プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:レコーディング報告
080318_1639~0001


♪「ま・た・ね」ラフ・ミックス(部分その1)
Copyright 2008, マキゾエハロウ&「健康」

♪「ま・た・ね」ラフ・ミックス(部分その2)
Copyright 2008, マキゾエハロウ&「健康」

 ↑↑ごくごくサワリですが、音源アップします。お聴きください。

昨日、新バラード「ま・た・ね」に添えるバイオリン・パートの録音を、ブーラン、マキゾエ立ち会いのもとに行いました。

ワタクシみのりんは、バイオリン収録には間に合わなかったのですが、入れ替わりにスタジオ入りし、現段階での音源でざっくりとラフ・ミックスを行いました。

今朝起きて、思いつきました。

レコーディングの進捗状況、というかメンバー相互の打ち合わせ、アイデア交換のプロセスを、このブログ上に公開しちゃうとおもしろいんじゃないかと。

場合によっては、音源の一部を読者の皆様にも「チラ見せ」して、図々しくもご意見をうかがっちゃうなんてのもアリかなと。

で、メンバーとサポート2名にラフ・ミックス音源を配布しましたので、どんどんコメントし合って打ち合わせしませう。

あ、もちろん、読者のみなさんのツッコミ、乱入、闖入、冷やかし大歓迎です!!!

ただ、この企画、完全に僕の独断的思いつきですから、メンバーからダメ出しくらって削除になっちゃうかもしれませんが、そのときはどうかご容赦を。

で、まずは、ミックスをしたみのりんから一言。

◆ラフ・ミックスにはキーボード(ストリングス系)などは入っていません。これを聴きながらマキゾエがリアレンジする予定。

◆コーラスの追加を検討する余地がありそうです。が、SDR-24の空きトラックはあと4チャンネルしかありませんので、そこんとこシクヨロ。

◆メイン・ボーカル、ところどころバズが入っています。元音源そのものから出ている可能性が高いので、場合によっては、また録り直しという可能性もあるぞ。

◆バイオリンの音はちょっと硬すぎるね。

◆スネアの音が気に入らないな。Tacovo、次回は責任EQシクヨロ。

(みの)
スポンサーサイト
コメント

押しましたな

昨日は、その前の国際コンクール用Vn録音がサクっと終わる予定で、「健康」セッションも暗くなるころには終わると思ってたが甘かった。そもそもVn録りが、編集を防ぐために映像付きDVD納品だったので手間どり、そこで既に1時間押し。「またね」のVnも奏者のSさんがポピュラー系のVnレコーディングが初、ということもあって、予想の倍以上かかったが、Vnが入ってなんか「健康」とは思えないリッチ感が出ましたな。

で、早速ブログ会議だが、
・Vnのメロとオレの歌&EBがハモる部分、あれでよいだろうか。EBと歌はハモるつもりで歌入れしたけど、間にVnが入ってくるとは予想していなかったので、音を引きずり気味に歌っちゃってて、その部分のハモリ感がどうなのかな?って感じがするが、どうなんだ?

・コーラスは少し入れた方がいいと思う。4トラックで入れきるには、厚みを出すためにオレとKo太郎が同時に歌いながら録った方がいいね。

・ボーカルのバズは、GATEで切れないくらいのレベルか?最悪の場合、SadieにVocalを一旦Copyして、ノイズ抜きした上でSDR24/96に戻すことで解決すると思うぞ。

・SちゃんのVnの生音はもっと丸みがある。どうもマイクを通すと固くなりがちなんで、EQで丸めてあげよう。

ハモはOKだが

>Vnのメロとオレの歌&EBがハモる部分、あれでよいだろうか。

ここは問題ないと思う。

それより、転調間奏後のサビの入り、ピアノとボーカルのタイミングがかなりずれてるのが、オレ的には気になります。ボーカルが突っ込んでるんじゃないの?

シングルボーカル

ダブルで録ったVocalパートを編集して、シングルにする作業をSADiE上で行ったぞ。なんとかシングルでいけそうだと思う。ダブルのリッチ感はないが、シングルの方が切なさは伝わるかな。(ぶ)

その方がよさそう

とくにベースとの完全デュオになるイントロは、シングルの方がいいだろう。
SADiE編集ということは、転調間奏後のサビ入りのタイミング修正もできるんじゃない?そこから後だけダブルってのもアリじゃないかと思うぞ。

なんかさぁ...

今更こんなこと言って恐縮ですが、久々に(つっても前はリズムギターとか入ってなかったけど)聴いたら、全体にすごくリズムが寸詰まりな感じが気になるんですけど、これってドラムとベースだけでもそうだったっけ?

