プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」なことば
ブーランだが、超久々に「健康なことば」コーナーへ投稿である。

とにかくやたらとボーカリスト間の掛け合いが多いのは
われわれ「健康」の楽曲が持つステキな特徴のひとつであるが、
純粋な「デュエット・ソング」というのは、意外と少ない。
というか、たぶんこれ1曲しかないのではないか。

タイトルは「二人はツワリ」。
一応韻を踏んでいるが、ウンチを踏んでいるのと同じ程度の意味しかない。

日本の未来や、皆さんの人生にとって、役に立つことなど金輪際ありえない、
ただただバカバカしいだけのその歌詞を紹介しよう。


(男) そうか、お前確かに・・
(女) ええ、ワタシ確かに・・
(男女)二人だけの、二人だけの宝物
    身籠り始めた、不思議な3ヶ月

(女) 限界超えた、私の醜さ
(男) 添え木を添えて、持たせた日
(女) アハハン
(男) あららん
(男女)持続できない、二人はツワーリー


なんという恥さらしな曲であろうか。

上記の歌詞が正確かどうかは定かではないが、
しかし、概ね覚えていることにすら嫌悪感を禁じえない。
「お父さんから生まれたい」に劣るとも勝らぬ、
「ミスターお下劣」マキゾエの真骨頂を示した記念碑的作品である。

しかも、男パートはKo太郎が前川清風に歌い上げ、
女パートは事もあろうに私ブーランが裏声で担当しているのである。

いかにゲロゲロな曲かは、容易にお察しいただけよう。

曲調は、いわゆるド演歌。
このイントロをショボショボのシンセ(DX-7)で前メンバーのNくんが弾き、
ライブでは約30%の確率でミスタッチしていた。

ミスタッチされても全然頭に来ない。

もちろん、「健康」というバンド内において、
他人のミスタッチに憤るような「人並みの人権」というものが
私ブーランに無いのは言うまでもないが、
とにかくこの曲、ミスタッチしたくらいでちょうど良い味が出るという、
珍しい曲であった。

現在の第4期「健康」は、「歌詞はナンセンスでも音作りはクールに」
という方針を貫いているので、こういうバカ曲がアルバムに入る可能性は
幸か不幸か、皆無である。

しかし、晴れて「健康」がライブで皆さんの前に姿を現すとき、
われわれは、この曲を勢いあまって演奏してしまわないだろうか。

そんなことを心配しだすと、動悸が激しくなり夜も眠れない私ブーランである。(ぶ)

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。