プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
「東京マラソン」、テレビで見ただけだが、天気に恵まれ盛り上がったようでなによりである。

私ブーラン、ランナーたちの頑張りをテレビで見て、よし!という気分で所属するPTA野球クラブの練習に臨んだんである。
つまり私の野球シーズンが今年も始まったわけだが、極度の肩こりを原因とする五十肩により、昨シーズンを丸々棒に振った私、ようやく普通にキャッチボールができるようになって、ちょっと張り切りすぎた。

練習の途中から左足関節の筋に仄かな違和感を覚え始めたもののそのままプレー続行。練習が終わってみると、左足の付け根にも痛みが…。
現在、足を引きづりながらの、「とほほ歩行」しかできない。

しかも、1年間、まともに送球できず肩の筋力が落ちているのだろう、スピードは出ないし、自分が投げたつもりの距離に届かずボールがお辞儀する。強烈なショートゴロに、体が反応できない、というか、ボールとの距離感がどうもつかめない。

こうやって衰えていくのね…。

マラソンにも出てないのにねえ。とほほ。(ぶ)
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
今朝はなぜか久しぶりに江戸っ子モード全開のブーランである。
先日、娘が週に一回通っているリトミックのオープンクラスに行ってみてぶったまげた。

まあ、これは行くたんびにたまげてるんだが、今回は、娘が小学生になって、トレーニング内容も、ぐっと専門性が高くなってきており、その進歩の度合にいつも以上にぶっとんだわけである。


何が驚いたって、まず、

めちゃめちゃなメロディーを先生が弾いて、「はい!」と掛け声をかけると、「♪ホーーム」と言いながら、そのメロディーの主音を全員が歌っているではないか。つまり、曲の一部を聴けば、その曲のキーコードがGだとか、A♭だとかを感覚的に当てることができるのだ。しらなかったよMy daughterそんなことができたのね、もう♥

とはいえ、まあ、さすがにこれはオレにだってできるってもんだ。そもそも楽譜が苦手なオレの場合、「感覚的な勝負」に持ち込んでいただければ、そこそこ戦えるってなもんだ。

と、この時点で、すでに娘をライバル視せざるをえないところに追い込まれているのに気づくオレ。

さらに、次の段階になってくると、抵抗する気にもならなくなってくる。

つまりだ。

またまた適当なメロディーを適当なキーでペロロンと先生が弾くわけだな。で、「ドをちょうだーい」と先生がおっしゃるてえと、小1、小2のおこちゃまどもが、一斉にクールファイブよろしく右手を差し出しながら、「♪ドー」と歌うではないか!

あっけにとられていると、すかさず先生がマイクで解説。

「これは絶対音感とは違います。すべての音を音階で感じる絶対音感ではなく、ドならドが分かれば、あとはそれとの相対的な距離感を正確に捕まえることの方が大切なのです。」

ううむ、まったく先生のおっしゃる通りだー!
I cannot agree more(これ以上賛成できまっしぇーん)だー!

ん?…だが待てよ。

「絶対音感じゃない」って言いながら、「ド」は絶対的に覚えてんじゃねえか!


オレなんざあ、ギターの5弦のA(ラ)の音な、あれ、チューナー使わないで当たる確率、大甘に見積もって約3割な。今まで、何千回聞いたか分らないあの開放弦の音すら外すことの方が多いわけよ。それを7年ちょいしか生きてない奴が「ドー」って当てるか、普通?嬉しいより悔しい。

驚かされたのはそれだけではない。

なんと、

3/4拍子と6/8拍子を区別しているじゃねえか、こいつら!

「たーた、たーた、たたー」などと言いながら、アクセントの違いを口とステップで表現しわけながら、小1どもがステージ上を歩きまわっているのだ!

そう、同じメロディーでも、アクセントの付け方が3/4拍子と6/8拍子では全然違う。頭では分かっているが、瞬時に表現しろ、と言われても、オレなんざあ、考えこんじまって出来ねえわけだからな。


そうこうするうちに、娘の出番は無事終了。
ステージを降りた娘の隣りで、小学校高学年の模擬授業をなかば放心状態で眺めていると、なんと、前触れもなく、恐怖の「お父さん参加コーナー」が始まりやがった。

仮にも、音楽活動を展開し、CDまで出しているオレが、万が一にものこのこ出てって、ステージ上で馬脚を現すようなことがあってはならない。「さあ、お父さんたちもステージへどうぞぉ。リトミックを体験してみてくだぁい♥」という呼びかけにも、当然のようにスルーを決め込んでいたオレであった。

だが…。

考えが甘かった。


「さあ、あなたもパパと一緒にステージにあがってらっしゃーい♥」

との声に横を見れば、その声を発しているのは、ほかでもない、わが愛妻ではないか!!!


