プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」なことば
ひょんなことがきっかけで、昔の記憶がフラッシュバックのように蘇ることがある。

数日前、新聞を流し読みしていると、「東海なにがし」という名前の方の記事が載っていた。
その記事の内容は、最近のことほどすぐ忘れる私ブーラン、すでにまったく覚えていないのだが、
「東海」の文字を見た瞬間に、私の脳裏には、高2のある日の放課後風景が、
鮮やかに蘇ったのである・・・・

その日私は、青高の事務室脇のベンチにクラスメート数人と腰掛け、外苑祭に出品する8mm映画の
企画を練っていた。その際、現在は「健康」のお祭り男として知られるKo太郎が、
自信に満ち溢れた口調でこう言ったのである。
「ほら、あのトウカイ・リンタロウみたいな感じでさあ・・・」

私のみならず、全員の頭上に?マークが浮かび、春の風に吹かれてユラユラと揺れた。
一瞬の静寂を経ての2秒後、われわれは完全に窒息した。
そしてその後の笑いすぎ酸欠&腹痛状態から抜け出すまでに、a good10分を要したのである。

賢明な皆さんはお気づきだろう。
その瞬間こそKo太郎が、モーニング着用での直立不動唱法であまりにも有名な昭和の大歌手、
東海林太郎大先生の名を、トウカイ・リンタロウと読み続けていた、という驚くべき事実を、
恥ずかしげもなく白日の下にさらした瞬間だったのである。

え?そう読むんじゃないんですかって?
きみきみ、若ぶっちゃいけないよ。知ってるくせに。
ね、ホントは知ってんだろ?「ショウジ・タロウ」って読むことぐらい。

このエピソードは、早速我々の映画「青春との遭遇」に、私の演ずる転校生の役名として
取り入れられた。
こうして書いてしまえば実に他愛ない出来事なのだが、私にとっては実に懐かしい思い出ではある。

そういえば、最近、「健康」のレコーディングがなかなか行えないせいか、
窒息スレスレまで笑うということがなくなっているような気がする。
これはいけない。腹筋が鍛えられないではないか。

しかーし、心配はご無用だ。
なにしろ月曜夜には、「近すぎて見えない」の再ミックスが控えている。
その前にバイオリンとピアノのオーディションテープ録音が入っているが、Vnの○カちゃんは
ぶっ飛びスーパーカー並みの天才(我ながらレトロな表現で素敵だ!)だからサクッと終わるだろう。
「健康」セッションさえ始まってしまえば、爆笑窒息モードに入ることなど、
私にとって、いともたやすい事である。


さて、最後となったが、晩年に至っても、分厚い老眼鏡をかけつつ
頑ななまでに直立不動唱法を貫きながら、その実直な歌いぶりに似合わぬ波乱の私生活を送った
という東海林太郎の生き様に、畏敬の念を込めて、この歌を捧げよう。


「近すぎて見えない」 Copyright (c) Kenko 2006

♪ 近すぎて見えない。
♪ ああ 愛が 青春が かすむ


私の青春時代の思い出は、霞むどころか、年齢を重ねるとともにますますその輝きを増しているが、
問題は5分前の記憶が、かなり不鮮明になりつつあることである。
「近すぎて見えない」のは、今や視力の問題だけでなく、記憶の問題でもある。(ぶ)


P.S.
ところでみなさんには、妙にはっきり覚えている昔の爆笑記憶があるだろうか?
是非とも、爆笑のおすそ分けをいただきたいものである。
あと、実は、私にはもうひとつ忘れられない大爆笑記憶があるのだが、これはあまりにも面白すぎて、
その面白さを余すところなく文章化する自信が持てないでいる。
いつかは書いてみたいと思っているが・・・

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。