プロフィール

blog管理者:キーマン吉宗

Author:blog管理者:キーマン吉宗
<「健康」のメンバー>

◆ブーラン(Vocal, Guitar)
おうし座・O型。「健康」復活の呼びかけ人であり、その「ゆるい」人柄がアクの強いメンバーの緩衝剤になっている。好きなミュージシャンは、Beatles、10CC、Manhattan Transfer、Squeeze、パク・チョンヒョン(Lena Park)。小津安二郎監督を異常な程に尊敬する。

◆Ko太郎(Vocal, Guitar)
かに座・AB型。「こたろう」と呼んでほしい。「健康」に不可欠な“お祭りヴォイス”を得意とし、「音頭」を歌わせればこの男の右に出る者はない。好きなアーティストは、牧伸二、井上陽水。

◆Tacovo(Drums, Vocal)
いて座・O型。軽快でタイトなドラミングで「健康」のリズムを支える。しかし時に「考えすぎた超高難度フィルイン」の落とし穴に自らハマり、演奏中に意味不明な絶叫を繰り返す。好きなアーティストは、ボブ・マーレー、ノラ・ジョーンズ。

◆みのりん(Bass, Vocal)
ふたご座・A型。ファンキーな演奏は「健康」サウンド最大の魅力の一つ。自分にも他人にも厳しく、他のメンバーに恐れられているが、自分一人では何もできないこともわきまえている。好きなアーティストは、ハービー・ハンコック。

◆マキゾエ(Keyboards, Vocal)
さそり座・O型。「健康」の楽曲の多くは、彼の作詞作曲による。良い意味でも悪い意味でも「健康」のリーダーなのだが、日常のメンバー達の様子から、彼がリーダーであることを言い当てる者は稀であろう。好きなアーティストは、塩谷哲、スティーリー・ダン。


<「健康」ライブサポートメンバー>

◆主審(Guitar)
ギターコレクターとしても、またギター改造マニアとしても只ならぬ凝り性ぶりを発揮する。AORの大御所Jay Graydonを崇拝するだけあり、彼譲りの華麗なソロプレイを得意とするテクニシャンである。

◆AB(Keyboards)
「あぶ」と読む。メロディアス系楽曲の優雅かつメロウなプレイを得意とする。「健康」では対照的にリズミカルでタイトな演奏を強いられているが、元美少年らしいしなやかな指使いで「健康」サウンドに彩を加えている。


カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブログ内検索

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:雑文
誰も読みたくない、うまいもん自慢を私ブーランがくどくどと書き連ねる
「アジアうまいもん自慢」も第4弾だ。

至福のホルモンナイトから一夜明け、ソウル会場での学校説明会。
来場者は6000人以上、朝から夕方まで眼の回るような忙しさで、
満足にメシを食う時間も無い。

ちなみに今回もジョンフン氏夫妻に加え、当校の卒業生で、
長年韓国でPAエンジニアをしてきた肝っ玉母さん(と言っても独身)キムユニョン女史が
ボランティアでヘルプしてくれたが、ほんとにオレ、幸せだよな。
卒業生たちが一所懸命に学校の広報を手伝ってくれてるんだから、
これ以上説得力のある説明は無いってくらいの充実の説明会だ。
また来年も、きっと優秀でやる気に満ち溢れた留学生達が入ってくれることだろう。

さて、説明会に先立ち、ジョンフン氏より、
「先生、今夜行くレストランを予約しておきました。」
という有りがたいニュースが伝えられた。
なんでも、カニ料理だという。

しかし、行ってみて驚いた。(また驚いてんのかよ、こいつ、と思われたっていいもんね)
カニは豪華なコース料理のほんの一部であって、
実際はこれ、「海の幸コース」だぜ。

sashimi.jpg

まず上の写真は、団子状に堆(うずたか)く詰まれた大根の千切りのうえに、
美しく盛り付けられた白身魚の刺身だ。コリコリしててうまいのなんの。
その後、ゆでたカニ、品のいい焼き魚(メロ)、海老のてんぷらなど、
日本でもおなじみのメニューが、韓国風に若干趣向を変えて供される。
どれもうまい。