・・・1分後、娘の手を引き、ほかの勇敢なお父さんたちとステージに佇むオレ…。
しかも、娘はたちまちオレの手を振りほどき、ほかの友達とキャッキャとはしゃぎはじめてしまう。

「健康」ではあんなにリラックスして楽しめる同じステージの上なのに、娘に放置された途端、なぜか額に脂汗をにじませるオレ。

と、すかさず先生が、一つ目の課題をお見舞いしてくれるではないか。


「はい、こんな感じのメロディーを弾きます。メロディーに合わせて1、2、3と言いましょう。1、2、3、1、2、3。はーい簡単ですねえ。」

そりゃそうだ。そのくらいならオレだってできる。バカにすんなっつうの。


「じゃ、次に、1の時は膝を叩きましょう。2の時は手をたたく。3の時は万歳しましょう。はーい、どうぞ。」

この課題も軽くクリア―。当たり前だ。これでもミュージシャンだからな。
しかし、この後、様相は一変する。


「じゃ、今度はメロディーを聴きながら、音が抜けた部分の動作はしないでください。」

と先生が言ったかと思うと、適当にピアノを弾きながら、ところどころ無音にする。2が抜けた、とか3が抜けた、とか、おっと今度は1と3が抜けやがった、とかはわかるものの、気がつくと、膝をたたいたり、万歳したりしている間抜けなオレ。

照明の熱気にもあてられ、呆然とステージを降りたオレに、娘からとどめの一言。

「パパ、全然できてなかったね。」


…リトミック万歳。(ぶ)

DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。
この3連休は、なんと、一日も仕事をしなかった。
にもかかわらず、マンションの大規模修繕の話し合い、娘の発表会(しかも1日2本。オヤジより売れてる!)、息子とのキャッチボール、実家の荷物運びの手伝いといろいろ詰まっており、まあある意味、充実していたのかもしれない。

と同時に、今の時期にあんまり楽をしていると、きたるべき、年度末のまとめ&新学期準備&学校案内作成&学校説明会出張etc連打による地獄の砲火に焼かれることになるから油断大敵だ。


なのに、我々「健康」は水面下で、実にヤバイ相談をしている。



PVを作ろうかな、なんて話が浮き沈みしているのだ。



実に危険だ。



でもあえて皆さんに訊きたい。

どの曲のPV一番見たい?(ぶ)





DATE: CATEGORY:メンバーの日記
マキゾエ、久しぶりの記事は上海からです。

昨日かえる予定だったのに、飛行機が雪で欠航!

なんでも上海は50年ぶりの大雪、気温も軒並み
2度とかで寒い寒い。

↓↓こんな具合でした。

shanhai~snow2~080202


そしてひとりさびしくホテルですごしました。

今朝、日曜です。でもこっちはもうすぐ旧正月で
その代わりの出勤とかで休みじゃない人も多いみたいです。

久々に晴れました!↓↓

shanhai~snow4~080203


と、思ったら、こんどは東京が雪!らしいではありませんか!

これから空港に行くけど、果たして僕は帰れるのだろうか‥‥



マキゾエ
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
昨日の私ブーラン、14日のライブ以来、初の休日を堪能した。
まずは、娘が所属するガールスカウトの新春餅つき大会に参加、
息子と一緒に生まれて初めて、本格的な餅つきを体験した。
そしてつき上がった大量の餅を、雑煮で一杯、
続いて、大根おろし・納豆・黒ゴマ・きなこに加え、
これまた生涯初めて、「生姜醤油」でいただいた。

mochi


ねえ、みんな、生姜醤油にからめて餅食ったことある?
いやあ、うめえのなんのって!
これからはオレ、これに決めた!


続いて夜は、秋田の親せきが毎年送ってくれる
極上「きりたんぽ」だってんだから驚きだ!

kiritanpo


以前、都内や近県で食った時には特にうまいとも思わなかったが、
秋田の味自慢料亭や専門店に発注して送ってもらう
きりたんぽを食って驚いた。

もう、バカウマ!

