プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」な機材
telecas


昨日、急に音楽プロデューサーをしている弟から私ブーランの携帯に電話が。

「レコーディングにレスポール使いたいんだよね。」
「いいけど、いつまで?」と聞くと、
「アルバム録ってるから当分使いたいんだよね・・・」
「・・・わかった。あとでスタジオに届けるわ。」
「サンキューサンキューありがとね。」

弟というものはいくつになっても可愛いものである。

というわけで、私の唯一のエレキギター、Gibson Les Paul Custom'77は
また彼の手元に渡ることとなった。
所有権は私にあるはずのレスポール君ではあるが、
なにせこっちは「趣味」。弟は「仕事」。

重みが違うのである。

それに「かわいい子には旅をさせろ」というではないか。
また、レスポールが誰かのアルバムで活躍してくれるなら、それもまた良しである。

しかし、待てよ・・・
おいおい、これじゃあ「健康」のレコーディングができないではないか!
せっかく買ったTone Lab SEも、肝心のギターが無ければ、
デカイだけがとりえのただの箱になってしまうぞ。どうすんだ!?


そこで・・・


夜間部の授業前の時間を利用して、私は御茶ノ水へ走った。
中学生のとき、私がはじめてギターを買った店、下倉楽器店に着くやいなや、
Gibson SGを何タイプか試奏。

うん、結構いいね。

ギターは楽器なので、安いものを買ってはいけない。
これは鉄則だ。
しかし、私としては、いいギターを何本も買うことはできないので、
買うんだったら汎用性の高いものを買いたい。
しかも、あんまり人が使っていないユニークなのが欲しい。
ということで、SGに狙いをつけたわけである。

しかし問題が発覚。

SG Standardは、非常に音が前に出てくるし、輪郭もはっきりしていて良い。
ところが、ネックが太くて握りにくい。
一方、SG 61 Model reissueという、61年モデルの復刻版は、
ネックが三角形状に削られているため、握りやすくてよい。
ところが、ヴィンテージのピックアップ(ギターに付いてるマイクのこと)の音に
力が無い上に、なんか輪郭がぼやけた存在感の希薄な音がする。

うーーーーむ。決め手に欠けるぜ・・・

と悩んでいる私の視野の端に、1本の見慣れないギターが。
ネックを読むと、Fender Telecasterと書いてある。

え?これがテレキャス?
と急に興味が沸いた私。お店のお兄さんに頼んでこいつも試奏してみた。

これがテレキャス?
という感覚は、試奏してみてますます膨らんだ。

まず、音が大きいし太い。
スイッチのポジションによっては、従来のテレキャスに近い、
歯切れの良い音も作れるのだが、それでも今までのテレキャスの音とはずいぶん違う。
試しに、従来の一般的なテレキャスも改めて試奏してみたが、
同じなのは、ネックの握り心地だけで、音のほうはといえば、
とても同じ銘柄のギターとは思えぬ違いだ。
お兄さんに聞くと、涼しい顔で「ハンバッカーですしね」という。
ハンバーガーではない。ハンバッカー、つまりハムバッキングマイクのことだ。

ほう、シングルコイルのピックアップじゃなくて、ハムバッキングマイクか・・・

え、えええ!?
おいおい、ハムバッキングマイクのテレキャスなんてありかよ?
第一そんなのテレキャスって呼べんのかよ!?

ギターをやる方々はご存知と思うが、Gibson社製のギターの多くが野太い音を出し、
Fender社製のギターがシャキッとした歯切れの良い音を出すのは、
両者が採用するピックアップが根本的に違うからである。

Gibson社のギターは、基本的に出力レベルが高くて音が太いハムバッキングマイクを、
Fender社は、出力レベルが低めで切れ味のあるシングルコイルマイクを使用しているのだ。

いやあ、前からテレキャス欲しいとは思ってたけど、ハムバッキングのテレキャスねえ・・・
邪道かなあ、とは思ったが、なにしろ音が気に入った。

というわけであっさり結論は出た。
こいつ買いだ!

そして、夜間部の授業をばっちり務めた後、私は某レコード会社のスタジオに立ち寄り、
誰を待ってるのやら、出待ちの女性ファン20名を尻目に、早速弟に新しいギターを自慢した。
しかし、スタジオの出口でアーティスト待つのって、効率悪いと思うんだよね。
だって、いつ出てくるか分かんないですよ。朝かもしれないですよ。
「健康」なら、11時にはサクッと終わるけどね。(ぶ)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。