プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
今朝はなぜか久しぶりに江戸っ子モード全開のブーランである。
先日、娘が週に一回通っているリトミックのオープンクラスに行ってみてぶったまげた。

まあ、これは行くたんびにたまげてるんだが、今回は、娘が小学生になって、トレーニング内容も、ぐっと専門性が高くなってきており、その進歩の度合にいつも以上にぶっとんだわけである。


何が驚いたって、まず、

めちゃめちゃなメロディーを先生が弾いて、「はい!」と掛け声をかけると、「♪ホーーム」と言いながら、そのメロディーの主音を全員が歌っているではないか。つまり、曲の一部を聴けば、その曲のキーコードがGだとか、A♭だとかを感覚的に当てることができるのだ。しらなかったよMy daughterそんなことができたのね、もう♥

とはいえ、まあ、さすがにこれはオレにだってできるってもんだ。そもそも楽譜が苦手なオレの場合、「感覚的な勝負」に持ち込んでいただければ、そこそこ戦えるってなもんだ。

と、この時点で、すでに娘をライバル視せざるをえないところに追い込まれているのに気づくオレ。

さらに、次の段階になってくると、抵抗する気にもならなくなってくる。

つまりだ。

またまた適当なメロディーを適当なキーでペロロンと先生が弾くわけだな。で、「ドをちょうだーい」と先生がおっしゃるてえと、小1、小2のおこちゃまどもが、一斉にクールファイブよろしく右手を差し出しながら、「♪ドー」と歌うではないか!

あっけにとられていると、すかさず先生がマイクで解説。

「これは絶対音感とは違います。すべての音を音階で感じる絶対音感ではなく、ドならドが分かれば、あとはそれとの相対的な距離感を正確に捕まえることの方が大切なのです。」

ううむ、まったく先生のおっしゃる通りだー!
I cannot agree more(これ以上賛成できまっしぇーん)だー!

ん?…だが待てよ。

「絶対音感じゃない」って言いながら、「ド」は絶対的に覚えてんじゃねえか!


オレなんざあ、ギターの5弦のA(ラ)の音な、あれ、チューナー使わないで当たる確率、大甘に見積もって約3割な。今まで、何千回聞いたか分らないあの開放弦の音すら外すことの方が多いわけよ。それを7年ちょいしか生きてない奴が「ドー」って当てるか、普通?嬉しいより悔しい。

驚かされたのはそれだけではない。

なんと、

3/4拍子と6/8拍子を区別しているじゃねえか、こいつら!

「たーた、たーた、たたー」などと言いながら、アクセントの違いを口とステップで表現しわけながら、小1どもがステージ上を歩きまわっているのだ!

そう、同じメロディーでも、アクセントの付け方が3/4拍子と6/8拍子では全然違う。頭では分かっているが、瞬時に表現しろ、と言われても、オレなんざあ、考えこんじまって出来ねえわけだからな。


そうこうするうちに、娘の出番は無事終了。
ステージを降りた娘の隣りで、小学校高学年の模擬授業をなかば放心状態で眺めていると、なんと、前触れもなく、恐怖の「お父さん参加コーナー」が始まりやがった。

仮にも、音楽活動を展開し、CDまで出しているオレが、万が一にものこのこ出てって、ステージ上で馬脚を現すようなことがあってはならない。「さあ、お父さんたちもステージへどうぞぉ。リトミックを体験してみてくだぁい♥」という呼びかけにも、当然のようにスルーを決め込んでいたオレであった。

だが…。

考えが甘かった。


「さあ、あなたもパパと一緒にステージにあがってらっしゃーい♥」

との声に横を見れば、その声を発しているのは、ほかでもない、わが愛妻ではないか!!!