どうにも気持ち悪いんだけど、テンポが速いの?音数が多いの?みのりんは気にならない?う~むぅ・・・

バヨリンはよいではないですか。ボーカルは確かにシングルの方がよさげですな。キモイ感はかなりなくなったけど、うーむ、まだところどころ「シナ」作ったみたいな感じが気になるなぁ。

いやいや、根本的なちゃぶ台返しみたいなこと好き勝手に言ってすんまそん。もちょっと聴きこんでみます。

好みの問題かもしれないけど

健康のレコーディングアレンジには関わったことないし、この曲のコンセプトを理解してないので的外れかもしれないので、色々書くけど適当に聞き流してくれていいよ。

すごくテンポが速く感じるなぁ。クリックぽいというかバラードなのにゆったりした感じがしないんだよなぁ。
歌詞の内容が悲しい感じだけど敢えてそれを出さない前向きな感じを狙ってるのかなぁ?歌も感情移入攻撃が不評だったせいかサラッと歌ってる気がするし。
もちろんそれを狙ってるならそれでいいんだけど。
噂の難易度ウルトラEのアルペジオなんかもシーケンスパターンみたいで・・ってシーケンサーなのか?(笑)
ってな訳で、個人的にはもうちょっと大げさ系泣きバラード風アレンジが好みですなぁ。


>主審

バラード、バラードって再三言ってきたんで、あるいは先入観を抱かせてしまったかもしれないが、基本的な調性はメジャーだし、少なくとも泣き濡れるような曲ではないね。
テンポに関しては、初めて聴いた人が「すごく速く感じる」というのは、冷静に受けとめねばならん意見だと思う。
ちなみに、アコギ・アルペジオは、マキゾエのデモ音源ではもちろんシーケンスだったけど、すべてブーランの手弾きです。

>Tacovo

まず、テンポに関しては、最初のAメロ(ベースとボーカルのデュオ)からして速いと感じるようなら、根本的なテンポの問題なので、全部録り直すしか解決策はないが、少なくとも俺は、1回目のサビ終わりまでは違和感なし。
2回目のAメロからアコギの16分音符アルペジオが入って一気にせわしない感じなるが、アコギ自体はどちらかといえばモタリ気味。Bメロは、デモには無かった細かいトップシンバルがチト問題かもしれない。とくに「湿った風のなか声が」の「声がーー」のところは、トップシンバルが「チンチチ」と鳴り続けているために“ブレイク感(メリハリ感、盛り上がり感)”がなくなってしまっているね。
2回目サビのアコギのストロークは若干突っ込み気味かもしれない。一方、ドラムはトップ・シンバルがジャストか突っ込みなのに対してスネアがかなり後ろに来てますな。アコギのタイミングをほんの少し後ろにずらすといいかもしれない。
あと、バイオリンは、オブリのところ以外、全体に突っ込み気味です(クラシックの人なんでね)。
ベースは、音量を上げてもあんまり前に出てこないので、全体にジャストかタメ気味のようです。
音のバランスで言うと、この仮ミックスには白玉系がまったく入っていないので、それが入るとまた違うと思う。とりあえずは、
◆トップシンバルの音量を下げる。
◆アコギ・ストロークやバイオリンのタイミングを後ろにずらす。
このあたりが解決策かな。

ボーカルのニュアンス

これ以上この哀しい死別の曲をアッサリ歌うことも、自分の癖を完全に消すこともオレには抵抗があるなあ。もう、これでダメだと、これはオレじゃだめっだってことなのでボーカルを変えてもらったほうがいいと思う。(念のためオレ怒ってんじゃないよ。ただ、これでもアッサリしすぎて違和感あるくらいなんで、もう変えられません。)(ぶ)

テンポ

そんなに変?Tacovoは具体的にどこが変だと思うんだ?そりゃあ、微妙に揺れたりずれたりはしてるが、それが手弾き演奏の醍醐味ってもんだろ。GtrのストロークやVnずらして良くなるんならいいけどさあ、なんかみんな、ProTools時代の音楽の作り方に影響受けすぎじゃないだろうか。(と、オレらしい「最初にOKありき」な意見)。(ぶ)

>主審

>個人的にはもうちょっと大げさ系泣きバラード風アレンジが好みですなぁ。

その気持ちは分かる。が、悲しい思い出をあえて希望を感じさせる明るめのアレンジでアッサリ仕上げようというのは、作者マキゾエの「男の美学」だと理解してみたがどうだろう。そう思って主人公を「ある意味女々しい、感情豊かな男」から「なんでも飲み込んで悲しみを周囲に見せない大人の男」に変えて歌い直したんだよ。(ぶ)

編集

シングルボーカルの編集は、Break後の突っ込み部分はもちろん、ノイズやクリップ部分も全部きれいに処理してあるよ。あと、このユルいオレが唯一気になった、ドラムのタム回しのモタり部分についても、編集で違和感なく修正できることを確認済みです。(ぶ)

おさわり

なぜか長文をアップしようとすると、自宅のPCは拒絶するんで、数が多くなってスマン。
で、みのりん、「サワリ」って、ホントに滅茶苦茶サワリだけなのね。みなさんせっかく雨の中パソコンやってんだから賑やかなとこもちょこっとサービスしたら?(ぶ)

やりすぎ注意!!!