そしてとどめが、魚介類のキムチ豆乳鍋(たぶん)。
nabe.jpg

もう腹いっぱいで絶対食えないと思ったが、
気付けばしっかり完食している私ブーランであった。

ああ、もう満足だ。ジョンくん、すまん、ごちそうさまでした。
さあ、腹いっぱいだしホテルに帰って寝よう。。。。
とは、ならないんですねえ、これが。ははは。
というわけで、さらに、ソウル至福の夜は続くのであった。(ぶ)



DATE: CATEGORY:雑文
きょうは、昨日のホルモンの続きなんで、ま、手短に行こう。

ジョンフン氏と二人で、デチョン(大腸)5人前を平らげた私ブーラン。
しかも、そのうち3人前以上を一人でたいらげて正常な判断能力を著しく欠いていたオレは、
ジョンフン氏の「先生、シメにご飯を頼みましょう」との提案を、
あごを激しく上下させながら受け入れた。

はっきり言ってすでに満腹だったオレは、日本でも「石焼きビビンバ」でおなじみの
あの器を持って現れたオモニの姿を、ただ呆然と眺めるしかなかった。

ishiyakitamago.jpg

器の中を見ると、薄緑色の小さなタマゴが無数に乗っている。
どうも日本では寿司ネタで知られる「とびっこ」らしい。
寿司で食うときは、赤っぽい色してるけど、緑なのね、と思いつつ、
そのどんぶり飯を一口食って驚いた。(また驚いてる)

思ったよりソルティー。
しっかりした味付けで実にうまい。
日本の間の抜けた石焼きビビンバが金輪際食いたくなくなるほどうまい。

しかし、ジョンフン氏も罪よのう。
ははは。
だんだんオレが日本で食える韓国料理、少なくなってきちゃったよ。(ぶ)




DATE: CATEGORY:雑文
第2弾は、はや韓国。

今年も先日、韓国スーパーマスタリングエンジニア、ジョンフン氏の案内で、
うまいもんを食ってしまったブーランである。

いやあ、今回のこいつは驚いた。
もともと日本の焼肉屋でも、ホルモンとかミノとか、
内臓系の肉に目がないオレ。
しかし、そんなオレだからこそ、今回のホルモンにはぶっ飛んだぜ。


実はこの日、朝からプサンでの説明会があり、
終了後に5時間以上かけてのロングドライブをしてくれたジョンフン氏である。
いまや、韓国音楽業界の顔役の一人となり、
所属のマスタリングスタジオSonic Koreaの部長兼エースエンジニアを務める忙しい彼が、
毎年、私の学校の仕事を卒業生としてフォローし続けてくれていることに、
感謝しきれないほど感謝している私ブーラン。
ジョンフン氏の「先生、今夜はホルモン焼きを食べましょう」
との誘いを、断るわけないのである。
hormon1

明るく品のあるオモニが焼いてくれたホルモンを一切れ口に入れて驚いた。

やわらかい!
コリコリ感はあるものの、実にやわらかいし、うまみがある。

オモニによれば、昨夜訪れた日本人の二人組はホルモンを6人前食ったそうだ。

「6人前は食いすぎだろう」と笑った我々であったが、実は我々、結局4人前注文し、
あんまりオレがうまい、うまい、マシッソヨを連発するもんだから、
オモニが1人前サービスしてくれて、合計5人前食っちまったのである。
コレステロールを心配するオレがこれではいかんのだが、うますぎるのだから仕方ない。

特にそのうまさが凄まじいのが、下の写真、デチョン(大腸)だ。
hormon2

これ、ソーセージみたいでしょ?
もうねえ、やわらかくて上品な脂がジュワーっと染み出てきてたまらん!!!