・・・1分後、娘の手を引き、ほかの勇敢なお父さんたちとステージに佇むオレ…。
しかも、娘はたちまちオレの手を振りほどき、ほかの友達とキャッキャとはしゃぎはじめてしまう。

「健康」ではあんなにリラックスして楽しめる同じステージの上なのに、娘に放置された途端、なぜか額に脂汗をにじませるオレ。

と、すかさず先生が、一つ目の課題をお見舞いしてくれるではないか。


「はい、こんな感じのメロディーを弾きます。メロディーに合わせて1、2、3と言いましょう。1、2、3、1、2、3。はーい簡単ですねえ。」

そりゃそうだ。そのくらいならオレだってできる。バカにすんなっつうの。


「じゃ、次に、1の時は膝を叩きましょう。2の時は手をたたく。3の時は万歳しましょう。はーい、どうぞ。」

この課題も軽くクリア―。当たり前だ。これでもミュージシャンだからな。
しかし、この後、様相は一変する。


「じゃ、今度はメロディーを聴きながら、音が抜けた部分の動作はしないでください。」

と先生が言ったかと思うと、適当にピアノを弾きながら、ところどころ無音にする。2が抜けた、とか3が抜けた、とか、おっと今度は1と3が抜けやがった、とかはわかるものの、気がつくと、膝をたたいたり、万歳したりしている間抜けなオレ。

照明の熱気にもあてられ、呆然とステージを降りたオレに、娘からとどめの一言。

「パパ、全然できてなかったね。」


…リトミック万歳。(ぶ)

スポンサーサイト
コメント

音を聴き取る感覚

ドにも色んな高さのドがありますけど、絶対音感ならばある1つの高さのドを認識しますよね。
子どもたちの先生が「ドの音をちょうだい」と言った時、子どもたちの一人一人は、色んな高さのドを発声したのでは?
絶対音感があると、街中の雑踏や信号機の音など全てが音階で聴き取れるのですから、もし私にそんな能力があったら嫌になってしまいそうです。
先生が仰った「ドならドが分かれば、あとはそれとの相対的な距離感を正確に捕まえる」という事と、複数の拍子を認識する力、これら2つは、音痴の正反対の極地にあるものだと思います。

>アストラルさん

ところが子供たちは、しょっちゅうこのトレーニングを一緒にやっているので、みんなおんなじ高さのドを歌うんですよ。自分にはないので、絶対音感が便利なんだか不便なんだかはよく分かりませんが、相対音感は音楽やるにはホントに大切ですよね。(ぶ)

リトミック

保育士になる勉強をしていたころ・・・(学生時代)
リトミック云々の授業があった記憶が・・・。
でも、あれって年々進歩してるんですよね。
研修会に行くと ついていくのに必死ですv-388

>のりままさん

へえ、のりままさん、そんな経験もあるんですか。もともとはスイスのダルクローズ夫妻が始めた音楽教育手法らしいですが、なるほど、現在進行形で進化してるんですね。いずれにしても、楽譜の勉強もしながら、しかし楽譜に頼らず、感覚的に音楽をとらえられるようになるのはいいことですね。(ぶ)

音楽

子どもたちを見ているとリズムや音程はもともと
楽譜より耳で覚えるほうが先なんだなと思います。

しっかり音楽の勉強をしていない保育士よりも
3歳くらいの子どものほうが
音やリズムをとらえる能力は確実に上ですよ。

なんとなく…

なんとなく、拍手ボタンを押したら、登録完了の画面が出てしまいました。

以前の記事で、「これは拍手モノだ!」と思って、ボタンを押した時は、ダメだったのに…

あっははは

お久しぶりです~。
おもろい~~。
私、取材で1~3才くらいのリトミックってよく行ってます。ホントち~ち~ぱっぱって感じだけれど、もう少し続けていると、こんなふうにパパを驚かせるところまで進化しちゃうんですね~。あっという間に。
でも、やっぱり「良く聞く」「耳を澄ます」「想像力を高める」って必要なことだと思います。特に小さいうちに楽しみながらやることが大事なんだろうなあ。←ピアノ小3で苦しみ挫折orz

>のりままさん

子供の進歩のスピードってホント、怖いくらいですね。もう、ドンドン抜かれてく…。(ぶ)

>ルパンさん

お久しぶりです。拍手ありがとうございます。っていうか、よく読むと、今回はあんまり拍手な気分でもなかったけど、試しに押してみたって感じですね。それでもいいや。ありがとう!(ぶ)

>oobaさん

へえ、oobaさん、リトミックの取材もなさってるんですか。1歳からやってる教室もあるんだ~。先生大変だろうなあ。(ぶ)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。