プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」CDショップ
年末にスタートしたこの企画も、6.「うなじ」で息切れ、
このまま終了かとの憶測も流れたが、
3週間以上ぶりに復活だ。

この曲は、なにせ「第1期 恥知らずポップバンド時代」
の曲だからして、全然ふざけていないのである。

それと、この曲のみ、Ko太郎がお休み。
コーラスやギターで参加してもらおうと思ったが、
私ブーランが録音技師の学生たちと、
仕事の合間にチマチマ入れた奴で「いいや」
ってことになってしまった。

あと、これも言っときたいんだ。

この曲のドラム、ベース、ピアノは、全部同時に、
それぞれのマイクに音がかぶりまくる状態で録った。
したがって、誰か間違えると最初からやり直し、
というマキゾエにはなかなか辛いシチュエーション♥

これは、わが音響芸術専門学校の講師で、
ジャズ録音の大御所、及川公生先生のレコーディングスタイルを
踏襲させていただいてみたのである。
巨匠同様の音、というわけにはいかないが、
バラバラに録るのとは違う、一体感が出ていると思うぞ。

曲は、いわゆる「ラブバラード」に分類されちゃうのかもしれないが、
この当時よりさすがに「好き」とか「愛してる」とかって歌詞は、
日本男児としてあり得なかったので、これは別れの曲である。
それも男の立場で書くと恥ずかしいから、
女の立場で書いた別れの曲。(屈折…)

たしかマキゾエが作った曲に、オレが歌詞を書いて
いきなり練習で歌ったんだったと思う。
26年前くらいの話です、はい(苦笑)。(ぶ)


7.「アスファルトの舗道を」

ブーラン:リードボーカル、歪みギター×2、アコースティックギター、コーラス全パート

マキゾエ:ピアノ、シンセもろもろ

みのりん:ベース

Tacovo:ドラムス、ウィンドチャイム


スポンサーサイト
コメント

一発録り

>ジャズ録音の大御所、及川公生先生のレコーディングスタイルを踏襲

一発録りで感じられる緊張感と一体感は、ジャズには欠かせません。
「健康」の皆さんもやりますね!

>アストラルさん

おお、さすがアストラルさん、お詳しい。「一緒にやってる感じ」って音にちゃんと出ますよね。一般の方からすれば、「一緒に演奏するのが当たり前」と思われるでしょうが、POPS系の場合、バラバラに録っていくのが普通なんで、我々にとってもこの録り方は挑戦だったんですよ。(ぶ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。