店がソウルで最も洗練された金持ち地域「カンナム」の大通りに面しているのと、
韓国でも牛のホルモンは豚のそれよりはるかに高価とあって、
価格的には日本のちょっと高級な焼き肉店並みだが、
「これを食わずしてホルモンを語っちゃいけねえ」ってくらいにうまいぞ。

ああ、また食いたくなってきちまった。(ぶ)









DATE: CATEGORY:雑文
滅多にブログを書かないサボりんぼブーランである。

「健康」のレコーディングも遅々として進まぬ昨今、
書くことも書く時間もないんだから仕方なかろう。。。

と思ったら、あったよあったよ、書くことが。
時間も今日は休日で、まあ書こうと思えばあるじゃないか。

ってことで、出張で行ってきた台湾と韓国で食ったウマイもんを自慢することにしたぜ。

まず第1回の今日は台湾だ。
台湾南部の都市、高雄(カオシュン)。
宿泊先のホテルの近くに夜市があったので行ってきたぞ。

夜市っていうのは、つまり年中無休の縁日だ。
goya.jpg


夜市を歩いてまず目に留まったのは、白いゴーヤ。
こんなのあんなら「健康」のCDジャケットに使ってみたらよかったなあ。


そして、実際に食ってみたのは、大門の中華料理店「味芳斎」で食いなれた牛肉麺。
夜市に面した、扇風機のまわる暑い店で、クーシンサイとイモの葉の炒めものと一緒に食う。

nyuromen.jpg
コクがあってウマい!
しかも安い!
上記3点合計で、600円くらい。

うれしくなって一緒にビールを飲みたくなるが、ここで私ブーラン驚いた。
なんと!ビールがないっちゅうじゃないですかあ!!!

あとでわかったが、台湾の夜市では、酒を飲める店がほとんどないのだ。
しかも、台湾人のみなさんは、外で酒を飲む習慣自体があまりないという。
台湾の方々は親日的だし、物価も安いし、飯もうまいし、ほんとにいいとこなんだが、
なかなか飲めない。

γGTP王者の私ブーランにとって、これはつらいのよ。とほほ。(ぶ)






DATE: CATEGORY:レコーディング報告
私ブーラン、なぜかここんとこ忙しい。
なかなかギターを手に取るヒマもない。

しかし、ギターのオーバーダビング日程は、
遠慮会釈なくやってくるのである。

boo gtr

ということで、Y田&K本コンビのSSL&ProToolsオペレートによる軽快なセッション、
サクサクっと、弾けるところだけ録ったぜ。

ははは。だがProToolsなのをいいことに、ギターに6トラック使ったぜ。
あしからず。
でも、変な加工は一切してないよん。
でも、きっとまた皆にダメ出し食らうんだろうな。とほほ。(ぶ)
DATE: CATEGORY:レコーディング報告
ブーランである。


・・・悲しい。

・・・ついに来る時が来ちまった。


そう。


音楽的な感性がものをいう伝統的なパンチイン・アウト方式に、
頑ななまでにこだわってきた我々「健康」がこんなもんに手え出しちまうとはな・・・。

・・・ふっ・・・。

思えば2004年に活動を再開したとき、我々のレコーディングツールは、
あのいとおしいアナログ24トラックMTRだった。

そう。

25,000円もするのに、15分しか録音できない、あの、ぶっとい2インチ幅のテープが
オレたちの友達だったんだ。

しかし、それがすぐさま、味気ねえデジタルハードディスクMTRにとって代わられちまった。
仕方あるめえ。これも時代よ。
と、無理やり自分を納得させたオレだったが、今度ばかりはいけねえ。

パンチインもパンチアウトもありゃしねえ。
失敗したら、適当に何度も演奏しなおして、ひたすら録りまくった上であとで編集・・・。

そんな世辞にも「音楽的」たあ言えねえ作業に、
手を染めちまったんだよぉ、オレたちは!

そうさ。責めてえ奴あ、責めてくれ。
土下座で済むなら、額が下水管に当たるまでこすりまくって土下座すらあ。
どうせ、オレたちゃあ、
禁断のProToolsに手を出しちまった外道だよぉお(号泣)
       
下は「禁断のProTools画面の図」
PT


・・・・おっと、取り乱しちまって申し訳ねえ。

まあ、そんなわけで、ProTools雪隠・・・
じゃねえ、ProTools(以下PT)セッションと相成ったわけだ。


まず、研究生の録音技師Y田が、
前回Mackie SDR24/96に録ったドラムとベースをPTへトラックごとにコピーする。

そして早速、この日のメインテーマであるマキゾエのPf録音に取り掛かる。


・・・案の定だ。

「イントロのキメがTake7ね。」
「続きはしばらくTake29を使おう。」
「コーダ部分はTake38な・・・・・・。」

パンチイン・アウトすりゃ、さっさと終わりそうなオーバーダビングも、
PTでやるとやたら何回も弾いて、あとでいいのを選んで編集ってなことになるから、
時間がかかってしょうがねえ。

