プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:「健康」な機材
たまにはこのコーナーに打楽器が登場するのも悪くあるまい。

でもドラムのことなんてわかるのは、健康メンバーでも、昔、自宅にドラムセット
を所有し、教習所に通ってたときにはタムに教官の顔写真を貼って、叩いて憂さを晴ら
していたみのりんくらいだろうが。

あとコータローも最初ドラム叩いてたね、そういえば。懐かしい。

img_1425563_48397624_0.jpeg


だけど打楽器と言っても、ウチのRoland V-Drumsの話なんですけどね。ドラマーが電子
ドラム(つー言い方も昭和だけど)を語るとは何事、とみのりんあたりにはお叱りを
受けそうだけど、古くはSimmonsに始まり、多くのプロが虜になった電子ドラムだって
いっぱいあったのよ。

うちのV-Drumsはまだ出たての頃、もう9年前に購入したもので、その後音源も後継
機種が出たし、ハイハットももっとリアルなのが出ている。ハイハットだけは買い換え
ようかと迷っている。

でね、こいつの何が面白いって、強く叩くと大きいだけじゃなく、ちゃんと「バシャッ」
って感じで倍音成分を多く出してくれるとか、そういう小技は当然のことながら、音作り
のところが楽しいのですよ。

ドラムってヤツは、
1)シェル(ボディーね。タイコの側面の円筒形のところ)の材質
2)銅の深さ
3)ヘッド(皮)の材質や種類(シンバルだと大きさや厚さ)
4)ヘッドの締め方
5)ミュートのしかた
6)スネアだとスナッピー(裏側でジャラジャラ言ってる針金を巻いたのを平たく並べた
 ヤツね)の種類や張り方
あたりで音が決まってくるんだけど、V-DrumsのTD-10という音源は、これらの
シミュレーションを、下の写真のパネルのような設定画面で、やってのけるのだよ。

img_1425563_48397624_1.jpeg


そもそも生ドラムだと、こういうボディーの深さだとこんな音、なんて弾き比べは、楽器屋
さんで並べてみない限りできない(つまり買っちゃたら変えられない)わけだし、たとえば
ミュートもいろんな種類があるんだけど、それをとっかえひっかえして比べるなんて、
手間がかかりすぎてとてもできない上に、取り替えた頃には前の音を忘れちゃってるん
で、現実的でないわけさ。

それをこの子はいとも簡単に電気的にやってのけるわけですよ。

しかも生ドラムみたいに諸条件(ヘッドやスナッピーのヘタリとか、部屋の残響とか、
湿度とか)の複合で、思ったように効果が出なかったりというようなことはないわけで。

ちなみに部屋の残響も、この音源はシミュレートしてくれる。

なのでこの子での音作りは、なかなかに楽しい。今まで比べたりやってみたりできな
かったことが、あーなるほど、こういう効果を生むハズなのね、ってわかったりする。

本番のライブで使う気はないけど、ウチの防音室で鳴らす分には、なかなかにうい
ヤツなのでございます。(ウチの防音室についてはトラックバックをご参照ください。)



だけどV-DrumsのVは、当然「バーチャル」のVなんでしょうけど、バーチャルドラムって
言ったら、今時はもうこんなんなってきてるんですね。こないだWiiをいじった時に、
いずれは出るだろうという気はしていたのだけど。

http://www.youtube.com/watch?v=a8CU1I_8un0

まだまだおもちゃの域を出ていませんが、これは早晩、使えるレベルに達するような
気がする。足にもコントローラをつけてるビデオもあるね。



しかしこれじゃ、ほとんどいもきんトリオじゃないか!

おっと、いもきんトリオをご存じない?うーむ。ちょっと前にちろ嬢に、「積木くずしって
何ですかぁ?」って言われてショックだったんだよなー。積み木くずし知らなきゃ、
いもきんなんて当然知らないよね。

昔、欽ちゃんの番組から出た3人組で、細野晴臣がプロデュースしてたのよ。しかし
さすがにYouTubeにも彼らの映像はなかったなぁ。


というわけで、あのころは思いもしなかった、これが未来のドラマーの姿だったのか!
の一幕でした。

(Tacovo)
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。