コク満点の比内地鶏とそのこってりダシが
セリやゴボウのシャキシャキ感と奏でるアンサンブルを
崩れかかったきりたんぽがつなぐ。

その前の晩はやけにネタが充実した手巻き寿司が出たし、
なんか我が家の食卓はここんとこ、思いっきり日本なのである。
そのおかげで体重ちょっぴり象、いや増なんである。(ぶ)
DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。

何と私ブーラン、ピョンヤンの語学学校に入学した。
学校へ行くために、宿泊先のホテルから一歩外に出ると、
さすがにスウェットシャツでは寒いことが判明。

ホテル前が阪神西宮駅前に酷似していることをいぶかりつつも、
部屋に引き返そうとエレベーターで宿泊階へ戻ると、
エレベーター前に5歳くらいの男の子が立っている。

「○×▽■・・・」

何言ってるか分らないんだが、
「飴をください。」と言っているような気がして、
ポケットをまさぐると、大きめののど飴が二個出てきた。

ふと顔を上げると、いつの間にか男の子がもう一人と、
品のいい、二人のお母さんと思しき朝鮮女性が立っている。

「○×▽■・・・」

女性の言う意味が分からず困っていると、その女性、
流ちょうな日本語で、

「この飴は子供が食べても大丈夫な飴ですか?」と訊く。
結構失礼なこと訊いてくれるじゃないの、と一瞬思ったが、
うん、でも心配だよな、と納得。
なにせ見ず知らずの外人からもらう飴だもんな。

で、相手が日本語分かるんだから、
オレも日本語で答えればいいものを、
自分の喉を指さしながら、
「ハッカ味ののど飴だから辛いけどたぶん大丈夫」ということを
必死にジェスチャー混じりの英語で伝えている。

子供に飴を渡して「カムサムニダ」と、
可愛い声で言われたところで・・・


目覚まし時計が鳴った。


夢とはいえ、わけわからん??????
誰かこの夢の意味を教えてくださいよ、もう。(ぶ)



DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。
昨夜、久々の夫婦水入らずで、ライブを聴きに行った。

本当は私ブーラン、子供たちとお留守番のはずであったが、
当日のベーシストが日野テルマサ氏の息子、賢二氏、
そしてドラムがPONTAさんだと聞いて、
「いくいく、オレも行く!」と無理やりチケットを追加してもらったのである。

ヒノケンのベースは何年か前に、日比谷野音で偶然、
あのジミヘンの「Purple Haze」をブリブリに弾いているのを聴いて、
15mほどブッ飛んだ経験があり、狭いライブハウスでそのプレイを
目の当たりにしたい、と思ったのだ。


いやあ、行ってよかったあ。

楽しかったぁ。

楽しすぎて涙が出てきてしまった。


確かにヒノケンはGreatだった。メチャクチャうまい。
しかし、「健康」には、みのりんがいるので、
ヒノケンのプレイ自体には正直言ってそんなに仰天しなかった。

仰天したのは、失礼ながらたいしてギターうまくないと思っていた桑名さんの
ストラトでのソロだ。
テクニック的に凄いことは特にやっていないのだが、
音色と言い、音の張り出し感といい、なんといってもその演奏の味、
存在感・・・。これは真似できましぇん…て感じだ。
ギター自体は当然、原田喧太氏の方がはるかにうまいわけだが、
どっちが凄いか、という印象では完全に桑名さんの勝ちである。

アルディメオラとクラプトンでどっちがうまいか、と言えば
アルディメオラだが、アルディメオラは下手するとマルデダメオラなわけである。

おっと、誤解しないでくれたまへ、
原田喧太氏はマルデダメオラではありません。良かったのよ、彼も。
でも彼は、ギターよりもボーカルがさらに良かった。
桑名さんはボーカルよりギターが良かった。
巴里のルイヴィトンはバッグより電話ボックスがいいらしい。
(ゴダール「勝手にしやがれ」より)
おかしなもんですな。


さて、実は私ブーランが何より仰天しまくったのは、ほかでもない、
後半ステージの1曲目でゲスト出演した11歳の天才ドラマー「リク」くんだ。

PONTAさんの代りに叩くってだけでもありえないんだが、
さすがに150cm位の痩せた小学生の演奏だから音は軽いものの、
その演奏はホントにマジ、ありえねえ!