もちろん、時間がかかるのはPTのせいばかりじゃねえぞ。

下は、「業を煮やしたTacovoが、マキゾエにリズム指導をするの図」だ。
タコ、マキゾエをコーチ

まあ、百歩譲ってそれは良しとしよう。


しかしですねえ。しかしですよ!

マキゾエの書いた譜面が、信じがたいほど滅茶苦茶なのはどうよ!

いくらいいアレンジしてきても、なんで繰り返しやブレイクを全部省いた楽譜持ってくんだ!
しかも、なんで8小節あるAメロが2小節になってんだ、え?
PTセッションじゃ、テイクいくつが生きになるか、ちゃんと譜面に書いとかねえと、
あとで編集するとき大変なんだよ!

それにほらみろ。
あんまり何テイクも録ってるから、
仕舞いにゃあ、オレこの滅茶苦茶な譜面に慣れちまったじゃねえか!!!


てわけで、Pfを録り終ったのは、録音開始後3時間。
ははは。期せずして、この前のドラムとおんなじじゃねえか。
(と思ったら、3時間ちゅうのはセッティング込みの時間で、ホントは
2時間だったとTacovoは主張しているようだな。まあじゃあそういうことで。)


もう、とにかく早く帰りたいので、早速その後、マキゾエの仮歌録りだ。

なにしろ、今回はまだ歌詞のアイディア出しもやってなくて、
マキゾエ以外、誰も歌の符割りとかメロディーとか歌詞とか知らない。
原作者Tacovoですら知らない。


スタジオの我々は、固唾を飲んでマキゾエの仮歌を待った。


仮歌のレコーディングが始まるや、コントロールルーム内は全員死亡だ。

マキゾエがクネクネと踊りながら繰り出すのは、
あの「8時だよ全員集合!」名物、
「生麦生米生卵、生麦生米生卵ぉおお~」の早口言葉ブルースかと聞きまごうような
尿道ボイスであった。

マキゾエ歌う

マキゾエの歌を聴くまでは、
「なんか、やたらにカッコよすぎんじゃねえか、この曲・・・。」
「オレ、やだな、カッコいい歌とか歌わされんの。カッコつけてるみたいになっちゃうじゃん。」

と心配していたオレだったが、明らかに杞憂だったな。


大丈夫。


ちゃんと「健康」の曲だぜ。


てなこって、次はオレのギターだぜ。(ぶ)

DATE: CATEGORY:レコーディング報告
日本女子ソフトボールチームの金メダル獲得に、
宇津木妙子が絶叫し、日本中が歓喜に沸きかえる中、
我々「健康」は、おごそかに、Tacovoの新曲「URAHARA(仮称)」のリズム録りを行った。

CA3A0110.jpg

レコーディングを担当したのは、新人「健康」録音技師の研究生Y田と、その後輩K本だ。

改めて言うまでもなく、「健康」のレコーディングセッションは、
将来有望なエンジニアの卵に実地訓練の場を与えることを、その大きな目的の一つとしている。今回のリズム録りでも、その目的は、十分に果たされたと言えよう。

まず、我々は、流行りのProToolsではなく、あえてMackie SDR24/96という、
ハードディスクMTRをリズム録りに使用している。
よって録音技師たちは、音感や集中力を要求される「パンチイン・パンチアウト」を
頻繁に行うことになる。

Tacovo(スタジオから)「じゃあ、2回目のブレイクのあとからドラム、パンチインしてくれる?」

ブーラン(ミキシングルーム内)「そこは四分休符で入ればいいんだから楽勝だよな。」

みのりん(ミキシングルーム内)「そうそう、サルでもできるぜ。」

ブーラン「できなかったら、サル以下ってことだな。」

ここぞとばかりにK本に愛のプレッシャー♥をかける。

みのりんなど、

「じゃあ、ギターソロが終わる手前で俺のベース、パンチインしてくれ。その前がベースは休みだから、失敗しようがないだろ?これができないなんてのは、もうミジンコ以下だな。」

