プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」な機材
ついに私ブーランがこのコーナーにデビューする日が来た。

が、そもそも私の場合、みのりんがあきれ返るほど機材には無頓着である。
ギターはエレキとエレアコ各1本しか持っていないし、使っているエフェクターも大半が
四半世紀前のものだ。
かといって、「弘法筆を選ばず」という身の程知らずな暴言を吐くほど厚顔無恥でないつもりの
ワタクシである。とにかくひたすらめんどくさがりで、無頓着なんだから困ったものである。

ついでにいうと、私が乗っている車も既に満12歳の春を迎えている。
ちゃんと走るものを数年おきに買い換えたい、という欲求がまったくと言っていいほど湧いてこない。
洋服にしてもカミさんが呆れて「そろそろシャツ買いなさい」「スーツ買いなさい」と言い出すまで、
買いたい、買わなければいけない、という発想が湧かない。

思えば、昔観た「街の灯」というチャップリンの映画に感動し、「本質と虚飾」というテーマについて
考えさせられたのが影響しているのだろうか、「ブランドもの大好き」という人たちには、
失礼ながら共感というものを全く覚えることのできない私である。

またまた言い訳が長くなってしまった。

機材に対して無頓着である理由を、「生き方の問題」にすりかえてしまうあたり、
じゅうぶんに厚顔無恥なんじゃないか、と、呆れるのを通り越して我ながら実にすがすがしい。

tonelab-1


さて、そんなめんどくさがりの私に、ピッタリの機材を見つけて愛用しているので、
みなさんにもご紹介しよう。
ビートルズが使用していたギターアンプのメーカーとしてあまりにも有名なVOX社が
制作したアンプシミュレーター兼エフェクター、Tone Lab(無理やり訳すと「音質研究所」)である。

見よ、新鋭機材にしては、やたらとレトロな味わいに包まれたこのボディーを。
右上には、しっかり真空管が装填され、デジタル特有の音の硬さを、真空管ならではの
ナチュラルな歪み感でなじませてくれるのが嬉しい。

そして、何よりマニアの心をくすぐるのは、左下の二つのダイアル、すなわち、
「キャビネット選択ダイアル」と「アンプ選択ダイアル」である。
このダイアルでは、ビートルズが使ったVOX社製AC30をはじめ、Fender、Marshallなど
主要ギターアンプメーカーの製品を、キャビネット(スピーカー)とアンプそれぞれ別々に
選択し、組み合わせられるようになっている。

つまり、AC15TBのアンプで増幅した信号を、Fender Twin Reverbのスピーカーで鳴らす、
という、現実的にはありえないような組み合わせで音作りができるのだ。
私の場合は、オーソドックスにVOXのアンプとキャビネットを組み合わせているが、
往年の名機の姿を思い浮かべながら、カチャカチャとダイアルを換えてみるのは、なかなか
楽しいものである。

また、様々なパラメーターを組み合わせて自分が作った音は、バンクにその設定を覚えさせて
おけるので、スイッチひとつで瞬時に「モーハレ」「ウナジ」Modeに入れる。
めんどくさがりクンの私にはうってつけである。

しかーーーーーーーーーーし。
唯一、残念なことがある。

私がこのTone Labを衝動買いした渋谷KEY楽器には、私の所有しているタイプしかなかったので
知らなかったのだが、後日「六本木アビーロード」で、世界一のビートルズコピーバンドである
「パロッツ」のジョージ役、バンビーノの足元を見ると・・・・・・

tonelab-se


ガーーン!!!
なんと、フットペダルつきの豪華版Tone Labを使用しているではないか!
「なんだ、お前、ステージ上のAC30と、その前に立ってるマイクはダミーだったのかよ!」と
憤ったわけでは、無論ない。
どうせ、一万円かそこらの差額である。私もバンビーノの持ってる奴が欲しかったのだ。
だって、ライブのとき、ペダルがないと、音色切り替えられないじゃん。
「そっちの方がいいよー」とゴネてもあとの祭りであった。

かくなるうえは、ステージ上に裸足で上がり、右足親指でバンク切り替えボタンを押す技を
習得しなければなるまい。

「健康」ライブへの道のりは、果てしなく長く、そして険しい。(ぶ)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。