゃない」と悟り、大人なサポートに回ったんだと思うんですよ。あたかもPONTAのドラム教室って感じでした。(ぶ)

リクくん初見だった!

原田喧太(原田芳雄のご子息)氏のブログを読んで倒れそうになりました。なんとリクくんはゲストと言うよりいわゆる「飛び入り」で、当日までパープルヘイズという曲も知らなかったそうです。それであの演奏!あ、あ、あ、ありえねえ!!!!(ぶ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。