バンド的には明らかにリハ1回って感じのライブだから、
ラフな構成しか決まっていないにも関わらず、
オレが絶対にこのライブでは聴けないと思っていた「Purple Haze」を
ソロの受渡しや押し引きもわきまえて、ちゃんと音楽でコミュニケートしながらぶっ叩いてくれちゃってるのだ。

リクくんはアンコールでも出てきて、Beatlesの「Come Together」を
大幅にアレンジしたっていうより、その場その場のノリでどんどん曲の様相が変わっていくジャジーでブルージーな「Come Together」を、
大ベテラン、超テクニシャン達と同等に渡り合いながら、
しかもPONTAさんを「フロアタム専門担当」に従えつつ
20分近くにわたりぶっ叩きとおしたのである。
最初の方こそ、フロアタムを親の敵のように叩きまくっていたPONTAさんも、
後半は単なる付き人状態で、リクくんの脇でニコニコ突っ立っていた。
怒涛の盛り上がりで「Come Together」は終了。

それとともに、ブルースアレーが興奮のるつぼと化したのは言うまでもない。

まあ、一番興奮していたのはオレと、オレの後方で同じく叫んでいた
ピンキー(今陽子)さんかもしれない。

終演後、ご両親に伴われ、
わがカミさんと談笑する桑名さんのもとへ挨拶にきたリクくんは、
その演奏とは対照的に、実に普通の小学生。
もちろん、桑名オジサンとの会話など成立しない。
それでも、ステージ上ではあんなに親密に
会話が成立しちゃうんだもんな。

音楽って素晴らしいぜ!


とにかく、楽しく、幸せな夜だった。
リクくんのこれからが実に実に実に楽しみである。(ぶ)




DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ご挨拶が遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
みなさん、お元気ですか?ブーランです。

個人的にはいろいろ考えること、
思うこと多きこの年末年始でしたが、
とにかく、

仕事も家庭も「健康」も、真剣に、しかも、バランスよくやるしかねえぜ!

っていう力入れて語るほどでもない、
シンプルな結論に達した私です。

まだ正月明け、うちのメンバーたちとは会っていませんが、
きっとみんな似たような想いなんじゃないかな。
たくさん考えれば考えるほど、
やっぱりオレ達の生き方はそれしかない!
って思うんです。

まずは1月14日のライブ、心をこめてやりたいと思います。

今年もやるぞ!(ぶ)

DATE: CATEGORY:メンバーの日記
歳をとるとからだ中のいろんな穴がだらしなくなる、という話を聞いた。

きちんと元栓が締まらなくなってきて、
なんだかいろんなものがダラダラとけじめなく穴から出てくるようになる、
というのだ。くわばらくわばら。

さて。

この歳になってくると、いやこの歳にならなくても、
道行く人に見つめられたりすることなど滅多にあるはずもない
わたくしマキゾエ。


そんなわたくしマキゾエが、高層マンション脇の街路を歩いていると、
向こうから歩いてくる

キレイなヤングママさまに見つめられてしまった!!


なんで?なんで?

こう見えてもまだまだわたくし、まんざらでもない?

薄毛が好きなママさんとかも、世の中にはいるのか?


‥‥とまあ、ちっぽけなわたくしマキゾエ、心を躍らせながら
彼女と彼女の押すベビーカーとすれ違ったのよ。


そして、しばらくして、合点がいった。
なんで彼女が、キレイなママさんが、僕を見つめていたのか?

わたくしマキゾエ、自分でも気付かずに


歌を歌っていたのだった!


しらない間に、あの「ケン坊show!」のDoo Wapコーラス部分、


♪ド~ワッス ド~ワッス ど忘れ♪


のところを口ずさんでいたのだ!ママさんが健康の曲など知るはずもなく、
きっと彼女は単純に身の危険を感じていたに違いない‥‥


そこそこ齢を重ねたみなさん、自分の穴の引き締めて
今日も一日、がんばっていきましょう!


(マキゾエ)


DATE: CATEGORY:メンバーの日記
ブーランである。

1か月前からの風邪が長引き、いつまでたっても喉の調子が元に戻らないので、
ついに、マスクを着用してみた。

いやあ、なんでもっと早くマスク使わなかったんでしょ。

マスクして寝たら、痛みが一発で消えちゃった。
これで、12月15日に迫ったライブの唯一の心配、「喉の調子」にも
不安がなくなったぜ。

マスク、見た目が怪しくなっちゃうのが困るが、
喉で苦労している皆さん、試してみてね。(ぶ)

copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。