>ブーラン
はっきり言って、Tacovoはビールでも飲みながらパソコンのスピーカーとかで聴いたんじゃないか?ちと間を置けば、彼奴の感じ方も変わってくると思う。
つーのは、俺はほとんど違和感を覚えないのだよ。各パートのタイミングは、あんまりいぢらん方がいいと思う。特にベースの演奏はペルフェクト(¡perfecto!)なので、決していぢらないよーに!!!
方向としては、
(1)ボーカルをシングルにする。
(2)break後の部分のみ、ボーカルのタイミング修正をする。
あとは、白玉、コーラス、シンセ類を重ねてみた時点で、よほどマズいものがあれば修正。
だけど、他の音源が重なってくると、ますます違和感はなくなってくると思うよ。

>おさわり

このブログ自体にファイルとしてアップロードできるのは500KBまでなんで、どっちみちあのぐらいになっちゃうのよ。
でもまあ、あとでもう1本ぐらいアップするよ。
ちょっと待っててね、みなさん。

やはりね。

>ブーラン
やはり「なんでも飲み込んで悲しみを周囲に見せない大人の男」だったんだね。大泣きする必要は無いけど、あまりにも「そんなの関係ねぇ。」って感じなのはただの薄情な男になっちゃうしさぁ、男の美学どうこうの問題ではないんじゃない?
でも、そのさじ加減はとても難しいだろうなぁ。
サビは前向き全開だろうけど、個人的にはAメロとかは憂いを持たせてほしいなぁ。

ALL>
アレンジ的には全体的にベースの音数が多いかなぁ?歌の音符と同じくらい弾いてない?(笑) 特に1Aとかはベースの音数が多い気がするね。(音色の調整でもっと引っ込める予定なのかな?) 俺がアレンジするなら1Aに関してはベースが無くてもいいくらいだな。Bから入って、2A、2B、って段々盛り上げるってのがバラードらしくない?
2番はアコギが入るからベースの音数が減るのかな?このくらいで丁度いい感じがしたよ。でも、それだと「健康」じゃないのかな?(笑) 最初は音数や楽器の種類が少なくて段々ゴージャスになるのがよくねぇ?

バイオリン入る前のフックとかお洒落でいいよねぇ。そこから後は文句無く好き♪

失礼な

確かに酒は飲んでいたけど、PCのスピーカーで聴いて文句言ったりはしませんぜ。

旅先なのであまり落ち着いては聴けないのだけど、さっきもう一度聴いてみたら、ギターの手数が気になるんだな、と思いました。Aメロのアルペジオは16分メインではなく8分メインくらいのゆったりした感じでよいのでは?音量を押さえ気味にすればよいのかもしれないけど。

あと、サビのバックに入ってるギターも、ツ・ツ・チャーチャ ツチャツツチャーって、特に16裏で入る音が全体の中で浮いてる感じがするなぁ。これももっとおとなしめにした方がよいのでは?

最初のところのベースの手数は、全然気にならないと言うか、すごくかっこいいと思うんだけど。でもそれ以外の曲全体は、8分系をメインにすべきで、16分はあっても、表の8分をミュートした、強調系の16分は、ちょっとそぐわない気がします。

まぁ確かに、白玉系の音が入れば印象が変わるかも知れないけどね。

しかしこの曲、随所に私のミスが目立ちますな。うーん、ちょっと辛いなぁ。スイマセン。

ボーカルはシングルになれば気にならなくと思う。ダブルで聞こえるとちょっとくどい感が出るんだと思うよ。シングルバージョンも聴かせてください。

まずは音量バランスで調整してみよう

>確かに酒は飲んでいたけど
ダメじゃん。酒入るとテンポは速く感じるものだよ。(^_^;)

みんなの意見を総合すると、弾き直し・録り直しとかのレベルではなく、音量バランスの調整でかなり改善されるんじゃないかという気がするね。

実際、これはマキゾエがシンセ・パートのリアレンジを行う参考に供することを主目的としたラフ・ミックスなので、各パートが何をやってるかがはっきり聴き取れるような音量バランスにしているのでね。

しかし、このブログ会議、思いつきで試してみたが、なかなか建設的で良いな。

一度聴いただけだけど

バイオリンとピアノの導入部>とてもいいと思いました
それに続く歌とベースだけのところ>ベースが雄弁過ぎる感じがする、この辺は主審の感覚と同じだな
歌>あっさり目なのはよしとして、もう少し癖のない自然な感じの方がいいような…あ、ぶーらんにとってはこの癖が自然な感じなのかもしれんが
全体>アルペジオが入ってきた後は自然に聴けたので、それとのバランスで前半部をもっと抑えめにした方がよいのではと思いました
以上、勝手に書き散らかしました
完成形がイメージ出来てないので、とんちんかんなことを書いてたらm(_ _)m

そういえば

肝腎の作詞・作曲・編曲者であるマキゾエから、まだ一言もコメントがないね。

ドラムを除くほとんどのパートはマキゾエの譜面を忠実に弾いているので、ここらでマキゾエにリーダーとしての見解を述べてもらわんといかんなあ。

おーい、マキゾエ!
(海外出張か?)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。