と、教育的なことこの上ない。

緊張感やプレッシャーのかからないトレーニングなど、現場に出ればクソの役にも立たないのである。
夜中まで叱られながらも自主的に我々のレコーディングに参加しようという彼らに明るい未来をプレゼントするのも、我々の使命であろう。

可哀そうに、K本は「ヒーヒー」言いながらオペレートしていたが、見よ!!!
サルミジンコだと言われながら、幾度となくパンチイン・アウトを重ねるうちに、終わるころには、八分休符のパンチインなどもできるようになってきたぜ。
若者の成長を目の当たりにできるのは、気持ちがよい。

CA3A0109.jpg

ところで、肝心の演奏だが、Tacovoのドラムは自分の曲だけあって、
テイク1からなかなか出来が良い。

ぶ「これなら今日は早く帰れるんじゃねえか?」

みの「ははは。それはどうかな。」

みのりんの予感は当然のように的中する。
テイクを重ねるごとに、

「ぐぉー!」

「だー!」

「あ”ーーーーーーーっ!!!」

「健康」名物Tacovoの絶叫が繰り返されるようになる。

気づいてみれば、3時間が経過。
ドラムを録り終えた時点で22時を回ってしまった。

続いては、みのりんのベースをオーバーダビングする。
ドラムと一緒に録音した仮のベースを消して、新たに演奏し直すのだ。

みのりんが夏休みを徹して練習してきたという、十六分音符三連やら三十二分音符やらの超速スラップが炸裂し、こちらの作業は、録音技師を鍛えまくりつつ小1時間で終了した。

久々にスタジオを出るのはテッペン(0時)近くになったが、
いいリズムトラックが録れたぞ♥
来週は、ピアノやギターを録りましょうぞ。(ぶ)

DATE: CATEGORY:「健康」な機材
「機材」っていうのと違うかもしれないが、
ちょっとおもしろいネットおもちゃだと思います。





さあ、遊んでみましょう!ドン、チャ、ドン、チャ!


マキゾエ
DATE: CATEGORY:レコーディング報告
urahara click1


お待たせしました。(誰も待ってないか)

「健康」のレコーディングが再開しましたぞ。
とはいえ、本日の作業は、これがレコーディングか、と呆れるほど地味。

マキゾエの新曲「ウラハラ(仮称)」のクリック&デモトラック録りだ!

つまりあれね。

マキゾエが自宅でシーケンスソフトに仕込んできたガイド用の音源を、
ハードディスク・レコーダーに録音したわけ。

でも、この録音は、単なるガイドなので、実際に我々が炎の演奏をかぶせた後は、
跡形もなく消されてしまう運命にあるのだ。

とはいえ、なかなかファンキーで笑える新曲になりそうだ。
来週以降のレコーディングらしいレコーディングに向け、
さて、オレも練習しなくちゃな。(ぶ)

urahara click2

DATE: CATEGORY:雑文
赤塚不二夫大先生の葬儀におけるタモリ氏の弔辞が話題になっている。
たぶん方々のブログでも取り上げられていると思うが、
私ブーランも、少なからず感動した。

「白紙の弔辞」というギャグも、切れはいまいちながら、
筒井康隆+赤塚不二夫+山下洋輔らといった知的ナンセンス軍団と
密接な関係を結んでいたころのタモリをちょっと思い出させてくれてうれしかった。

しかし、一つ残念なことがある。

やはり弔辞の最後は、
「それではお別れに、赤塚不二夫先生へのお別れに一句」
ということで、ハナモゲラ短歌を決めてほしかった。

できればさらに、出棺は、タモリが赤塚不二夫らと編み出した
「ソバヤ」のヤケクソ大合唱で送り出していただきたかった。

・・・さすがに無理か。

仕方ないので、ひとりで唱えさせていただきます。
ソバヤソバーヤ!(ぶ)



copyright © おとなバンド「健康」のNEWムリムリ活動報告 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。